家と子供と、今日のおじさん(仮)

2017年築の家で、妻+子供3人と過ごす記録です。ほのかに工学テイスト。


☆祝☆ 200万ページビュー! ご訪問に感謝します。

↓↓↓子供と楽しむボードゲーム↓↓↓ 子供と遊ぶボードゲーム

 神奈川県藤沢市では、2020/2/8~3/31の間、「エノシマトレジャー2020 ~2つの島と世界の秘密~」が開催されています[1]。毎年開催されているイベントで、今年も、このエノシマトレジャー(通称「エノトレ」)を楽しみました。今年は15周年記念にあたるそうです。
 ★2019年の記事は →こちら
 ★2018年の記事は →こちら
 ★2017年の記事は →こちら
 ★2016年の記事は →こちら
 ★2015年の記事は →こちら
 ★2014年の記事は →こちら。
 ★2013年の記事は →こちら
 ★2012年の記事は →こちら

[1]タカラッシュ:エノシマトレジャー
https://www.takarush.jp/promo/fujisawa2020/

 開催期間があと2週間ほどとなりましたので、ネタばらしにも似た「クチコミ情報」(寸止め回答集)を書きます。どうしても解けない場合、すぐに終わらせたい場合、小さい子供が「だっこ/おんぶ」を要求して困り果てた場合、などなど、最後のヒント・解決手段としてご活用ください。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
 これから取り組もうとしている方は、
 見ないように注意してください。
 自力で探したほうが、何倍も楽しめます。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


 毎度ながら、たいへんよくできた宝探しイベントです。内容を味わいつくし、遊びつくすために、この記事を書きました。イベント開催者の皆様に、感謝します。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
 <注意!!>ここから先は、ネタバレがあります。
 もう一度、もう10分だけ、自分の力で考えてください。
 自力で解く楽しみを捨ててしまって、本当に良いですか?
 熟考の上、この先を読むかどうか、決めてください。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★



★エノトレ2020、江ノ島エリア・序盤
 今年のエノトレは、「江ノ島エリア」と「藤沢・藤沢本町エリア」の、2つの捜索エリアで開催されます。そして江ノ島エリアでは、物語を進めると、途中で難易度の違う2コース、「レギュラーコース」と「スペシャルコース」に分岐します。もちろん、エノトレ・フリークを自称する私は、すべてのコースを堪能しました!
20200224ze01.jpg

 本記事では、江ノ島エリアで、レギュラーコースとスペシャルコースに分岐する箇所から書きます。これ以外については、以下の各記事をご参照ください。
★2020年 江ノ島エリア・序盤(分岐前)の記事は、→こちら
★2020年 江ノ島エリア・レギュラーコース(分岐後)の記事→本記事
★2020年 江ノ島エリア・スペシャルコース(分岐後)の記事→3/21公開予定
★2020年 藤沢・藤沢本町エリアの記事→3/24公開予定


★レギュラーコース突入:謎の騎士と戦う!
 江ノ島エリアの分岐で、「謎の騎士と戦う」を選択する場合、以降は「レギュラーコース」となります。レギュラーコースの難易度は★★で、スペシャルコースの★★★★に比べて、低く設定されています。また、分岐から発見報告(ゴール)までの時間は2時間程度とされ、レギュラーコース・スペシャルコースで変わりません。それと、スペシャルコースは、有料施設内に入ります。

 今回の記事では、「レギュラーコース」で進めていきます。
20200224ze25a.jpg

 さて、謎解きはさておき、江の島観光情報です。江の島をちょうど二分する堺となっている「山二つ」という場所を、ご存知でしょうか。ぜひ足を止めて、ゆっくりと眺めを楽しみたい場所です。
20200224ze31.jpg 20200224ze31c.jpg

 サムエル・コッキング苑の入口から歩いてくると、山二つを過ぎるところまで、下り階段が続きます。そしてここから、登り階段が始まります。「再び階段上る」ことになります。上りにそなえて、体力を回復させるため、「右側にある看板」でも見て、休憩してはいかがかと。ピンク色の看板は、天女様をイメージしているのでしょうか。
20200224ze31d.jpg 20200224ze31e.jpg

 さて、手がかりを見つけた私たちですが、この手がかりは、ちょっとした「謎」になっています。◆◆◆を使うようです(◆はフセ字)。◆◆◆と言えば、エノトレの冊子に、そんなものが載っていた気がします。そう、冊子中央のでっかいスペースにある、アレです。
 手がかりによれば、「●と▲と■」、「★つの▼」を、それぞれホニャララして、※※を作れ、とのことです。しかし、「●と▲と■」なんて、◆◆◆の中に見つかりません。あるのは、「I(アイ)」「O(オー、オウ)」「U(ユー)」などの、アルファベットばかりです。あ、ユーって、Youだから、「友」だちのことじゃん、って、関係あるかーーー(ひとりツッコミ)。
 それから次に、「★つの▼」とは。よくよく見ると、◆◆◆の中に、ありますね、▼のマーク。これはやっぱり、結ぶしかないでしょう。そうして出てきた図形(紋章)を確認すると、冊子2ページの地図に、同じ図形があるではありませんか。

 …そんなこんなで私たちは、江ノ島の奥へと、グイグイ進むことを選択しました。たどり着いたのは江島神社の「奥津宮(おくつのみや)」です。
20200224ze32.jpg

 私たちがどこまで来たのか、「屋根付き看板」で、地図を確認します。ちなみにこの看板の上のほうにあるマークですが、ファミコンゲーム「ゼルダの伝説」の「トライフォース」を思い出させますね。何かの「紋章」なのでしょうか?
20200224ze32b.jpg

 そこでビックリ、ギッチョンチョン! 私たちは、謎の騎士との戦闘に突入するのでした!!
20200224ze32c.jpg


★謎の騎士を追って:竜の炎で燃やせ!
 この謎は、なかなかの難問です。なにしろ「謎の騎士」は、「魔法の壁(障壁)」で、その身を守っているのです。まずはこの「障壁」をなんとかしないと、正しく先に進むことができません。頼りになるのは、おそらく竜の吹く炎でしょう。ただ、炎といえば、燃やせるものに限りがあります。たぶん、「草」は燃えますね。「木」も燃やせそうです。すると残るのは、「石」や「レンガ」、「鉄」といったところでしょうか。これらだけを残すと、タテヨコに組み合わさった格子模様は、かなり変化して、まるで「アミダ」くじのような形になりそうです。
 もし、君が、アミダくじが好きな人であれば、きっと全部の経路を試すのでしょうね。全部の経路を試す場合、左からやりますか、下からやりますか?(もちろん好みで良いのでしょうが、一例として左からやってみると、1個目(一番左の上からスタート)は「リ」、2個目は「ュ」にたどり着きました。)

 と、うっかり「アミダ」に夢中になってしまった私たちですので、次に進むべき場所を見失いがちです。しかし、次の場所が分からなくても、観光であれば可能です。写真は、江の島の伝説「天女と五頭龍」にちなんで造られた鐘で、恋人たちに人気のスポットと聞きます。
20200224ze33.jpg

 さて、冊子には、「ぶら下がるものの下で(中略)見つけろ」とあるのですが、先の手がかりの指示は「外側の(中略)一番上を見ろ」とあります。どちらが正しいのか。上を向いて歩きたい私たちは、とりあえず「上」を探すことにしました。…おっと、いるじゃん!
20200224ze33b.jpg


★謎の騎士と決戦:エノトレらしい謎ギミック
 次の謎は、謎の騎士の弱点を見抜く必要があります。弱点は「アメタ」「ヒヒ」ですが、いったいどんな意味があるのでしょう。

 それはそうと、漢字って、面白いですよね。2つの漢字を組み合わせると、別の漢字を作ることができるのが、特に面白い点です。例えば、「雨(アメ)」という字と、「田(タ)」という字を組み合わせると、雷(かみなり)ができてしまいます。数式風に表せば、アメ+タ=カミナリ。あるいは、アメタ=雷、と書いても面白いです。漢字は数学である、なんちて。「火(ヒ)」など、別の字を使ってみても、それもまた一興かもしれませんね。それから、この「雷」という字ですが、なんたる偶然、ここの謎の絵にも同じ字があり、しかも2つあります。2つ同じ字があれば、線で結びたくなるのが人情というものです。

 …などと、遊んでいる場合ではないのです。娘9歳は、とっとと次の目的地を見つけ、そこに向かっています。どうやら先ほどの謎をといて、冊子2ページの地図のマークから、場所を同定したようです。スゲージャン。
 なお、この写真は目的地に向かう途中です。私たちは、所用があり、いったん江島神社の入口(赤い鳥居、赤い橋があるところ)まで戻ったのですが、山ふたつから裏道を通っても、目的の場所には着けるようです。この裏道は生活道路で、普段の観光では通ることがなく、面白いルートだと思います。
20200224ze36.jpg

 そして、謎の騎士を発見! 再び戦闘となりました。「竜の▼▼▼を、謎の騎士に当てよ」とのことです。あとはノーヒント!
20200224ze36a.jpg

 エノトレ経験が浅いと、ここの謎は、ちょっと難しいかもしれません。反面、事前にパンフレットを熟読して、ちりばめられた図形やキャラクターを確認した人は、江の島に来る前に、すでに謎が解けていたかもしれません。とにかく、パンフレットのすみずみまで探して、隠されたヒントを探すことです。ここで注目したいのは、「竜」、「▼▼▼」、「謎の騎士」です。これらのキャラクターが、パンフレット上に分割されて、バラバラに配置されているのが見つかるでしょうか? 番号が書かれたページを見開き状態にして、各ページの上のほうを、よーく眺めてみて下さい。4ページには騎士の一部、5ページにも騎士の一部、6ページには竜と▼▼▼の一部、7ページには▼▼▼の一部。そして、これらパーツを1つに集めるには、どうすればよいでしょう?

 さらにヒント。パンフレットを「折って」、考えてみましょう。(ここでは、パンフレットを「切る」必要はありません。)実にエノトレらしいギミックを使った、解いて爽快感のある、謎です。

 決定的なヒント。画像をクリックすると、ほぼ正解が分かります。
20200224ze351vv.jpg


★謎の騎士を撃退:天女の指した地へ急げ!
 無事に謎の騎士を撃退したアロッドですが、この先の手段を失ってしまいました。もはや、「天女」様だけが頼りです。ここでも「天女」と言えば、やはり、パンフレット上のイラストを指すに違いありません。しかし、「天女の指す先」と言われても、指の先には何もありそうに思えません。よもや、指先に鉛筆を置いて、ピンッ!!とはじけば、どこかに導いてくれる、ということもなさそうです。もし、そんなことをすれば、きっと冊子に穴が開いてしまうでしょう。穴が開いたら、裏面が読めなくなりそうで、心配です。ん?、この裏面には、何が書いてあったのでしたっけ…?
20200224ze38.jpg

 もうひとつ。「◆◆◆◆」と「▼▼▼▼」を結びしとき現れるマークとは、なんのことでしょうか。冊子を再び見渡すと、「◆◆◆◆」の文字(アルファベット)が、見つかりそうな気がします。少し前の謎解きでもアルファベットを結んだ、アレです。ただ、「A」は1個しかないので、最初と最後で2回使う、ということになりそうです。そして、「◆◆◆◆」を結べば、その経路に、「▼▼▼▼」を見つけることは簡単でしょう。これも結ぶ、と。

 さて一旦、謎解きを離れましょうか。江の島観光を終えた私たちは、橋を渡り、江の島を離れることにしました。謎解きも、もう終わりにしましょうか。トンネルを抜け道路を渡り、土産物店の並ぶ道に出ました。ここは「すばな通り(州鼻通り)」と言います。エノトレでも、たびたび、謎解きの舞台となっています。
20200224ze39.jpg20200224ze39a.jpg

 「エノシマを背にして左側」を注意しながら、歩いていきます。土産物店や飲食店がならんでいて、なかなかな魅力的です。
20200224ze40a.jpg20200224ze40c.jpg

 さて、ここの謎ですが、過去のエノトレを含めて、最大級に難しかったと思います。謎にヒネリがあるわけではなく、見つけるべき「手がかり」が、思いのほか小さくて、場所も意表をつき、見つけにくいのです。恒例の「人だかり」も、ありませんでした。どうしても、どうしても見つからない人もいらっしゃるかもしれませんが、ここはぜひ、ノーヒントで!!(どうにも分からない場合は、上の写真をクリックして、手がかりにしてみてください。)


★宝箱を発見:エノシマは元に戻った!
 そうして、女神に導かれた私たちは、最後の宝箱の場所に到達したのでした。やったね!!
20200224ze41a.jpg 20200224ze51.jpg

 おめでとう!! エノシマの空はいつもの姿に戻った!!
 空からの攻撃の脅威は消え、地上は救われたのだ!!
 おめでとう、おめでとう!!

20200224ze51a.jpg


★感想:江の島エリア・レギュラーコース
 今回のエノトレ・江の島エリアでは、1日で、レギュラーコースとスペシャルコースの両方をクリアしようという、アグレッシブな試みをしました。ただ、長男5歳&次男3歳は体力的・意欲的な限度から、結果的には、まずスペシャルコースのみ終えたところで、妻とともに別行動(エノトレ終了)となりました。今回紹介したレギュラーコースは、スペシャルコース後、私と娘の2人での行程でした。
 私たちは、スペシャルコース→レギュラーコースの順で挑戦しました。冊子に記載の通り、レギュラーコースの謎が解きにくくなる部分がありましたが、歩く距離、移動の効率性の点では、この順で挑戦して正解だったと思います。
 なお、所要時間は、序盤の分岐までで約1時間。昼食をはさみ、スペシャルコースの残り部分で約1時間。その後、レギュラーコースには2時間ほどを要しました。歩く距離は、レギュラーコースのほうが多かったです。「頭を使う謎解き」でなく「足を使う捜索」という点では、レギュラーコースのほうが、歯ごたえがありました。

 毎年楽しませて頂いている「エノシマトレジャー」。今年は、前回と同様のゲームブック仕立てで、物語を追っていく楽しみがありました。そして、途中で分岐するしかけも面白く、まさに楽しみが2倍に増えたと感じました。
 今年も、開催にご協力くださいました皆様に、感謝します。「参加無料(タダ)」で、これだけ楽しめて、本当に素晴らしい企画だと思っています。ありがとうございました!!


この記事が役立ちましたら、応援をお願いします:
PVアクセスランキング にほんブログ村
技術・工学ランキング
関連記事
↓↓↓子供と学ぶ、プログラミング学習&論理的思考↓↓↓ 20190217_logicalprog.jpg






管理者にだけ表示を許可する

★コメント受付に時間がかかることがあります★



このページのおかげで最後までたどり着けます。ありがとうございます!足元ばかり見てたため、すっかり見落としてました。女神の示した場所の手前というのが意表をつかれました。
| URL | 2020/03/21/Sat 13:41 [編集]
ご訪問ありがとうございます。
エノトレ、お疲れ様でした!
マツジョン | URL | 2020/03/21/Sat 21:21 [編集]



トラックバック
TB*URL





Copyright © 家と子供と、今日のおじさん(仮). all rights reserved.