家と子供と、今日のおじさん(仮)

2017年築の家で、妻+子供3人と過ごす記録です。ほのかに工学テイスト。


☆祝☆ 200万ページビュー! ご訪問に感謝します。

↓↓↓子供と楽しむボードゲーム↓↓↓ 子供と遊ぶボードゲーム

 風車を回してアクション選択。色とりどりのチューリップで畑を飾ろう。さあ、買うべきか、買わざるべきか?


 子供たちと遊ぶのを前提に、新発売・未発売のボードゲームの購入を検討する記事です。今回は2023年発売予定「ウインドミル・バレー/Windmill Valley」。

20240320zwv01.jpg
画像出典:Board & Dice; Windmill Valley 英語版ルールブック (2024)


★ゲーム内容の確認


1)基本情報:プレイ人数、プレイ時間など
2)テーマ:世界観、ゲームのあらまし
3)外観:絵柄、コンポーネントなど
4)ルール:手順概要、特徴的な要素など
5)遊びやすさ:言語依存、リプレイ性など
6)入手性:価格、在庫状況など



1)基本情報


・タイトル:ウインドミル・バレー/風車の谷
・作者:Dani Garcia
・絵師:Pedro Codeço, Katarzyna Witos, Zbigniew Umgelter
・原題:Windmill Valley
・発売年:2024年(予定)
・出版社(一例): Board & Dice [1]
・プレイ人数:1~4人
・プレイ時間:60~90分
・推奨年齢:14歳以上

[1] Board & Dice: Windmill Valley
[2]Board Game Geek: Windmill Valley (2024)


2)テーマ


・年代:19世紀後半
・場所:オランダのチューリップ畑
・プレイヤーの立場:チューリップで稼ぐ事業家
・目的:素晴らしいチューリップ畑を完成すること。
・行うこと:
 ・水門を開閉し、水位を調整する。
 ・チューリップの球根を得て、畑に植える。
 ・畑に風車を設置する。
 ・風車を改良し、仲間を雇い、能力を向上する。

3)外観


・絵柄:明るくカラフルな色使い、コミック調のイラスト
・コンポーネント: ※ソロ物品除く
 ・ボード:メインボード1個、個人ボード4式
 ・木製コマ:約260個
 ・紙製タイル:約20個
 ・紙製チップ:約90個
 ・カード:約40枚
・箱サイズ:30×30cm(カタンサイズ)
・共通ボード:80×50cm程度(推定)
・個人ボード:25×15cm程度×2枚(推定)


4)ルール


 以下、英語語版マニュアル(Board & Dice、2024年)を和訳参照した情報。

○基本システム


・回転板によるアクション選択
・共通エリアへの物品配置(物品の獲得)
・個人エリアへの物品収集(効果の累積)


○主要物品


・共通ボード:
 ・地図:各人の風車コマを置く。
 ・市場:自色コマを移動し、物品を得る。
 ・女王カード:共通目標。達成でボーナス。
 ・暦トラック:時間経過を示す。
 ・売場:強化タイル、農場カードの売場。
 ・貿易カード:貿易アクションの内容を決める。
 ・水門マーカー:水流の速さを示す。
 ・水位トラック:水位を示す。

・個人エリア:
 ・風車ボード:アクション選択に使う。
  ・改良タイル:アクション内容を変更する。
 ・畑ボード:
  ・畑:チューリップを置くとボーナス。
  ・現金トラック:所有現金点を示す。
  ・倉庫:チューリップの仮置場
  ・農場カード:永続効果を与える。
  ・風車コマ:地図上に置く。

・資源:現金


○大まかな手順


  1. ラウンド制。終了条件を満たすまで続ける。
    ・開始プレイヤー:いちばん最近、花を買った人。
  2. 開始プレイヤーから、時計まわりに手番をとる。
  3. 手番では、以下を順に行う。
    ①水門を調整して水流を定め、水位を変更する。
    ②水流と同じ値だけ、風車ボードを回す。
    ③大きい風車が1周したら、暦トラックの自色コマを進める。
    ④矢印位置のアクション2個から、1個を選んで実行する。
  4. 以下を満たしたら、次のラウンドでゲーム終了。
    ・誰かが暦トラックの終点に達した。



○勝敗


・終了後、勝利点を集計し、点数が高い人が勝ち。
・主な得点源:
 ・ゲーム中:各アクション・効果。
 ・終了時:農場カード、風車コマ解放、畑のチューリップコマ

○アクション


a)水位:水位を下げ、記載物品を得る。
b)強化:風車ボードの強化タイルを買う。
c)農場:農場カードを得る。
d)風車:風車コマを地図に置き、記載物品を得る。
e)市場:自色コマをロンデル式に移動し、物品を得る。
f)栽培:チューリップコマを畑に移動する。
g)貿易:チューリップを置き物品取得/置かれたチューリップを得る。

○特徴的な要素


  • 水流と水位が変化する。
    • 毎手番の最初に、水門で水流を調整できる。
    • 水流に応じ、水位トラックが進行する。
    • 水位トラック最大時は、水流は最小しか選べない。


  • 風車ボードでアクションを選ぶ。
    • 水流と同じマス数だけ、風車ボードを回転できる。
    • 左右の風車は歯車で同期して動く。
    • 中央に矢印があり、左右の歯車の各1マスを示す。
    • 矢印のアクションから1個を選んで実行する。
    • アクションは強化タイルで強化できる。
    • 強化アクションによっては、アクション回数/強度を増す。


  • 風車コマを共通ボードの地図上に置く。
    • コマは、中央の市場からつながるように置く。
    • つながる経路に自分のコマがあれば、その人はボーナス。
    • コマを置いた人は、隣接マスの物品すべてを得る。


  • チューリップコマを個人ボードに置く。
    • 取得したチューリップコマは、左詰めで倉庫に置く。
    • 栽培アクションで、畑にコマを移動できる。
    • コマを置いたマスの物品取得+終了時得点。
    • 行は同色、列は異色で並べるほど、得点が増す。


  • 暦トラックが時間の経過を示す。
    • 風車が1周したら、暦トラックの自色コマを進める。
    • 暦トラック記載のボーナスが得られる。
    • 誰かがゴールに達すると、終了トリガ。

  • 以下の要素がある。
    • 工具チップ:風車ボードの回転マス数を増減できる。
    • 農場カード:以下2種類の使い方がある。
      イ)仲間:ボード上側に差す。永続効果。
      ロ)契約:ボード下側に差す。終了時得点。
    • 女王カード:早取りの共通目標。



5)遊びやすさ


・言語依存:
 ・使用物品に言語記載はない。
・プレイ人数依存:
 ・2~4人用:人数に応じて、一部エリアの内容を調整する。
・リプレイ性:
 ・使用物品変化:
  ・女王カードは、毎回1枚を選んで使う。
  ・開始時に配る農場カード1枚はランダム。
 ・ランダム要素:
  ・強化タイル・農場カード・貿易カードの出現順はランダム。


6)入手性


・一般販売予定[1][2]:
 ・発売予定時期:2024/6
 ・メーカー価格:60USドル(予約市価の一例)

・日本語版の発売予定:
 ・2024/3/20時点、日本語版の発売予定は確認できない。

[1] Board & Dice: Windmill Valley
[2]Board Game Geek: Windmill Valley (2024)


★考察:「ウインドミルバレー」の魅力と懸念点


 ゲーム内容の確認結果から、魅力と懸念点をまとめます。

◎魅力を感じた点


  • 外観。カラフルで明るい雰囲気で、パッと見て、ぜひ遊びたくなる。2つのホイールを持つ風車ボードは回すのが楽しそう。畑ボードに色とりどりのチューリップコマを並べるのも、満足感が高そうだ。


◎懸念点


  • 処理の煩雑さ。例えば風車を置くと、隣接マスすべての物品を得られるなど、1アクションで多数のボーナスが得られる。風車を強化すると、さらに1手番で複数アクションできたり、複数ボーナスを得られたりする。いろいろもらえるのは嬉しいが、アナログゲームではすべて手作業なので、煩雑だ。頭が混乱しそうだ。きわめてデジタルな処理で、アナログ向きでないのでは。
  • テンポ。手番最初にやる、水門の開閉、水流の調整は、共通ボードで行う処理。その後、手元のホイールに戻ってアクションを選ぶ。視線があちこちいくため、処理忘れが発生しそうだ。スムーズなゲームの流れを得られない懸念がある。頭が混乱しそうだ。



★判定結果:「ウインドミルバレー」は買うべきか?


 以上を踏まえて、「ウインドミルバレー」を買うべきかどうか、判定しました。

 判定結果:うちには必要ない。


※ぜひ買いたい/気になる/うちには必要ない、の3段階評価。

 とても美しくカラフルな盤面。風車とチューリップというテーマも分かりやすい。1アクションで多数の成果物があるので、高揚感を得られそうです。ただ、煩雑でデジタリックな処理が懸念。残念ながら、購入候補外としました。


20240320zwv01.jpg
画像出典:Board & Dice; Windmill Valley 英語版ルールブック (2024)


この記事が役立ちましたら、ランキングクリックをお願いします:
PVアクセスランキング にほんブログ村
技術・工学ランキング


関連記事
↓↓↓子供と学ぶ、プログラミング学習&論理的思考↓↓↓ 20190217_logicalprog.jpg






管理者にだけ表示を許可する

★コメント受付に時間がかかることがあります★






トラックバック
TB*URL





Copyright © 家と子供と、今日のおじさん(仮). all rights reserved.