家と子供と、今日のおじさん(仮)

2017年築の家で、妻+子供3人と過ごす記録です。ほのかに工学テイスト。


☆祝☆ 200万ページビュー! ご訪問に感謝します。

↓↓↓子供と楽しむボードゲーム↓↓↓ 子供と遊ぶボードゲーム

 食材に狙いをつけて、円板を投げ入れろ! 気分は鉄板焼きパフォーマーだ。さあ、買うべきか、買わざるべきか?


20221030zh01.jpg
画像出典:Grail Games; Hibachi 英語版ルールブック(2021)


★テーマ


・年代:現代
・場所:実演式の鉄板料理店
・プレイヤーの立場:実演料理人
・目的:町でいちばんの実演料理人になること。
・行うこと:
 ・料理道具を華麗に操り、料理を作る。
 ・ライバル料理人より先に、必要な食材を集める。


★ルール


○基本システム


・マスを狙ってチップを投げ入れるアクションゲーム。
・セットコレクション(勝利条件の達成)。

○大まかな手順


  1. ラウンド制。終了条件を満たすまで続ける。
    ・開始プレイヤー:いちばん最近料理をした人。
  2. 開始プレイヤーから時計まわりに、以下を行う。
    ・手持ちチップ1個を、共通ボードに投げ入れる。
    ・全員の所有チップがなくなるまで続ける。
  3. 共通ボードの各ボーナスマスの処理をする。
    ・そのマスに乗った各人チップの数字を確認する。
    ・数字の合計が大きい人が、そのボーナス物品を得る。
  4. 共通ボードの食材マスの処理をする。
    ・誰でも、チップ数字の合計額で、その食材を売れる。
    ・そのマスにチップがある人は、その食材を買える。
  5. 開始プレイヤーから時計まわりに、以下を行う。
    ・食材を使って、目標カードを達成できる。
  6. 開始プレイヤーを左に移し、次ラウンドに進む。2~
  7. 以下の条件を満たすまで繰り返す。
    ・誰かが3個の目標を達成する。


○勝敗


・最初に3個の目標を達成した人が勝ち。


★販売情報


・日本語版:あり(アソビジョン、2021/9)[1]
・定価:5500円
[1]アソビジョン:Hibachi 完全日本語版


★考察:魅力と懸念点


 以上の確認結果に基づき、魅力と懸念点を整理します。

◎魅力を感じた点


  • チップ投げ。ボードの外から、欲しい食材をめがけて円形のチップを投げ入れる。他プレイヤーのチップを弾き出すこともできる。チップには額面があるが、投げるときは裏向きで、他の人の額面は分からない。食材は額面が大きい人から順に買えるが、数量限定なので、後になると買えなくなる。かといって、食材の価格は額面が大きいほど高くなるため、額面が大きければよいわけでもない。心理的な読み合いと、手先の器用さの両方が試される、ほかにないユニークなゲーム性を楽しめそうだ。
  • テーマ。プレイヤーは実演料理人で、パフォーマンスを行いながら料理をする。だから、チップ(料理道具)を投げ入れるんだ。そして、食材を集めて料理を出す。料理人を気取って、時に豪快に、時に繊細に、「なりきり遊び」が白熱するのではないか。子供たち(娘11歳、長男8歳、次男6歳)と、楽しい時間を過ごせそうだ。


◎懸念点


  • チップ投げ。人によって、腕の差が大きく出てしまうかもしれない。練習すれば上手になるものなのだろうか。料理3個を最初に完成させた人が勝ちなので、まったく良いところなく終わってしまう人もいるかもしれない。誰か一人が上手すぎると、そうでない人は上達を感じにくいのでは。そうなると、リプレイ意欲がなくなってしまう不安がある。
  • 料理。料理を作るテーマなのだが、ボード上の食材は生モノばかりで、おいしそうに見えない。料理カードは小さく、正直、こちらもあまり食欲をそそらない。料理は、シズル感が大事だと思う。



★判定結果:「ヒバチ」は買うべきか?


 以上を踏まえて、「ヒバチ」を買うべきかどうか、判定しました。
 判定結果:うちには必要ない。
※ぜひ買いたい/気になる/うちには必要ない、の3段階評価。

 チップを投げ入れ、オークション的に食材を獲得するという、とても独創的なゲーム。ただ、技量の個人差が出そうなのが懸念点。肝心の料理や食材が、あまりおいしそうに見えないのも、残念です。購入は、見送りとします。



駿河屋通販


この記事が役立ちましたら、ランキングクリックをお願いします:
PVアクセスランキング にほんブログ村
技術・工学ランキング


関連記事
↓↓↓子供と学ぶ、プログラミング学習&論理的思考↓↓↓ 20190217_logicalprog.jpg






管理者にだけ表示を許可する

★コメント受付に時間がかかることがあります★






トラックバック
TB*URL





Copyright © 家と子供と、今日のおじさん(仮). all rights reserved.