家と子供と、今日のおじさん(仮)

2017年築の家で、妻+子供3人と過ごす記録です。ほのかに工学テイスト。


☆祝☆ 200万ページビュー! ご訪問に感謝します。

↓↓↓子供と楽しむボードゲーム↓↓↓ 子供と遊ぶボードゲーム

ボードゲームの購入を検討する記事です。今回は「クランク!(Clank! : A Deck-building Adventure)」。

★検討にあたって
 以下の条件を前提に、ボードゲームを物色しています。候補となった物件について、詳細を検討します。
・遊ぶ相手は、家族(妻、娘10歳、長男7歳、次男4歳)。
・長い期間、繰り返し遊びたい。
・我が家はお金がない。本当に買う必要があるかどうか、厳選したい。

 今回の候補は、「クランク!(Clank! : A Deck-building Adventure)」です。 




★ゲーム内容の確認
 以下項目について、確認を行います。
1)基本情報:プレイ人数、プレイ時間など
2)テーマ:世界観、ゲームのあらまし
3)外観:絵柄、コンポーネントなど
4)ルール:手順概要、特徴的な要素など
5)遊びやすさ:言語依存、リプレイ性など
6)入手性:価格、在庫状況など
20210811zc01.jpg


1)基本情報
・タイトル:クランク! デッキビルディング・アドベンチャー
・作者: Paul Dennen
・原題:Clank! A Deck-Building Adventure
・発売年:2016年
・出版社(一例):Renegade Game Studios [1]
・プレイ人数:2~4人
・プレイ時間:60分
・推奨年齢:13歳以上
[1]Renegade Game Studios: Clank! A Deck-Building Adventure

2)テーマ
・年代:不明
・場所:剣と魔法の世界
・プレイヤーの立場:宝を狙う盗賊
・目的:ドラゴンの洞窟から宝を持ち出すこと。
・行うこと:
 ・ドラゴンの洞窟を探検し、宝を集める。
 ・仲間や装備を集める。
 ・モンスターと戦う。
 ・ドラゴンの攻撃に耐える。

3)外観
・絵柄:アメコミ風、色使いは暗め。
・コンポーネント:
 ・ボード:ゲームボード1枚
 ・カード:モンスター、仲間など 約180枚
 ・木製コマ:プレイヤー、マーカーなど 約150個
 ・紙製タイル・チップ類:宝など 約70個
 ・その他:袋 1個
・サイズ感:箱30cm×30cm、ボード=40cm×40cm程度?(推定)

4)ルール
 以下、英語語版マニュアル(Renegade Game Studios、2016年版)を参照した情報。

○基本システム
・デッキ構築(個人別山札からの繰り返しカード使用)。
・接続マス移動による物品獲得。

○大まかな手順
1.開始プレイヤーから、時計回りで手番を取る。
2.手番のプレイヤーは、以下を順に行う。
 1)手札5枚を好きなだけ使って、アクションを実行する。
 2)使ったカードは、自分の捨て札置き場に捨てる。
 3)自分の山札から、手札を5枚に補充する。
 4)山札が尽きたら、捨て札を切って、山札とする。
3.カード売場の補充時、条件によってドラゴンの攻撃がある。
4.各プレイヤーが、手番を繰り返す。
5.誰かが倒れるか、脱出すると、終了条件が満たされる。
6.終了条件の後、4手番以内に脱出できない人は全員倒れる。

○勝敗
・階層が深い位置で倒れた人は、得点ゼロ。
・階層が浅い位置であれば、倒れても得点はできる。
・もっとも得点が高い人が勝ち。得点源には、以下がある。
 ・ドラゴンの宝(アーティファクト):深いところほど高得点。
 ・その他の宝:ボーナスチップ、購入アイテム、コインなど
 ・カード:仲間、宝など
 ・最初に脱出した人のボーナス

○アクション
 カードのアイコン消費や、カードの効果により、各アクションを実行できる。
a)移動:靴マーク。洞窟内を移動する。
b)獲得:四角マーク。カードを入手する。
c)戦闘:剣マーク。モンスターと戦う。
d)使用:カードの効果を使用する。

○特徴的な要素
・初期デッキは、全員共通の10枚のカード。
 ・手札は5枚。
 ・カードを支払って、別のカードを購入できる。
 ・カードは、繰り返し使えるものと、使い捨てがある。
・手番後に、ドラゴンの攻撃が発生することがある。
 ・「Clank!」のカードを使ったら、場の自色キューブが1個増える。
 ・ドラゴン攻撃時は、場のキューブを袋に入れる。
 ・袋から、攻撃回数だけのキューブを引く。
 ・自色のキューブがあった人は、攻撃を受ける。
 ・所定回数の攻撃を受けると、倒れて脱落となる。
・1人が脱出した後は、ドラゴンの攻撃が激しくなる。
 ・4手番以内に脱出できない人は、全員倒れる。

5)遊びやすさ
・言語依存:
 ・カードの中には、文字を読む必要があるものがある。
 ・カードの固有名詞が、文字で記載されている。
・プレイ人数依存:
 ・プレイ人数により、タイル数などの調整がある。
・リプレイ性:
 ・使用物品変化:ボードは両面仕様。裏面は上級者向け。
 ・ランダム要素:
  ・ボーナスタイルの配置はランダム。
  ・売場のカードの登場順はランダム。
  ・手札の引きはランダム。


6)入手性
・日本語版:
 ・日本語版はアークライトから出版されている。定価6380円。
 ・アマゾンで普通に入手できる。約5000円。
※2021/8現在の状況。



★考察:「クランク!」の魅力と懸念点
 剣と魔法の世界で、ドラゴンの攻撃におびえながら洞窟を探検するゲーム。ワクワク・ドキドキ感が高そうです。本格的なデッキ構築ゲームの経験がないので、新鮮な経験ができそうです。

◎魅力を感じた点
・深いところの高い宝を取るか、浅いところで安い宝を取るか。深くまで行くと、他プレイヤーが先に脱出して、自分は帰れなくなるかもしれない。他プレイヤーの動向を探りながら遊ぶプレイ感が楽しそう。
・アイテムや仲間のカードを増やして、デッキを強化していく楽しみ。パワーアップして強いモンスターを倒したり、深いところの宝を取りに行くのは、達成感がありそうだ。
・ドラゴンの攻撃。音をたてた回数だけキューブを置いて、ドラゴンの攻撃では、そのキューブを袋から引く。誰が攻撃を受けるか、受けないか、毎回ドキドキするスリルを味わえそうだ。

◎懸念点
・カードのプレイが、同時に何枚でも出せる。靴・剣・技の3種類があって、それぞれについてマーク数が累積し、アクションポイントのように消費ができる。どれを何点使ったか、頭の中で計算しないといけない。小さい子供(長男7歳、次男4歳)や、短期記憶の劣化した大人(私46歳)は、かなり難儀しそうな気がする。
・手番の時間。カードを同時に何枚でも出して処理するので、1手番に時間がかかりそうだ。ほかのプレイヤーは待っているだけになってしまうので、退屈してしまいそうだ。プレイ時間も長くなるだろう。我が家は長考族が多いので、おそらく2時間コースか。
・途中脱落がある。途中で体力がゼロになると倒れて、以降はゲームに参加できない。指をくわえて待っているのは、待つ方も、待たせる方も、たいへん心苦しいものだ。


★判定結果:「クランク!」は買うべきか?
 以上を踏まえて、「クランク!」を買うべきかどうか、判定しました。

 判定結果:うちには必要ない。

※今すぐ買う/ぜひ買いたい/うちには必要ない、の3段階評価。

 ドラゴンの宝をかけてのチキンレース。設定もシステムも面白く、ハラハラ・ドキドキのゲームを楽しめそうです。ただ、多数のカードを同時に処理するために、ダウンタイムが長くなりすぎる心配があります。途中脱落がある仕組みも微妙です。せっかくみんなで遊ぶのだから、全員、最後まで楽しみたいのです。残念ながら、購入は見送りとします。




この記事が役立ちましたら、ランキングクリックをお願いします:
PVアクセスランキング にほんブログ村
技術・工学ランキング


関連記事
↓↓↓子供と学ぶ、プログラミング学習&論理的思考↓↓↓ 20190217_logicalprog.jpg






管理者にだけ表示を許可する

★コメント受付に時間がかかることがあります★






トラックバック
TB*URL





Copyright © 家と子供と、今日のおじさん(仮). all rights reserved.