家と子供と、今日のおじさん(仮)

2017年築の家で、妻+子供3人と過ごす記録です。ほのかに工学テイスト。


☆祝☆ 200万ページビュー! ご訪問に感謝します。

↓↓↓子供と楽しむボードゲーム↓↓↓ 子供と遊ぶボードゲーム

 石炭・石油・原子力などの古い発電様式への依存を断ち、代替エネルギーの電力網を再構築するのだ。その道のりは険しいぞ。


 子供たちと遊ぶのを前提に、新発売・未発売のボードゲームの購入を検討する記事です。今回は2023年発売予定「フューチャー・エネルギー/Future Energy」。

20230930zfe01.jpg
画像出典:Queen Games; Future Energy 英語版ルールブック (2023)


★ゲーム内容の確認


1)基本情報:プレイ人数、プレイ時間など
2)テーマ:世界観、ゲームのあらまし
3)外観:絵柄、コンポーネントなど
4)ルール:手順概要、特徴的な要素など
5)遊びやすさ:言語依存、リプレイ性など
6)入手性:価格、在庫状況など



1)基本情報


・タイトル:フューチャー・エネルギー
・作者:Emanuele Ornella
・美術:Dennis Lohausen
・原題:Future Energy
・発売年:2023年
・出版社(一例): Queen Games [1]
・プレイ人数:2~4人
・プレイ時間:60分~
・推奨年齢:8歳以上

[1] Queen Games: Future Energy
[2]Board Game Geek: Future Energy (2023)


2)テーマ


・年代:現代
・場所:ヨーロッパ
・プレイヤーの立場:新形態の発電網の推進者
・目的:化石燃料や原子力への電力依存を断ちきること。
・行うこと:
 ・各地域を電線で結び、発電網を広げる。
 ・古い発電所を、新しい形態の発電所に置き換える。
 ・協力者を募り、収入や技術を高める。

3)外観


・絵柄:明るい色使い、劇画風のイラスト
・主要コンポーネント:
 ・ボード:メインボード1個、個人ボード4個
 ・木製コマ:約150個
 ・紙製タイル:約40個
 ・紙製チップ:約100個
・箱サイズ:30×30cm(カタンサイズ)
・共通ボード:60×60cm程度(推定)
・個人ボード:20×15cm程度(推定)


4)ルール


 以下、英語語版マニュアル(Queen Games、2023年)を和訳参照した情報。

○基本システム


・選択肢からのアクション選択
・共通ボードへの物品配置(物品の獲得)

○主要物品


・共通エリア:
 ・共通ボード:地図上でコマを移動・配置する。
 ・売場:目標タイルの売場。
 ・建築者コマ:建築できるマスを示す。

・個人エリア:
 ・個人ボード:収入、アクション選択肢を示す。
 ・目標タイル:使用可能な発電所コマを置く。
 ・発電所コマ:地図上のマスに置く。
 ・電線コマ:地図上の道に置く。

・資源:1種類(現金)


○大まかな手順


  1. ラウンド制。所定条件を満たすまで続ける。
  2. 開始プレイヤーから、時計まわりに手番をとる。
  3. 手番では、以下を順に行う。
    ①個人ボードにしたがい、収入を得る。
    ②以下アクションを、所定個数まで選んで実行できる。
    a)電線コマ1個を置く。
    b)電線コマ2個を置く。
    c)目標タイル1個を買う。
    ③地図上の建築者コマを、チップのあるマスに移動する。
    ④対応する発電所コマを、そのマスに置く。
    ⑤移動先のチップを取り、効果を得る。
    ⑥他プレイヤーは、同じ種類の発電所コマを置ける。
  4. 全員が手番をとったら、ラウンド終了。次ラウンドへ。2~
  5. 以下いずれかを満たしたラウンドでゲーム終了。
    イ)誰かの電線コマが尽きた。
    ロ)目標タイル補充用の山が尽きた。


○勝敗


・終了後、勝利点を集計し、点数が高い人が勝ち。
・主な得点源:
 ・ゲーム中:目標タイルの達成
 ・終了時:地域ごとの発電所の多寡、連続する電力網の地域数


○特徴的な要素


  • 地図上の建築者コマを移動させる。
    • 建築者コマは1個だけで、全員が共用する。
    • 自分の電線がある道は、無料で移動できる。電線がないと有料。
    • 他プレイヤーの電線がある道は、その人にコストを払う。
    • 電線コマは、同じ道には1個だけ置ける(特殊効果の例外あり)。
    • 建築者が止まったマスに、発電所を建築できる。
    • 建築時、他プレイヤーは手番者にコストを払えば、相乗り建築できる。

  • 個人エリアの目標タイルに、発電所コマが置かれる。
    • 目標タイルを取得したとき、タイルのマスを発電所で埋める。
    • 目標タイルの各マスには、種類を示すマークがある。
    • 発電所コマを地図に置くときは、マークが同じものだけを使える。
    • 目標タイルの発電所コマを使い切ると、目標達成で得点になる。

  • 建築者コマが止まったマスのチップは、以下効果を与える。
    イ)投資家:永続。収入を増す。
    ロ)技術者:永続。手番のアクション数を増す。
    ハ)原子力:電線コマ1個を無料で置ける。
    ニ)石炭:他の目標タイルの発電所1個を除ける。
    ホ)天然ガス:終了時得点になるチップを得る。
    へ)石油:他の目標タイルの発電所も同マスに置ける。
    ト)空地:現金を得る。


5)遊びやすさ


・言語依存:
 ・物品に処理に関わる文字記載はない。
・プレイ人数依存:
 ・2~4人用:人数に応じて、一部物品の数・種類を調整する。
・リプレイ性:
 ・使用物品変化:
  ・毎回、同じ物品を使用する。
 ・ランダム要素:
  ・地図マスのチップ配置はランダム。
  ・目標タイルの出現順はランダム。
 ・応用ルール:
  ・共通目標、別種チップの導入、などの応用ルールがある。


6)入手性


・一般販売予定[1][2]:
 ・発売予定時期:2023/8
 ・キックスターター価格:58ユーロ(終了済)
 ・一般価格:未定

・日本語版の発売予定:
 ・2023/9/30時点、日本語版の発売有無は不明。

[1] Queen Games: Future Energy
[2]Board Game Geek: Future Energy (2023)


★考察:「フューチャーエネルギー」の魅力と懸念点


 ゲーム内容の確認結果から、魅力と懸念点をまとめます。

◎魅力を感じた点


  • 明瞭なテーマ。ヨーロッパを舞台に、発電所の刷新と電力網の構築の雰囲気を楽しめそうだ。


◎懸念点


  • 地味。テーマも物品も地味で、ぜひ遊びたい、とは思えない。内容も、移動してはコマを置く、の繰り返し。これで60分となると、メリハリのある展開になるのか、不安がある。途中で飽きてしまわないか。
  • 本当にエコなのか。新形態の発電手段をもって「CO2削減」と言っているが、安易すぎる発想でないのか。既存の発電能力をすべて置き換えるほどの実力があるのか。個人的には、懐疑的に思っている。そしてエコならば、電線は新設するのでなしに、既存の資源を活用するべきでは。いろいろ考え始めてしまい、素直に楽しめそうにない。


★判定結果:「フューチャーエネルギー」は買うべきか?


 以上を踏まえて、「フューチャーエネルギー」を買うべきかどうか、判定しました。

 判定結果:うちには必要ない。


※ぜひ買いたい/気になる/うちには必要ない、の3段階評価。

 シンプルなルールで楽しめそうなネットワーク構築。ただ残念ながら、目を見張るような「ワクワク感」が感じられませんでした。購入対象外と結論します。


20230930zfe01.jpg
画像出典:Queen Games; Future Energy 英語版ルールブック (2023)


この記事が役立ちましたら、ランキングクリックをお願いします:
PVアクセスランキング にほんブログ村
技術・工学ランキング


関連記事
↓↓↓子供と学ぶ、プログラミング学習&論理的思考↓↓↓ 20190217_logicalprog.jpg






管理者にだけ表示を許可する

★コメント受付に時間がかかることがあります★






トラックバック
TB*URL





Copyright © 家と子供と、今日のおじさん(仮). all rights reserved.