家と子供と、今日のおじさん(仮)

2017年築の家で、妻+子供3人と過ごす記録です。ほのかに工学テイスト。


☆祝☆ 200万ページビュー! ご訪問に感謝します。

↓↓↓子供と楽しむボードゲーム↓↓↓ 子供と遊ぶボードゲーム

 神奈川県藤沢市では、2021/2/9~2021/4/4の間、「エノシマトレジャー2021・第二章~悲しみの勇者の物語~」が開催されています[1]。毎年開催されているイベントで、今年も、このエノシマトレジャー(通称「エノトレ」)を楽しみました。今年は2021年1月まで第一章が開催され、2月から第二章(江の島編)が始まりました。

 ★2021年・第一章の記事は →こちら
 ★2020年の記事は →こちら
 ★2019年の記事は →こちら
 ★2018年の記事は →こちら
 ★2017年の記事は →こちら
 ★2016年の記事は →こちら
 ★2015年の記事は →こちら
 ★2014年の記事は →こちら。
 ★2013年の記事は →こちら
 ★2012年の記事は →こちら

[1]タカラッシュ:ハンターズヴィレッジ - エノシマトレジャー第二章
https://huntersvillage.jp/quest/fujisawa2021_2

 開催期間があと2週間ほどとなりましたので、ネタばらしにも似た「クチコミ情報」(寸止め回答集)を書きます。何時間も歩き回ってもどうしても解けない場合、小さい子供が「だっこ/おんぶ」を要求して困り果てた場合、などなど、最終・最後のヒント・解決手段としてご活用ください。

 この記事は<前編>です。後編は、→こちら(2021/3/21夜に公開予定)。


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
 これから取り組もうとしている方は、
 見ないように注意してください。
 自力で探したほうが、何倍も楽しめます。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


 毎度ながら、たいへんよくできた宝探しイベントです。内容を味わいつくし、遊びつくすために、この記事を書きました。イベント開催者の皆様に、感謝します。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
 <注意!!>ここから先は、ネタバレがあります。
 もう一度、もう10分だけ、自分の力で考えてください。
 自力で解く楽しみを捨ててしまって、本当に良いですか?
 熟考の上、この先を読むかどうか、決めてください。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★



★エノトレ2021第二章:片瀬・江の島完結編
 今年度(2020年~2021年)のエノトレは、第一章と第二章が開催されます。第一章は、2020年10月~1月まで開催されて、藤沢本町編でした(詳しい記録は、→こちらの記事)。そして、2021/2/9~4/4まで、第二章である「片瀬・江の島完結編」が開催されています。

 第一章に続いて今回も、家族5名(私、妻、娘10歳、長男6歳、次男4歳)で参加しました。参加日は2021/2/21(日曜日)、午前10時頃から捜索を開始しました。現地までは自動車で行って駐車場に止めて、捜索はすべて徒歩でした。


★謎1.龍の口の示す場所
 では、さっそくスタートです。駐車場に車を止めて、江の島周辺を散歩する私たち。事前に、パンフレットの最初のストーリーを読み、謎1~3を見ていたのですが、さっぱり分からないので、あてもなくさまようしかなさそうです。

 ここ江の島は、有名な観光地だけあって、複数の公共交通機関の駅があります。写真は、いつもの小田急線(片瀬江ノ島駅)ではなく、江ノ電(江ノ島電鉄)・江ノ島駅と、湘南モノレール・湘南江の島駅です。エノトレのパンフレット(宝の地図)にある捜索マップでも、この2つの路線は、それぞれ緑の線、赤い線で示されています。ところで、緑と赤といえば、謎1にも、両色の線が描かれています。何か関係があると、良いのですが。
20210309ze1100a.jpg20210309ze1100b.jpg

 例によって、謎はおいておいて、観光に夢中になってしまう私たち。地図と思われる謎1の絵には、竜(「龍」)の「口」のあたりにバッテン印があり、ここを目指さなければならないのに、目の前にあるのは立派なお寺。これで良いのか、と思いつつ、大きな「二つの門」をくぐると、「正面」に大本堂が見えました。1832年建立の、木造の「建物」です。
20210309ze1102.jpg 20210309ze1104.jpg

 これまたなぜ、なぜか、私たちは大本堂の「左手」のほうが気になってしまいます。この建物の下の方(あるいは「足」)の部分に、吸い寄せられていくのでした。
20210309ze1107.jpg

 …すると私たちは、「手がかり1」を見つけたのです!!
20210309ze1107a.jpg

 今回のエノトレでは、見つけた「手がかり」に記載されたキーワードを、スマーホからWebサイト(作中では「フクロウ」と呼称)に入力する方式となっています。私はスマーホレスな生活を志向しているため、妻の端末に入力します。入力するのは、娘10歳です。正しく入力すると、先の謎に必要な手がかりが、画面に表示されます。メモしておきましょう。
20210309ze1108.jpg


★謎2.バラバラな文字が導く場所
 さて、謎2です。いくつもの文字が、いっけんバラバラに配置されています。そのままでは意味が通じないので、いくつかのグループに分けてみるのが吉かもしれません。例えば、「シリリリ」「自・田・サ」「ハ・ム」「□の中に土・ロ・イ・く」、と分けてみましょうか。各グループの文字を組み合わせて、別の文字になりそうに見えます。例えば、「ハ・ム」は、あの漢字1文字になりそうですね。この調子で考えれば、暗号は4文字の漢字になるかもしれないし、ならないかもしれません。そして、捜索マップをみて、その場所が分かると助かるのですが…。

 で、その目的地と関係あるかどうかは秘密ですが、この日は天気が良く散歩に好適でしたので、川沿いを歩いて、公園に行くことにしました。子供たちが一緒だと、公園は訪問必須スポットだと思います。
20210309ze1200.jpg 20210309ze1201.jpg

 「青」と「銀」の色の滑り台もあり、ブランコもあり、子供たちが遊ぶのにちょうどよいです。まだ始まったばかりだけれど、ひと遊びしていきますか?(彼らは、滑り台を逆から登る「坂道」コントのような遊びが好きです)
20210309ze1206.jpg

 …などと思っていたら! 2つ目の手がかりが、目の前にあるではないかッ!!
20210309ze1204.jpg

 ここの手がかりは、ちょっと複雑なので、メモが大変かもしれません。文字は多いですが、子音と母音に分解して考えることに気が付けば、最小限のメモで済むと思います。
20210309ze1208.jpg


★謎3.2つの矢印とカタカナの羅列
 さて、謎3です。カタカナの羅列があり、上には→と←の矢印があります。試しに、カタカナを一番上の行から読んでみると、1行目は意味がありそうな文になります。ところが、2行目は意味不明です。そして3行目は、普通に読めそうです。どうも、偶数行が、そのままでは読めないように見えます。日本語は、普通は左から右(「→」の方向)に読むものですが、その考え方を変えないとダメなのかもしれません…。分からない、もはや投げ出してしまいそうです!

 暗号を解読できたのかどうか分かりませんが、何となく江の「島に向かって歩」く私たち。江の島の前の大きな道路を渡るときは、この地下道(「地下の道」)を通ると安全です。江の島に続く道の入口には、左右に「2つの灯篭(とうろう)」が並んでいます。さあ、江の島に、レッツゴー!!
20210309ze1304.jpg 20210309ze1305.jpg

 …と、思いきや。子供たちは、「左」にある地下に向かう階段を、下りていきます。なんでそっちに行くんだぁ~!?
20210309ze1307.jpg

 そして「再び地上に出」た私たち。近くには、「半円」のような形状の場所があるくらいで、これといった手がかりは見つかりそうにありません…。
20210309ze1308.jpg

 ところがどっこい、ギッチョンチョン! 子供たちはもう、「手がかり3」を見つけていたのです!
20210309ze1309.jpg


★謎4.いろいろな鉱石
 謎1~謎3までを解いた私たちは、あらためて謎4~謎6を確認しました。するとどうでしょう、ここまで入手した手がかりを利用すれば、謎4~6が解けそうではありませんか。謎4から順次、解決していくことにしました。

 謎4のフセ字(●印)は、ここまでの手がかりで、すでに解消しているはずです。これらフセ字と、数字を使えば、この暗号は私にだって解けそうに見えます。ただ、最初の①②③④のところは、場所の名なのですが、江の島になじみのない人だと、分かりにくいかもしれません。ここの場所は「捜索マップ」に載っているのですが、ちょっと特殊な読み方をするので、よく確認してみて下さい。

 ともあれ、謎4からは、江の島の島内に入るようです。謎1~3が終わっていない人は、まだ島内に入らないよう、注意してください。戻ってくるのは大変ですからね!
20210309ze1402.jpg

 謎が分からないときは、とりあえず島内の名所めぐりをすると、なにかひらめくかもしれません。「江島神社」は有名な観光スポットで、島内には「辺津宮(へづみや、へづのみや)」「中津宮(なかつみや、なかつのみや)」「奥津宮(おくつみや、おくつのみや)」の三つの神社があります(このほか、「龍宮(わだつみのみや、りゅうぐう)」というお宮もある)。写真は最初に出会う「辺津宮(ヘヅミヤ)」です。
20210309ze1406.jpg

 左手を見ると、たくさんの「絵馬(エマ)」と、奥には「石碑(セキヒ)」が見えました。例によって、謎4と関係があるかは、トップシークレットなわけですが。
20210309ze1408.jpg

 そして見事! 手がかり4を発見しましたッ!!
20210309ze1409.jpg


★謎5.古代の文字
 謎5は、古代文字で示された文章のようです。この文字は、謎1~謎3を解いた人なら、すぐにピンとくると思います。しっかりメモしてあるでしょうか? メモさえ間違っていなければ、手間はかかりますが、解読は難しくないと思います。
 
 とはいえ、謎解きも大事ですが、観光も進めなければなりません。せっかく天気がよく、お散歩日和なのですから。そんなわけで、「謎4の答えの地(ナゾヨンノコタエノチ)」を後にして、「鳥居(トリイ)」の先の階段を下りる私たち。この先は、「右」に道が曲がっているようです。道の横には「灯篭(トウロウ)」などもあり、風流ですね。
20210309ze1501.jpg 20210309ze1503.jpg

 おっとビックリ! こんなところで、手がかりを発見してしまった私たち。
20210309ze1504.jpg


★謎6.症状を取り除き、最悪のケースを回避せよ
 謎6も、先の謎1~謎3の成果を使って解く問題です。ここまでの手がかりで、「症状」と「最悪のケース」がなにか、分かりました。しかし、「取り除く」「回避せよ」という指示が、なんのことやらサッパリコン。こんな時には、私の暗号豆知識が役に立つでしょうか。ポピュラーな暗号として、「タヌキ」の暗号があります。これは、いっけん意味のないカタカナだけの文章の横にタヌキの絵が添えられているものです。タヌキ=「タ」抜き、ということから、「タ」の字を元の文章から消すと、意味のある文章が浮き出してくる、という仕組みです。これを応用して、複数の文字(カタカナの場合が多い)を取り除く暗号も、作られることがあります。以上、暗号豆知識コーナーはおしまい!

 では、引き続いて、観光コーナーをお楽しみください。これは江島神社の第2の宮、「中津宮(ナカツミヤ)」です。左に曲がって進むと、左側に林のような、たくさんの「木」が並んでいます。そして林の中には、四角く加工された石が、何個も重ねて積んであります。これらの石は、もとは「石碑(セキヒ)」だったのでしょうか?
20210309ze1601.jpg 20210309ze1601a.jpg

 …とかなんとか言っていたら、6番目の手がかりをゲットしていた私たち。 イエイ!
20210309ze1604.jpg


★謎4~6を組み合わせて、次の目的地へ!
 さて、謎4・謎5・謎6の手がかりを手に入れたら、3つの情報を合わせて示される地へ向かおう、と、パンフレットに書かれています。これらの手がかりは、1個ずつでは何を示しているのか分かりません。しかし、3個が揃うことで、次に向かう場所が分かるはずです。
 …残念ながら、まったく分かりません。仕方がないので、パンフレットの捜索マップを見て、あたりを付けることにしました。ご存知の通り、この捜索マップには、代表的な地名(「チ」メイ)が、黒い丸印(「クロ」い「マル」じるし)で示されています。黒丸を一個ずつ見ていくと、あれ、おかしい。1個だけ、地名が記されていない黒丸があるようなのです。これって、ミスプリントでしょうか? それとも、ここは、もしかすると、そもそも名前がない、名もなき(「ナモナキ」)場所なのかもしれません…。まさか、そんなわけ、あるはずがないか。

 悩んでいるうちに、昼どきになってしまいました。私たちは、江の島灯台「シーキャンドル」前の広場(なんという名前の広場なのか不明ですが)で、休憩をとることにしました。
20210309ze2705.jpg

 ここまで、謎1~謎6を完了し、謎7を解く準備が整いました。前半である、この記事は終了です。
 後編に続きます。→こちら(2021/3/21夜に公開予定)。


★おまけ:大黒屋のせんべい「東男」
 休憩中に食べた、現地で調達した「おやつ」を紹介します。「龍口寺(りゅうこうじ)」の近くにある、おせんべいやさん「大黒屋(だいこくや)」で購入したのり巻き「東男(あづまおとこ、あずまおとこ)」です。1袋100g=約700円。
20210309ze1999.jpg

 海苔の風味がよく、軽い口当たりのサクッとした生地で、シンプルな醤油味でした。高価ですけども、おいしいですよ。江の島土産としては、私のオススメ商品です。
20210309ze1999a.jpg


この記事がインプレッシブでしたら、ランキングクリックをお願いします:
PVアクセスランキング にほんブログ村
技術・工学ランキング
関連記事
↓↓↓子供と学ぶ、プログラミング学習&論理的思考↓↓↓ 20190217_logicalprog.jpg






管理者にだけ表示を許可する

★コメント受付に時間がかかることがあります★






トラックバック
TB*URL





Copyright © 家と子供と、今日のおじさん(仮). all rights reserved.