家と子供と、今日のおじさん(仮)

2017年築の家で、妻+子供3人と過ごす記録です。ほのかに工学テイスト。


☆祝☆ 200万ページビュー! ご訪問に感謝します。

↓↓↓子供と楽しむボードゲーム↓↓↓ 子供と遊ぶボードゲーム

 数日前に、デジカメを新しく買いました。オリンパスの「STYLUS TG-630」です。アウトドア向けの、いわゆる「防水カメラ(タフカメラ)」です。といっても、私は、海や山にはほとんど行きません。娘(2歳2ヶ月)がイタズラしても大丈夫なように、丈夫なデジカメを選んだら、このカメラになりました。

 これまで、このカメラについて、いくつか記事を書いています。
★防水デジタルカメラの選び方~2013年モデル比較(→こちら)
★オリンパスの防水デジカメTG-630を買いました (→こちら)

 今回は、オリンパスのカメラの特徴である、「マジックフィルター」について書きます。


★マジックフィルターとは
 「マジックフィルター」は、撮影した画像に特殊効果をつける機能です。例えば、色彩を強調したり、魚眼レンズで撮ったような効果をつけたりできます[1]。撮影モードを「MAGICモード」にすることで、画像に自動的に特殊効果がかけられます。(撮影済みの画像に、後から特殊効果をつけることはできません。)

 マジックフィルターの種類は、機種によって異なるようです。TG-630では、11種類のマジックフィルターが搭載されています。以下に説明を示します[1][2]。

 種類説明
ポップ彩度を高めにして、色合いが強調された写真になる。
ピンホール画面周辺部を暗くして、トイカメラを使って撮ったような写真になる。
フィッシュアイ魚眼レンズを使ったような、歪みを強調した写真になる。
ウェディング柔らかいトーンの、幻想的な写真になりる。
ロック黒と紫の2階調の画像になる。
クリスタルクロスフィルターを装着して撮ったような、キラキラ感の強調された写真になる。
水彩水彩画ような雰囲気の写真になる。
ミラー上下が反転した効果をつける。
ミニチュアミニチュアで作られたような、ジオラマふうの写真になる。
10ランダム
タイル
無造作に並べられたタイルのような効果をつける。
11ドラマチック明暗差が強調されて、ドラマチックな仕上がりになる。

[1]オリンパス;ハウツーグッドピクチャー-マジックフィルター
https://www.olympus.co.jp/jp/imsg/webmanual/function/magic_filter/index.html
[2]オリンパス;マジックフィルター&マジックムービー
https://olympus-imaging.jp/product/compact/sz31mr/feature/index4.html


★マジックフィルターを使った作例
 以下、それぞれのマジックフィルターを使った作例(作画例、撮影例)です。左が通常撮影、右がマジックフィルターを使った撮影結果です。画像をクリックすると、拡大できます。

1.ポップ
 彩度が強調されて、オモチャっぽさが強調された写真になりました。
20130503mf01e.jpg20130503mf01f.jpg


2.ピンホール
 画面の周囲が暗くなります。望遠鏡でのぞいているような雰囲気です。
20130503mf02c.jpg20130503mf02d.jpg


3.フィッシュアイ
 魚眼レンズのような、歪んだ画像になります。撮影範囲が増すわけではないので、魚眼感は少ないです。
20130503mf03i.jpg20130503mf03j.jpg


4.ウエディング
 露出オーバー気味のような、ほわりとした写真になります。
20130503mf04a.jpg20130503mf04b.jpg


5.ロック
 黒と紫の2階調になります。
20130503mf05a.jpg20130503mf05b.jpg


6.クリスタル
 キラキラ感が強調されます。「クロスフィルター」を使ったような写真です。
20130503mf06a.jpg20130503mf06b.jpg


7.水彩
 水彩画ふう、とのことです。使い方が難しそうです。
20130503mf07c.jpg20130503mf07d2.jpg


8.ミラー
 中央を軸に、上下対称の画像になります。縦に構えると、左右対称になります。階段の幅を狭くしてみました。
20130503mf08a.jpg20130503mf08b.jpg


9.ミニチュア
 写真は実物の三輪車と観葉植物です。ミニチュアといわれれば、ミニチュアっぽく見えるような気もします。
20130503mf09c.jpg20130503mf09d.jpg


10.ランダムタイル
 画像がタイル分割されます。昔、こんなふうに見えるレンズの入ったおもちゃがありました。
20130503mf10c.jpg20130503mf10d.jpg


11.ドラマチック
 コントラストが強調されて、ドラマチックな画像になります。立っているだけの娘も、なぜだかシリアスな雰囲気に見えます。
20130503mf11a.jpg20130503mf11b.jpg

 個人的には、「ドラマチック」が一番おもしろく感じました。
 マジックフィルターは、すべて自動で効果が付与されます。効果の程度を調整することができないのが、少し残念です。また、撮影済みの画像に、後から効果をつけることができません。後加工ができれば、もっと使い方の幅が広がるような気がします。


★動画でも使えるマジックフィルター
 マジックフィルターは、静止画だけでなく、動画でも使えます(ランダムタイルのみ、動画にできません)。下は、YouTubeで見つけた動画です。「ミニチュア」で撮影すると、自動的に早回しになるそうです。確かに、ミニチュアふうに見えます。



★まとめ
 オリンパスのデジタルカメラには、「マジックフィルター」の機能があります。
 マジックフィルターを使うと、いろいろな効果のついた写真を、簡単に撮影できます。静止画だけでなく、動画にも使えます。


応援をお願いします:
PVアクセスランキング にほんブログ村
技術・工学ランキング

関連記事
↓↓↓子供と学ぶ、プログラミング学習&論理的思考↓↓↓ 20190217_logicalprog.jpg






管理者にだけ表示を許可する

★コメント受付に時間がかかることがあります★






トラックバック
TB*URL





Copyright © 家と子供と、今日のおじさん(仮). all rights reserved.