家と子供と、今日のおじさん(仮)

2017年築の家で、妻+子供3人と過ごす記録です。ほのかに工学テイスト。


☆祝☆ 200万ページビュー! ご訪問に感謝します。

↓↓↓子供と楽しむボードゲーム↓↓↓ 子供と遊ぶボードゲーム

 エプソンのプリンター複合機「ビジネスプリンター・PX-M780F」を買いました。 主な用途は、小学生の家庭学習用の、参考書のコピーです。


★小学校が休校!家庭学習にはコピー機があると便利
 コロナウイルスの影響で、小学校の休校が続いています。我が家の娘9歳も、休校の中で、小学4年生に進学することになりました。

 休校中は、妻が、家庭学習を担当しています。いろいろな参考書やドリルを使っています。ただ、参考書は、そのままだと使いにくい(紙面に書きにくい、繰り返し学習できない、親子で同時チャレンジができない、など)とのことから、コピーをして使っています。従来、コピーのために、コンビニに出かけていましたが、手間ですし、この状況下では外出が増えることはリスクです。
 
 そんなわけで、自宅にコピーのできるプリンターを購入することにしました。購入にあたり、以下のポイントから、絞り込みを行いました。

1)メーカー:エプソン
 現在の家庭用プリンターの有力メーカーは、エプソン、キヤノン、ブラザー、3社と思われます。この中から、まずメーカーを決めることにしました。ここは、完全に私の好みだけで、エプソンを選びました。エプソンのプリンターは、私の父が長い間使用しており、なじみがあり、信頼感があります。また、キヤノンは、私の一眼カメラ(オリンパス)と競合しますし、ブラザーは、我が家のミシン(シンガー)と競合します。そんなわけで、エプソン以外には選択肢がないのです。

2)型式:ビジネスプリンター
 エプソンの家庭用プリンターには、大きく3つのラインがあります。1つは、写真に強い「カラリオ(Colorio)」。2つめがインクが経済的な「エコタンク搭載モデル」。そして3つめが、ビジネス使用も想定した「ビジネスプリンター」です。
 私の用途は、子供の学習資料のコピーです。このためには、①印刷コスト、②印刷スピードが重要です。画質は重要ではありません。また、カラー印刷も、重要視しません。上述の3ラインの2~3万円程度の製品について、モノクロでの①印刷コストと②印刷スピードを比較しました。(カラリオは、カラーのみカタログスペックが掲載されていました。)
・カラリオ EP-882AW:①12.0円/枚、②1.2枚/分 ※カラー
・エコタンク搭載 EP-M552T:①1.2円/枚、②6枚/分
・ビジネスプリンター PX-M780F:①2.2円/枚、②20枚/分

 印刷コストは、エコタンク搭載モデルが有利です。しかし、印刷スピードは、ビジネスプリンターが優れています。今回、参考書のコピーを目的としているので、印刷に時間がかかると、ストレスが溜まります。そこで、ビジネスプリンターを選ぶことにしました。

3)サイズ:A4対応
 学習用のプリンターとしては、参考書を見開きでコピーできる、A3サイズ対応が便利、という情報もありました。しかし、A3サイズのプリンターは、かなり巨大で、重量があります。例えば、エプソンのビジネスプリンターでは、A3対応で最小のPX-M5080Fでも、幅567mm×奥行452mm×高さ340mmです(収納時)。しかも重量は、驚きの18.7kg!ひとりでは、移動ができない重さです。とても我が家には、置き場がないと判断しました。
 A4対応であれば、PX-M780Fで、幅425×奥行378×高さ249mm。重量は9.1kgです。これならば、家庭用として、どうにか許容できると思います。

4)機能:カラー印刷、コピー対応
 用途から、パソコンにつながず、コピー機として使えることが必須です。また、カラー印刷・カラーコピーもできるものがよいです。さらに、サイズはできる限りコンパクトなものを求めます。

5)価格:3万円以下
 最後に価格です。予算および市場実勢価格から、3万円以下に設定しました。

 以上の選定基準から、次の機種を、購入候補としました。
a)PXーM780F 20000円
b)PXーM680F 18000円
c)PX-M650F 16000円
※価格はヨドバシドットコム。2020/5現在、税込、1000円単位丸め。



★エプソン・PX-M780Fを購入!
 選定候補のうち、M650Fは、やや旧式で、上面が複雑な形状で、掃除が面倒そうなので敬遠しました。M680FとM780Fは、外観は同一ですが、使用できるインクカートリッジが違います。M780Fのほうが、大容量のインクカートリッジに対応していて、印刷コストが低くなっています。
 以上の検討結果から、PX-M780Fを購入しました。
20200502zp020.jpg

 上面が開いて、スキャンやコピーができます。用紙を自動で送ってくれる、オートフィーダ―も搭載されています。ただ、参考書のコピーが多いので、あまり使う機会はないかもしれません。
20200502zp022.jpg

 リビングの横に置きました。高さがあるので、かなり存在感はありますが、大きな違和感はないサイズだと思います。最近のプリンタでは珍しくないですが、本プリンタはワイヤレスで印刷できるので、配線は電源だけです。すっきりして良いです。
20200502zp101.jpg

 操作は、液晶パネルです。耐久性に、やや心配はありますが、最近の流行ですので、仕方ないのでしょう。
20200502zp213.jpg

 コピーだけなら、操作はとても簡単です。上面カバーを開いて被コピー物をセットして、コピーボタンを押すだけ。娘9歳も、すぐに使えるようになりました。ただ、カバー部分が重い(フィーダー内蔵のため)わりに、ヒンジ部分がきゃしゃです。コピーするときに、カバーがガタガタと揺れて、優しく扱わないと故障しそうで、心配です。
20200502zp221.jpg

 実際の、印刷の様子を、動画にまとめました。印刷スピードがとても速くて、サクサクと快適にコピーができます。 コンビニにコピーに行く手間が省けて、あれこれコピーを気軽にできて、たいへん便利です。これは、良い買い物でした!



★インクの印刷枚数は、どれくらい?
 プリンターの一番の心配は、インクのコストです。このプリンターのインクは、83番、84番のインクカートリッジです。全5色セットだと、なんと14000円もします!!


 本体にインクが付属していますが、これはモニター用(動作確認用)とのことです。ですので、あまり長持ちするとは、期待できません。
20200502zp301.jpg 20200502zp306.jpg

 このモニター用インクを使って、購入後2週間で、モノクロを約500枚刷りました。インクは、1/4ほど残っているようです。
20200502zp311.jpg 20200502zp312.jpg

 交換用に、黒のカートリッジ(純正)を購入してあります。こちらは約5000円。カタログスペックによれば、2600ページを印刷できるそうです。1枚あたり、約2円のコストとなります。実際、どれだけ持つか分かりませんが、コンビニのコピー機を使うことを思えば、かなり低コストです。そしてなにより、往復の手間を省けるのがありがたいです。
20200502zp321.jpg


★まとめ:高速印刷で快適!エプソンPX-M780F
 エプソン・ビジネスプリンター「PXーM780F」を買いました。良い点・気になる点をまとめます。

<良い点>
・印刷がとても速くて、気軽に使える。
・コピーの操作はボタン1つで、子供でも簡単にできる。

<気になる点>
・スキャンするときに開くカバーのヒンジがきゃしゃに見える。耐久性が心配。
・インクが高価。カタログスペック通りに持つか、経過を観察したい。

 コピーがたいへん速くて、ストレスなく使用することができます。小学生の家庭学習のための、参考書のコピーに、大活躍しそうです。



この記事が役立ちましたら、応援をお願いします:
PVアクセスランキング にほんブログ村
技術・工学ランキング
関連記事
↓↓↓子供と学ぶ、プログラミング学習&論理的思考↓↓↓ 20190217_logicalprog.jpg






管理者にだけ表示を許可する

★コメント受付に時間がかかることがあります★






トラックバック
TB*URL





Copyright © 家と子供と、今日のおじさん(仮). all rights reserved.