家と子供と、今日のおじさん(仮)

2017年築の家で、妻+子供3人と過ごす記録です。ほのかに工学テイスト。


☆祝☆ 200万ページビュー! ご訪問に感謝します。

↓↓↓子供と楽しむボードゲーム↓↓↓ 子供と遊ぶボードゲーム

 魔法の森を探索し、有用なアイテムを集めよう。「競り」と「パズル」が融合したシステムが興味深い。さあ、買うべきか、買わざるべきか?


 子供たちと遊ぶのを前提に、新発売・未発売のボードゲームの購入を検討する記事です。今回は2024年発売予定「ノクターン」。

20231123znt01.jpg
画像出典:Flatout Games; Nocturne 英語版ルールブック (2023 Draft)


★ゲーム内容の確認


1)基本情報:プレイ人数、プレイ時間など
2)テーマ:世界観、ゲームのあらまし
3)外観:絵柄、コンポーネントなど
4)ルール:手順概要、特徴的な要素など
5)遊びやすさ:言語依存、リプレイ性など
6)入手性:価格、在庫状況など


1)基本情報


・タイトル:ノクターン/夜想曲
・作者:David Iezzi
・絵師:Beth Sobel
・原題:Nocturne
・発売年:2024年(予定)
・出版社(一例): Flatout Games [1][2][3]
・プレイ人数:1~4人
・プレイ時間:30~45分
・推奨年齢:10歳以上

[1] Kickstarter: Nocturne
[2]Board Game Geek: Nocturne (2024)
[3] Flatout Games: Nocturne


2)テーマ


・年代:魔法の世界
・場所:月夜の森
・プレイヤーの立場:キツネの魔法使い
・目的:魔法のアイテムを集めること。
・行うこと:
 ・森を歩き、有用なアイテムを見つける。
 ・精霊に捧げものをして、アイテムをもらう。


3)外観


・絵柄:シリアス系ファンタジー絵本のような絵柄
・コンポーネント:
 ・ボード:メインボード1個
 ・木製コマ:約50個
 ・紙製タイル:約80個
 ・カード:約60枚
・箱サイズ:24×24cm(ラウハサイズ)
・共通エリア:30×25cm程度(推定)


4)ルール


 以下、英語語版マニュアル(Flatout Games、2023 Draft)を和訳参照した情報。

○基本システム


・共通エリアへのコマ配置(物品の獲得)
・セットコレクションによる勝利点獲得)


○主要物品


・共通エリア:
 ・タイル売場:格子状にタイルを配置。
 ・目標カード:達成で得点。
 ・共通ボード:追加タイルが置かれる。
・個人物品:
 ・人物カード:特殊能力を与える(応用ルールのみ)。
 ・個人目標カード:達成で得点。
 ・数字コマ:共通エリアでタイル取得権を競う。


○大まかな手順


  1. ラウンド制。全2ラウンド。
  2. 開始プレイヤーは、以下を行う。
    ①売場のタイル1個を選ぶ。
    ②そのタイルに、自色の最小の数字コマを置く。
  3. 時計まわりに、以下を行う。
    ・直前のコマの隣のタイルに、自色の数字コマを置く。
    ・前のコマより大きい数字のコマを置く。
    ・置く代わりに、パスができる。
  4. 全員がパスをしたら、以下を行う。
    ①最大の数字コマを出した人は、その下のタイルを得る。
    ②最大の数字コマは、裏返して場に残す。
    ③それ以外の数字コマは、持主の手元に戻る。
    ④手元に戻す代わりに、共通ボードにコマ1個を置ける。
    ⑤タイルを取った人が、次の開始プレイヤーになる。
    ⑥以上を繰り返す。2~
  5. 売場のタイルが尽きたら、ラウンド終了。
    ①共通ボードのコマ順位に応じ、タイルを得る。
    ②手持ち数字コマに応じ、新規の数字コマを得る。
    ③共通エリアを更新する。
    ④次ラウンドへ。2~
  6. 全2ラウンドを終えたら、ゲーム終了。


○勝敗


・終了後、勝利点を集計し、点数が高い人が勝ち。
・主な得点源:
 ・取得タイル、共通目標、個人目標。


○特徴的な要素


  • 共通エリアに格子状に並ぶタイルの取得権を競う。
    • 直近の数字コマの隣のタイルに、自色数字コマを置ける。
    • 前より大きい数字の数字コマだけ置ける。
    • 数字がいちばん大きい人が、そのタイルを取得する。
    • タイルのない場所には、数字コマは置けない。
    • 袋小路のタイルに数字コマを置いたら、自動的に取得権を得る。

  • 数字コマは共通ボードにも置ける。
    • タイル取得の後、各人は使用した数字コマを手元に戻す。
    • タイル取得に使った数字コマは、手元に戻らない。
    • 手元に戻るコマのうち1個を、共通ボードに置ける。
    • 共通ボードのコマは、数字の大きい順に、所定数まで並ぶ。
    • ラウンド終了時、数字の大きい人はボード上のタイルを得る。

  • ラウンド終了時、数字コマの更新がある。
    • 手元のコマの大きい人から、大きい数字の新コマを得る。
    • 新コマを得ただけ、小さいコマを捨てる。(コマ総数は不変)

  • タイルのセットコレクションで得点する。以下がある。
    イ)骨:記載の得点。
    ロ)羽根:枚数に応じ得点。
    ハ)キノコ:種類別の枚数に応じ得点。
    ニ)薬草:記載得点+枚数に応じた得点。
    ホ)卵:所持数の順位に応じ得点。
    ヘ)呪いの箱:記載の減点。
    ト)ルーンストーン:取得時、個人目標カードを得る。
    チ)鏡石:いずれかのタイルとして使える。
  • 以下の要素がある。
    • 共通目標カード:達成で取得・得点。ラウンド終了時に更新。
    • 個人目標カード:終了時、条件に応じ得点。


5)遊びやすさ


・言語依存:
 ・目標カード、人物カードの内容は、文字による説明。
・プレイ人数依存:
 ・2~4人用:人数に応じて、一部物品の数を調整する。
 ・1人用:無人プレイヤーと競う。
・リプレイ性:
 ・使用物品変化:
  ・毎回、同じ物品を使う。
 ・ランダム要素:
  ・タイル、目標カードの出現順はランダム。
 ・応用ルール:
  ・プレイヤー個別能力を与える応用ルールがある。


6)入手性


・キックスターター情報[1]:
 ・プレッジ元  :Flatout Games
 ・プレッジ期間 :2023/12/9まで
 ・プレッジ金額 :29USドル+送料21USドル
 ・発送時期:2024/9予定

・一般販売予定:
 ・発売予定時期:
 ・メーカー価格:

・日本語版の発売予定:
 ・2023/11/23時点、日本語版の発売情報は見つからない。

[1] Kickstarter: Nocturne
[2]Board Game Geek: Nocturne (2024)
[3] Flatout Games: Nocturne


★考察:「ノクターン」の魅力と懸念点


 ゲーム内容の確認結果から、魅力と懸念点をまとめます。

◎魅力を感じた点


  • パズル+オークション。数字コマを使ってタイルを競り取るシステムだが、前のコマと隣接するタイルにしかコマを置けない。袋小路に追い込めば、小さい数字コマでもタイル取得ができる。オークション系ゲームの「相場観」が苦手だが、このシステムなら楽しめる可能性がある。


◎懸念点


  • 雰囲気。魔法世界であるが、暗めで地味なイメージ。主人公がキツネである理由も理解できない。ゲームの世界にのめりこむ、という体験ができず、楽しみの程度が限られてしまいそうだ。



★判定結果:「ノクターン」は買うべきか?


 以上を踏まえて、「ノクターン」を買うべきかどうか、判定しました。

 判定結果:うちには必要ない。


※ぜひ買いたい/気になる/うちには必要ない、の3段階評価。

 パズルとオークションが融合したタイル取得システムが興味深い。反面、暗めで地味な世界観がなじめません。残念ながら、購入候補からは除外します。





この記事が役立ちましたら、ランキングクリックをお願いします:
PVアクセスランキング にほんブログ村
技術・工学ランキング


関連記事
↓↓↓子供と学ぶ、プログラミング学習&論理的思考↓↓↓ 20190217_logicalprog.jpg






管理者にだけ表示を許可する

★コメント受付に時間がかかることがあります★






トラックバック
TB*URL





Copyright © 家と子供と、今日のおじさん(仮). all rights reserved.