家と子供と、今日のおじさん(仮)

2017年築の家で、妻+子供3人と過ごす記録です。ほのかに工学テイスト。


☆祝☆ 200万ページビュー! ご訪問に感謝します。

↓↓↓子供と楽しむボードゲーム↓↓↓ 子供と遊ぶボードゲーム

鯨の肉を使ったカレー、ハクダイ食品の「くじらカレー」を食べました。


 子供たち(娘9歳、長男5歳、次男3歳)への「食育」の一環として、いろいろな食材を試しています。今回は、「鯨(くじら)」の加工品セットを頼みました。千葉県南房総市千倉町の、「ハクダイ食品」[1]の製品です。以下がセットになっていました。
・くじらのたれ
・鯨の大和煮
・くじらの佃煮
・くじらカレー
[1]ハクダイ食品:http://hakudai.com/
20200320zk01.jpg

 今回紹介するのは、「くじらカレー」です。販売はハクダイ食品ですが、製造元は佐賀県の宮崎醤油、となっています。クジラ肉にはつち鯨(国産)を使っています。
20200320zk51.jpg

 レトルト食品なので、ごはんにかけるだけで、手軽に食べられます。見た目、香りは、ビーフカレーそのものです。味も、ルウの部分は、普通のビーフカレーと、まったく区別がつきません。原材料には「ビーフ調味エキス」とあり、くじらではなく、牛肉の旨みが効いているのかもしれません。辛さは、辛口でした(一般的なレトルトカレーの辛口程度)。
20200412zk22.jpg

 そして、大ぶりのクジラ肉が入っています。クジラ肉のほかの具は、たまねぎ(ソテーオニオン)だけと、いさぎよい仕様です。
20200412zk23.jpg

 この鯨の肉ですが、食感は、よく煮込んだ牛スジ肉のようで、口の中でホロリと崩れます。良好な触感です。牛肉と似ているのですが、しかし、食べ終わった後に、独特の香りが残ります。レバーにも似た、血のような香りです。これは、好みが分かれるかもしれません。私は、この鯨肉も嫌いではありませんが、せっかくなので牛肉を使ったほうが、いっそうおいしいカレーになるのでは、と感じました。

 最近は、普通に見かけることが少ない鯨肉ですが、入手は難しくないようです。私が子供のころ(40年前)には、ごく普通の食材でした。そして今でも、ゲテモノではなく、普通の食材の部類だと思います。いちど試してみるのも、「食育」として、なかなかよいチャレンジではないか、と思います。


この記事を読んで鯨肉を食べたくなりましたら、応援をお願いします:
PVアクセスランキング にほんブログ村
技術・工学ランキング
関連記事
↓↓↓子供と学ぶ、プログラミング学習&論理的思考↓↓↓ 20190217_logicalprog.jpg






管理者にだけ表示を許可する

★コメント受付に時間がかかることがあります★






トラックバック
TB*URL





Copyright © 家と子供と、今日のおじさん(仮). all rights reserved.