家と子供と、今日のおじさん(仮)

2017年築の家で、妻+子供3人と過ごす記録です。ほのかに工学テイスト。


☆祝☆ 200万ページビュー! ご訪問に感謝します。

↓↓↓子供と楽しむボードゲーム↓↓↓ 子供と遊ぶボードゲーム

 人類滅亡後の地球は、宇宙人に人気の発掘スポットとなっていた。バイヤーを操作し、高値で売り抜け。どんなゲームか知りたい人むけ、ざっくりルール説明です。


20221201ze01.jpg
画像出典:Mighty Boards; Excavation Earth 英語版ルールブック(2020, v.1.96)


★基本情報


・タイトル:エクスカベーション・アース/地球の発掘
・作者: Gordon Calleja, Dávid Turczi, Wai Yee
・絵師: Philipp Kruse
・原題:Excavation Earth
・発売年:2023年(予定)
・出版社(一例): Mighty Board [1][2]
・プレイ人数:1~4人
・プレイ時間:30分/人
・推奨年齢:14歳以上

[1]Board Game Geek: Excavation Earth (2021)
[2]Mighty Boards: Excavation Earth


★テーマ


・年代:未来
・場所:人類滅亡後の地球
・プレイヤーの立場:発掘を業とする宇宙人
・目的:発掘品を売り、お金を稼ぐこと。
・行うこと:
 ・地球の各地で発掘し、発掘品を入手する。
 ・市場に取引人を送り、バイヤー構成を操作する。
 ・市場で発掘品を売り、収入を得る。
 ・発掘品のコレクションを集め、自店に飾る。


★ルール


○基本システム


・共通ボード上の移動・物品取得。
・時価による物品売却(勝利点の獲得)。


○主要物品


・共通エリア:
 ・共通ボード:
  ・地図:各地に発掘品が置かれる。
  ・市場:バイヤーコマが並ぶ。
  ・闇市:発掘品を買える。
 ・サブボード:
  ・宇宙船:マジョリティで得点。
  ・人気トラック:未使用のバイヤーを置く。

・個人物品:
 ・個人ボード:入手物品を置く。
 ・自色キューブ:入手済の発掘品を示す。
 ・自色コマ:1人3個持つ。地図上に置く。
 ・手札:アクションカードを持つ。

・資源:発掘品5色×4種、現金。


○大まかな手順


  1. ラウンド制。全3ラウンド。
  2. 順番トラックにしたがい、手番をとる。
  3. 手番では、以下を順に行う。
    ①カード1枚を捨て、アクション1個を行う。
    ②同様に、2個目のアクションを行う。
    ③アクションしない/できないときは、パスをする。
  4. パスをした人を除き、何周も繰り返す。
  5. 全員パスをしたら、ラウンド終了。
    ①宇宙船の自色キューブ数に応じ、ボーナスを得る。
    ②共通ボードの物品を補充・更新する。
    ③優先タイルにしたがい、順番トラックを更新する。
    ④全員が手札を6枚ずつ得る(ブースタードラフト)。
    ⑤次ラウンドへ進む。2~
  6. 全3ラウンドを終えたら、ゲーム終了。


○勝敗


・終了後、現金を集計し、金額が高い人が勝ち。
・主な収入源:
 ・ゲーム中:発掘品の売却、ラウンド終了時のボーナス。
 ・終了時 :個人ボードの自色キューブの並び。

○アクション


a)移動:自色コマを移動する。
b)発掘:地図上の発掘品を得る。
c)市場:市場に自色キューブを置く+バイヤーを追加。
d)売却:市場のバイヤーに発掘品を売る。
e)指令:宇宙船に自色キューブ追加/除去して効果発動。
f)闇市:闇市で発掘品を売る/買う。
g)調査:共通エリアのカードと手札1枚を交換する。

○特徴的な要素


  • アクションカードには、以下が記載されている。
    • 燃料:移動時の歩数を決める。
    • 色:アクション対象の場所を決める。
    • マーク:アクション対象の市場を決める。

  • 地図上の自色コマを動かし、発掘品を得る。
    • 自色コマがいる場所と同色カードを捨て、発掘品を得る。
    • 個人ボードの発掘品に対応するマスに、自色キューブを置ける。
    • 置いたマスが1列に揃うと、ボーナス。

  • 市場のバイヤーに発掘品を売って、お金を稼ぐ。
    • 自色キューブのある市場で売れる。
    • 発掘品1色を選び、同色のバイヤーだけに売れる。
    • 市場の同色のバイヤーが多いほど、高く売れる。
    • 人気トラックの同色バイヤーが少ないほど、高く売れる。
    • 複数の市場に同時に売ると、高く売れる。
    • 市場のバイヤーは4個まで置かれる。
    • 5個目を置くとき、先頭のバイヤーが除かれる。

  • 以下の要素がある。
    • 個人ボード:プレイヤー個別能力を与える。
    • 宇宙船:
      自色キューブが多い人が、ラウンド終了時ボーナス。
      自色キューブを除くと、特殊効果を得られる。
    • 優先タイル:調査アクションで得る。プレイ順を決める。



商品画像★ amazon.com (海外)

Excavation Earth Board Game | Strategy Board Game | Board Game for Adults and Teens | Adventure Game | Ages 14 and up | 1 to 4 Players | Average Playtime 30-90 Minutes | Made by Mighty Boards



この記事が役立ちましたら、ランキングクリックをお願いします:
PVアクセスランキング にほんブログ村
技術・工学ランキング


関連記事
↓↓↓子供と学ぶ、プログラミング学習&論理的思考↓↓↓ 20190217_logicalprog.jpg






管理者にだけ表示を許可する

★コメント受付に時間がかかることがあります★






トラックバック
TB*URL





Copyright © 家と子供と、今日のおじさん(仮). all rights reserved.