家と子供と、今日のおじさん(仮)

2017年築の家で、妻+子供3人と過ごす記録です。ほのかに工学テイスト。


☆祝☆ 200万ページビュー! ご訪問に感謝します。

↓↓↓子供と楽しむボードゲーム↓↓↓ 子供と遊ぶボードゲーム

 飛行機の技術開発の歴史が始まる。新技術を取り入れ、問題を解決し、人類初の有人長距離飛行を目指せ!


 未発売のボードゲームの購入を検討する記事です。今回は2023年発売予定「ファースト・イン・フライト(First in Flight)」。
20221127zf01.jpg
画像出典:Genius Games/ Artana; First in Flight 英語版ルールブック (2022 ドラフト v.0.94)


★ゲーム内容の確認
1)基本情報:プレイ人数、プレイ時間など
2)テーマ:世界観、ゲームのあらまし
3)外観:絵柄、コンポーネントなど
4)ルール:手順概要、特徴的な要素など
5)遊びやすさ:言語依存、リプレイ性など
6)入手性:価格、在庫状況など


1)基本情報
・タイトル:ファースト・イン・フライト/初飛行
・作者:Matthew O'Malley, Ben Rossert
・原題:First in Flight
・発売年:2023年(予定)
・出版社(一例): Artana [1]
・プレイ人数:1~4人
・プレイ時間:45~75分
・推奨年齢:12歳以上

[1] Kickstarter: First in Flight — A Historical Aviation Board Game
[2]Board Game Geek: First in Flight (2023)


2)テーマ
・年代:20世紀初頭
・場所:飛行機開発の現場
・プレイヤーの立場:飛行機の実現に尽力する人。
・目的:長距離の有人飛行を実現すること。
・行うこと:
 ・資金と時間を費やし、飛行機に新技術を取り入れる。
 ・新技術を導入し、それに伴う問題を修正し、飛行距離を増す。
 ・仲間を集め、運転技術を向上する。

3)外観
・絵柄:明るいアニメ背景風の版面、ストーリー漫画風の人物画
・コンポーネント: ※通常版
 ・ボード:メインボード1個、個人ボード4個
 ・カード:約230枚
 ・木製コマ:約10個
 ・紙製チップ:約40個
・箱サイズ:22×27cm(カカオサイズ)
・共通ボード:50×25cm程度(推定)
・個人ボード:25×10cm程度(推定)


4)ルール
 以下、英語語版マニュアル(Geneus Games/ Artana、2022年)を参照した情報。

○基本システム
・一方通行トラック進行によるアクション選択。
・デッキ構築(個人別山札のカードを繰り返し使用)。

○主要物品
・共通エリア:
 ・共通ボード:周回式の一方通行トラックがある。
 ・カード売場:仲間、技術、操法カード。
 ・カードの山:飛行カード。
・個人物品:
 ・個人ボード:
  ・人物カード:プレイヤー個別能力を与える。
  ・作業場:飛行後、修正したいカードを置く。
 ・個人デッキ:飛行アクションで使う。
 ・自色コマ:共通ボードのトラックを進む。
 ・自色飛行機:各人の最長飛行距離を示す。

○大まかな手順
1)ラウンド制。最大4ラウンド。

2)メイントラックで後方の人が手番をとる。

3)手番では、以下を行う。
 ①メイントラックの自色コマを、好きなだけ進める。
 ②止まった場所のアクションを行う。
 ③ゴールに着いた人は、このラウンドの手番は終わり。
 ④次の人の手番に移る。2~ (同じ人の連続もある。)

4)全員がゴールに着いたら、ラウンド終了。
 ①現金収入を得る。飛行距離の記録が高い人はボーナス。
 ②カード売場を更新する。
 ③次ラウンドへ進む。2~

5)以下いずれかを満たしたら、全員が1回飛行を行い、ゲーム終了。
 イ)誰かが40メートルの飛行を達成した。
 ロ)全4ラウンドが終了した。

○勝敗
・終了後、もっとも長い飛行距離を記録した人が勝ち。

○アクション
a)飛行:個人デッキを使い、飛行を行う。
b)修正:欠陥カードを除き、強化+問題カードを得る。
c)強化:強化+欠陥カードを得る。
d)経験:通常カードまたは経験カードを得る。
e)調達:現金を得る。
f)取得:仲間/技術/操法カードいずれかを得る。
g)ワイルド:好きなアクションを選べる。

○特徴的な要素
・共通ボードのトラックを周回する。
 ・同じマスには1人しか止まれない。
 ・所定歩数のトラック進行をコストとする場合もある。
 ・ゴールに着いた人は、全員がゴールに着くまでパスになる。

・飛行は、個人デッキを使う。
 ・上から1枚ずつ引き、順に並べていく。
 ・問題マークが4点になったら、墜落。
 ・いつでも着陸カードを出せる。出した後、2枚を追加で引く。
 ・着陸カード後、問題マークが3個以下なら成功。
 ・カードの数字の合計が、飛行距離となる。墜落でも記録可。
 ・墜落すると、次手番で所定コストを払う必要がある。
 ・飛行距離が自己最高なら、記録を更新する。
 ・誰かが40メートル以上を飛ぶと、ゲーム終了トリガ。

・飛行カードには、以下がある。
 ・通常:飛行距離1を加える。
 ・強化:飛行距離2~5を加える。
 ・経験:飛行距離1+通常カード1枚取得。
 ・問題:問題1点。
 ・欠陥:問題1点+ネガティブ効果。
 ・着陸:デッキと別に持つ。飛行を終了する。

・以下の要素がある。
 ・人物カード:プレイヤー個別能力。15メートル達成で能力アップ。
 ・仲間カード:1ラウンドに1回だけ使える。
 ・技術カード:永続効果を与える。
 ・操法カード:飛行アクションで毎回1回だけ使える。


5)遊びやすさ
・言語依存:
 ・カード効果は、文字による記載。
 ・カード名(フレーバー)は文字表記。
・プレイ人数依存:
 ・3~4人用:人数に応じて、ボードの表裏を使い分ける。
 ・2人用:無人プレイヤー1人が加わる。
・リプレイ性:
 ・使用物品変化:
  ・個人別能力を与える人物カードは、毎回異なる。
 ・ランダム要素:
  ・飛行アクションでのカード出現順はランダム。
  ・売場カードの出現順はランダム。


6)入手性
・キックスターター情報[3]:
 ・プレッジ元  :Genius Games / Artana
 ・プレッジ金額 :通常版39USドル、コレクター版55USドル
 ・プレッジ期間 :2022/6~2022/7 終了済
 ・リワード送付 :2023/4予定
 ・レートプレッジ:プリオーダー受付中(日本不可)

・一般販売予定[4]:
 ・メーカー価格:通常版55USドル、コレクター版75USドル
 ・発売予定時期:2023/4予定

・日本語版の発売予定:
 ・2022/11時点、情報が見つからない。

[3] Kickstarter: First in Flight — A Historical Aviation Board Game
[4]Game Found: First in Flight: A Historical Aviation Board Game


★考察:「ファーストインフライト」の魅力と懸念点
 飛行機の実現までの歴史をたどるテーマ。元素の周期表ゲーム「ピリオディック(Periodic)」などの理系ゲームを出している、ジーニアス・ゲーム社の商品です。

◎魅力を感じた点
・テーマとルールの融合。まだ誰も達成していない、飛行機という機械の実現を目指す。新技術の導入により、飛距離の向上を試みるが、そこにはいつも未知のリスクが併存する。実際に飛行テストをして、そのリスクを特定し、修正していく。そうして目標の40メートルを達成した人が勝利。なんとも具体的で分かりやすい。かつ、これからのものづくり現場に重要とされる「アジャイル」な開発手順をゲームで体験できる。工学を学ぶ人にはぜひとも遊ぶべき、素晴らしい商品だ。
・バースト。個人デッキを1枚ずつめくり、危険マークが4個貯まったら墜落。自分のデッキの構成を思い出しつつ、もう1歩進むか、止めるかを選ぶ。着陸カードを出しても終わりではなく、もう2枚出さなければならない。計画性と運、決断力のすべてのバランスが試される。失敗してもペナルティは大きくなく(次手番でコスト払い)、強気にチャレンジしやすいのでは。困難な状況で40メートルを飛行すれば、高い達成感が得られそうだ。

◎懸念点
・言語依存。カード効果の説明が文字表記。英語版だと、子供たち(娘11歳、長男8歳、次男6歳)が独力で遊ぶのは難しいのではないか。文字量も多いので、たとえ日本語版でも、老眼がはじまった大人(私)がスムーズに遊べるか心配。
・入手性。2022/11時点、キックスターターキャンペーンは終了。日本発送対応のレートプレッジ/プレオーダーを提供しているサイトが見つからない。これまでのGeneus Gamesのラインナップを見ると、日本語版の発売は期待できない。つまり、入手手段がない。→2023/10/9追記:USアマゾンで購入可能なようです。55ドル+送料18ドル。


★判定結果:「ファーストインフライト」は買うべきか?
 以上を踏まえて、「ファーストインフライト」を買うべきかどうか、判定しました。

 判定結果:気になる。

※ぜひ買いたい/気になる/うちには必要ない、の3段階評価。

飛行機の実現までの歴史をたどるテーマが、バーストのリスクと戦いながら飛距離を伸ばすゲーム内容と、素晴らしく融合しています。ただ、言語依存が懸念点。レートプレッジも終了しているため、様子を見たいと思います。

商品画像★ amazon.com (海外)

First in Flight: A Historical Aviation Board Game - Strategy Board Game for Teens, Adults and Families - A Flight-Themed Adventure Card Game for Airplane Enthusiasts and Gamers (Standard Edition)



この記事が役立ちましたら、ランキングクリックをお願いします:
PVアクセスランキング にほんブログ村
技術・工学ランキング


関連記事
↓↓↓子供と学ぶ、プログラミング学習&論理的思考↓↓↓ 20190217_logicalprog.jpg






管理者にだけ表示を許可する

★コメント受付に時間がかかることがあります★






トラックバック
TB*URL





Copyright © 家と子供と、今日のおじさん(仮). all rights reserved.