家と子供と、今日のおじさん(仮)

2017年築の家で、妻+子供3人と過ごす記録です。ほのかに工学テイスト。


☆祝☆ 200万ページビュー! ご訪問に感謝します。

↓↓↓子供と楽しむボードゲーム↓↓↓ 子供と遊ぶボードゲーム

 人類滅亡後の地球。猿の一族となって、強力な仲間たちを集めよう。この惑星に、新たな繁栄をもたらすのだ!


 子供たちと遊ぶのを前提に、新発売・未発売のボードゲームの購入を検討する記事です。今回は2023年発売「アフター・アス(After Us)」。日本語版はケンビルから、11月発売予定。

20230423za01.jpg
画像出典:Catch Up Games; After Us 英語版ルールブック (2023)


★ゲーム内容の確認


1)基本情報:プレイ人数、プレイ時間など
2)テーマ:世界観、ゲームのあらまし
3)外観:絵柄、コンポーネントなど
4)ルール:手順概要、特徴的な要素など
5)遊びやすさ:言語依存、リプレイ性など
6)入手性:価格、在庫状況など



1)基本情報


・タイトル:アフター・アス/その後の地球
・作者:Florian Sirieix
・原題:After Us
・発売年:2023年
・出版社(一例): Catch Up Games [1]
・プレイ人数:1~6人
・プレイ時間:40分
・推奨年齢:12歳以上

[1] Catch up Games: After Us
[2]Board Game Geek: After Us (2023)


2)テーマ


・年代:人類滅亡後
・場所:地球
・プレイヤーの立場:猿の一族
・目的:他の一族に先だって高い知性を得ること。
・行うこと:
 ・仲間の力を合わせて、物品を得る。
 ・新たな仲間を加え、能力を高める。
 ・人類の遺産を利用し、利益を得る。

3)外観


・絵柄:鮮やかな色彩、精密な描写の猿イラスト
・コンポーネント:
 ・ボード:メインボード1個、個人ボード6個
 ・木製コマ:約120個
 ・紙製タイル:約10個
 ・紙製チップ:約80個
 ・カード:約170枚
・箱サイズ:32×22cm(オルレアンサイズ)
・共通ボード:30×20cm程度(推定)
・個人ボード:20×5cm程度(推定)


4)ルール


 以下、英語語版マニュアル(Catch Up Games、2023年)を和訳参照した情報。

○基本システム


・デッキ構築(個人別のカードセットを繰り返し使用)

○主要物品


・共通エリア:
 ・共通ボード:仲間カードの売場。
 ・遺産タイル:全員共通の特殊効果を与える。

・個人エリア:
 ・個人ボード:個人物品の置場。
 ・仲間カード:山札、捨札、プレイエリアに置く。

・資源:4種類(花、果物、穀物、燃料)


○大まかな手順


1)ラウンド制。終了条件を満たすまで続ける。

2)全員8枚構成の初期デッキを持ってスタート。

3)フェーズ1:編成
・全員同時に、以下を行う。
①デッキから4枚を引き、好きな順で表向きに並べる。
②枠で囲まれた効果を、上から順にすべて実行する。

4)フェーズ2:仲間
・全員同時に、以下を行う。
①アクションチップを選び、同時に出す。
②チップの効果を得る。
③チップに対応する仲間カード1枚を買える。

5)フェーズ3:休憩
①使ったカードを捨て札にする。
②アクションチップを手元に戻す。
③次ラウンドへ進む。3~

6)誰かが80点を取ったら、ゲーム終了。


○勝敗


・最初に80点を取った人が勝ち。


○仲間カードの効果


a)タマリン:資源を得る。
b)オランウータン:燃料を得る。
c)チンパンジー:効果のコピー実行。
d)ゴリラ:猛威点を増す。
e)マンドリル:勝利点を得る。


○特徴的な要素


・自分のデッキから4枚をめくって、並べる。
 ・並べる順番は自由。
 ・カード左右の縁には、枠がある。
 ・枠がつながって閉じると、その効果を得られる。

・以下の要素がある。
 ・遺産タイル:燃料を払い、記載の効果を得る。
 ・猛威点:4点消費で、カード1枚をデッキから除く。
 ・コピー:フェーズ2で、コストを払うと他者アクションをコピーできる。


5)遊びやすさ


・言語依存:物品に文字の記載はない。
・プレイ人数依存:
 ・1~6人用:人数によらず、同じルールで遊ぶ。
・リプレイ性:
 ・使用物品変化:
  ・遺産タイルは、毎回3個を選んで使う。
 ・ランダム要素:
  ・売場の仲間カードの出現順はランダム。
  ・デッキからの引きはランダム。


6)入手性


・一般販売予定[1][2]:
 ・発売予定時期:2023/3(フランス語版)、2023/11(英語版)
 ・実売価格:33.75ユーロ(Philibert、フランス語版)

・日本語版の発売予定:
 ・発売元:ケンビル[3]
 ・発売時期:2023/11 (先行販売:2023/10)
 ・価格:6380円

[1] Catch up Games: After Us
[2]Board Game Geek: After Us (2023)
[3]ケンビル:アフターアス 日本語版


★考察:「アフターアス」の魅力と懸念点


 なんだ、この魅力的な猿カードは? 興味シンシンで、内容を調査しました。

◎魅力を感じた点


  • 猿。繊細な描写でありながら、愛嬌を感じさせるさまざまなサルの絵。遠景からの描写だったり、顔のアップだったり、構図もバリエーションがあり、見ていて飽きない。個人ボードに描かれた人間的なしぐさのサルたちの絵(見ざる、言わざる、聞かざる、とかもある)も、とってもユーモラスで魅力的だ。
  • 全員同時プレイ。全員が同時にカードをめくり、効果を処理する。売場からのカード取得も全員同時。人数が増えても、待ち時間を気にせずに、集中して遊べそうだ。


◎懸念点


  • 個人プレイなのにサドンデス。カードの早取りもなく、プレイヤー間の干渉がまったくないように見える。あえて言えば、アクションチップを出す時に、左右プレイヤーのアクションをコピーできるくらい。それなのに、80点の早取り競争だ。個人プレイでじっくり遊べそうなわりに、終了条件が先着順というのはどうか。いよいよここからだ、というときに、他プレイヤーの動向でゲームが終わってしまうのは、尻切れな感じになって、ガッカリ感が強そうだ。



★判定結果:「アフターアス」は買うべきか?


 以上を踏まえて、「アフターアス」を買うべきかどうか、判定しました。

 判定結果:うちには必要ない。


※ぜひ買いたい/気になる/うちには必要ない、の3段階評価。

 リアルでありつつユーモラスなサルの描写が秀逸。これだけでも欲しくなってしまいます。しかし、ゲーム内容に単調さを感じ、他者次第で尻切れな終わり方になりそうなのが難点。残念ですが、購入は見送りとします。


20230423za01.jpg
画像出典:Catch Up Games; After Us 英語版ルールブック (2023)


この記事が役立ちましたら、ランキングクリックをお願いします:
PVアクセスランキング にほんブログ村
技術・工学ランキング


関連記事
↓↓↓子供と学ぶ、プログラミング学習&論理的思考↓↓↓ 20190217_logicalprog.jpg






管理者にだけ表示を許可する

★コメント受付に時間がかかることがあります★






トラックバック
TB*URL





Copyright © 家と子供と、今日のおじさん(仮). all rights reserved.