家と子供と、今日のおじさん(仮)

2017年築の家で、妻+子供3人と過ごす記録です。ほのかに工学テイスト。


☆祝☆ 200万ページビュー! ご訪問に感謝します。

↓↓↓子供と楽しむボードゲーム↓↓↓ 子供と遊ぶボードゲーム



8月は小樽で過ごします。小樽からは、携帯電話機で小ネタをお送りします。

小樽で世界旅行ができる?そんな馬鹿なことは、もちろんありません。

「ファンタジーワールド小樽」は、「銀の鐘」の2号館にあります。ここには、世界各国のジオラマが、11セットも展示されています。
ジオラマの製作はドイツのSAB社だそうです(私は聞いたことがありませんが、有名なのでしょうか)。1980年代の街並みのジオラマらしいので、海外で不要になったものを買い上げてきたのかもしれません。
スケールは明記されていませんが、人間のサイズから、概ね1/100程度でしょうか。

ジオラマは、縦横2メートルほどのショーケースに入って展示されています。説明用のミニプレーヤーを貸し出してくれて、各都市の説明を聞けます。

ジオラマのほとんどは、世界的に有名な都市を再現したものです。ドイツ、オランダ、フランス、スイス、デンマーク、イギリス、イタリア、アメリカ、中国(香港)。日本がないところを見ると、やはりドイツあたりの中古品の払い下げと思われます。

肝心のジオラマの出来ですが、ひとことで言うと、しょぼい。人々が歩いたり、電飾が灯ったり、凝っているのですが、なにせショーケースに閉じ込められた「箱庭」ですから、臨場感がない。いや、これだけのものを作るのが、とても大変だとは分かっているんですけど。
「世界旅行の気分に浸ろう」という演出も、あまり頂けません。せっかくの手の込んだジオラマなのですから、ジオラマのギミックの説明や、製作の過程や苦労話を盛り込んでくれた方が、見どころのある展示になったのでは、と思います。
約6ヶ月の娘を連れて見ましたが、彼女は終始、ミニプレーヤーのヒモに食い付こうとしていました。娘には楽しめたのかもしれません。

堺町通り、メルヘン交差点の近く。720円。おすすめしませんが、「しょぼいものみたさ」で見ても構いません。


個人的な見どころは、「アムステルダム」の自転車に乗った人形たち。身長が2センチもないくせに、ちゃんとペダルを漕いでいるんです。間違って入ってしまった場合には、ご注目を。


育児の応援、お願いします。→FC2 Blog Ranking
関連記事
↓↓↓子供と学ぶ、プログラミング学習&論理的思考↓↓↓ 20190217_logicalprog.jpg






管理者にだけ表示を許可する

★コメント受付に時間がかかることがあります★






トラックバック
TB*URL





Copyright © 家と子供と、今日のおじさん(仮). all rights reserved.