家と子供と、今日のおじさん(仮)

2017年築の家で、妻+子供3人と過ごす記録です。ほのかに工学テイスト。


☆祝☆ 200万ページビュー! ご訪問に感謝します。

↓↓↓子供と楽しむボードゲーム↓↓↓ 子供と遊ぶボードゲーム

 「食育」と称して、いろいろな食材を試しています。

 今回は、ドイツ食材の「シュバイネハクセ」です。ドイツでは「シュバインスハクセ/Schweinshachse」と呼ばれる、豚すね肉の骨付きハムです。入手したのは、岩手県・一関ミート(いちのせきハム)の商品です。
20240223zsh01.jpg

 冷凍していたので、解凍後、湯せんで温めました。
20240223zsh11.jpg

 シュバイネハクセは、下味をつけた豚肉を、オーブンで焼いて作られるとのことです。表面には、こんがり焼き色がついていて、見るからにおいしそう。
20240223zsh21.jpg
 
 ここでひと手間。ネット情報によると、オーブンで焼き直したほうがおいしい、とのことです。180℃で15分ほど、温めました。
20240223zsh31.jpg

 表面の水分が飛んで、香りが増し、おいしそうです!!
20240223zsh32.jpg

 そのまま付いている骨が、ワイルドです。「肉」らしさを感じます。
20240223zsh23.jpg

 ナイフで削いで、そのまま頂きます。表面のハーブの香りと、塩気の染みた豚肉のおいしさ。これは、ご飯が進みます。
20240223zsh51.jpg

 ドイツ料理らしく、じゃがいもとの相性が良いです。私は、じゃがいもも大好きです。これは、いくらでも食べられそう。
20240223zsh52.jpg

 シュバイネハクセに似たドイツ名物の食材として、「アイスバイン/Eisbein」があります。こちらも、豚すね肉を用いた加工肉です。塩漬けにしたあとに煮込んだもので、焼いていない点がシュバイネハクセとの大きな違いです。
20240223zsh91.jpg

 アイスバインは以前に食べましたが、そのままだとドロリとした食感(おそらくコラーゲン)がちょっと生肉っぽさを感じさせます(あぶると食べやすくなる)。「シュバイネハクセ」は表面が焼かれて香ばしく、こちらのほうが好みです。

商品画像★ amazon.co.jp

シュバイネハクセ Schweinhaxe アイスバイン  



この記事が役立ちましたら、ランキングクリックをお願いします:
PVアクセスランキング にほんブログ村
技術・工学ランキング


関連記事
↓↓↓子供と学ぶ、プログラミング学習&論理的思考↓↓↓ 20190217_logicalprog.jpg






管理者にだけ表示を許可する

★コメント受付に時間がかかることがあります★






トラックバック
TB*URL





Copyright © 家と子供と、今日のおじさん(仮). all rights reserved.