家と子供と、今日のおじさん(仮)

2017年築の家で、妻+子供3人と過ごす記録です。ほのかに工学テイスト。


☆祝☆ 200万ページビュー! ご訪問に感謝します。

↓↓↓子供と楽しむボードゲーム↓↓↓ 子供と遊ぶボードゲーム

千葉県の名物「くじらのたれ」を、はじめて食しました。


 子供たち(娘9歳、長男5歳、次男3歳)への「食育」の一環として、いろいろな食材を試しています。今回は、「鯨(くじら)」の加工品セットを頼みました。千葉県南房総市千倉町の、「ハクダイ食品」[1]の製品です。以下がセットになっていました。
・くじらのたれ
・鯨の大和煮
・くじらの佃煮
・くじらカレー
[1]ハクダイ食品:http://hakudai.com/
20200320zk01.jpg

 今回紹介するのは、「くじらのたれ」です。「のたれ」ではなくて、「鯨の、たれ」です。学生時代のサークル活動(ソフトテニス)の試合の会場を間違えて、千葉県・千倉町白子を訪れたときに、「くじらのたれ」の旗が道端に掲げられており、これは何だろう、と思ったことがありました。あれから約四半世紀が過ぎて、感動の再会、となりました。食べるのは、はじめてのことです。
20200320zk10.jpg

 ハクダイ製品のホームページ[1]によると、「くじらのたれ」は、以下のように説明されています:
「赤身(赤肉)を醤油ベースや塩ベースの「たれ」に一晩漬け込み天日で干した言わば「鯨の干物」で、房州地方の味覚の代表格です。」
 パッケージによると、使っている鯨は、「つち鯨」だそうです。体長10メートルほどのクジラのようです。
20200320zk12a.jpg

 この商品は「ソフトタイプ」とのことで、そのまま焼かずに食べられるそうです。レトルト風のパッケージです。
20200320zk13.jpg

 外観は、ビーフジャーキーに似ています。繊維状で、細かく割けるところもビーフジャーキー風です。そのまま食べてみましたが、ビーフジャーキーとは全く別物でした。カワハギのような、味付けした魚のおつまみに似た味です。魚っぽい、海の味がします。正直、あまりおいしいとは言えない、珍味です。
20200320zk15.jpg

 軽くフライパンで焼いてみました。歯ざわりが改善して、そのままよりも食べやすいと思います。(とはいえ、食べやすい食べ物とは言えない、というのが、正直な当方の感想です。酒のつまみには、良いのかもしれません。お酒は飲みませんが。)
20200320zk16.jpg

 子供たちにも与えましたが、ひとくちだけ食べて、あとは一切手をつけませんでした。妻も同じ。それはまあ、そうだろうねえ。しかし反面、ほかにはない味わいです。また食べたくなる味、と言える可能性がないと断言できるとは限らないでしょう。


応援をお願いします:
PVアクセスランキング にほんブログ村
技術・工学ランキング
関連記事
↓↓↓子供と学ぶ、プログラミング学習&論理的思考↓↓↓ 20190217_logicalprog.jpg






管理者にだけ表示を許可する

★コメント受付に時間がかかることがあります★






トラックバック
TB*URL





Copyright © 家と子供と、今日のおじさん(仮). all rights reserved.