家と子供と、今日のおじさん(仮)

2017年築の家で、妻+子供3人と過ごす記録です。ほのかに工学テイスト。


☆祝☆ 200万ページビュー! ご訪問に感謝します。

↓↓↓子供と楽しむボードゲーム↓↓↓ 子供と遊ぶボードゲーム

 神奈川県藤沢市では、2020/2/8~3/31の間、「エノシマトレジャー2020 ~2つの島と世界の秘密~」が開催されています[1]。毎年開催されているイベントで、今年も、このエノシマトレジャー(通称「エノトレ」)を楽しみました。今年は15周年記念にあたるそうです。
 ★2019年の記事は →こちら
 ★2018年の記事は →こちら
 ★2017年の記事は →こちら
 ★2016年の記事は →こちら
 ★2015年の記事は →こちら
 ★2014年の記事は →こちら。
 ★2013年の記事は →こちら
 ★2012年の記事は →こちら

[1]タカラッシュ:エノシマトレジャー
https://www.takarush.jp/promo/fujisawa2020/

 開催期間があと2週間ほどとなりましたので、ネタばらしにも似た「クチコミ情報」(寸止め回答集)を書きます。どうしても解けない場合、すぐに終わらせたい場合、小さい子供が「だっこ/おんぶ」を要求して困り果てた場合、などなど、最後のヒント・解決手段としてご活用ください。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
 これから取り組もうとしている方は、
 見ないように注意してください。
 自力で探したほうが、何倍も楽しめます。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


 毎度ながら、たいへんよくできた宝探しイベントです。内容を味わいつくし、遊びつくすために、この記事を書きました。イベント開催者の皆様に、感謝します。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
 <注意!!>ここから先は、ネタバレがあります。
 もう一度、もう10分だけ、自分の力で考えてください。
 考えたあとで、この先を読むかどうか、決めてください。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★



★エノトレ2020、江ノ島エリア・序盤
 今年のエノトレは、「江ノ島エリア」と「藤沢・藤沢本町エリア」の、2つの捜索エリアで開催されます。そして江ノ島エリアでは、物語を進めると、途中で難易度の違う2コース、「レギュラーコース」と「スペシャルコース」に分岐します。もちろん、エノトレ・フリークを自称する私は、すべてのコースを堪能しました!

 今回の記事では、「江ノ島エリア」の序盤、2つのコースに分岐するところまでを書きます。参加日は、2020/2/8土曜日、すなわち初日です!この時期にしては暖かく、宝探し散歩に好適な日和でした。
★2020年 江ノ島エリア・レギュラーコース(分岐後)の記事は、(3/18公開予定)です。
★2020年 江ノ島エリア・スペシャルコース(分岐後)の記事は、(3/21公開予定)です。
★2020年 藤沢・藤沢本町エリアの記事は、(3/24公開予定)です。

 今回は、家族フルメンバー、すなわち私、妻、娘9歳、長男5歳、次男3歳の5名で挑戦しました。スタート(江の島への橋の入り口)は、午前10時でした。天気がよく、富士山がきれいに見えました。
20200224ze11.jpg

 今年のエノトレの「宝の地図」(冊子、パンフレット)ですが、昨年(2019年)と同様な、「ゲームブック」仕立てとなっています。指示された番号のマスに順次進んで行くことで、物語が進んで行く仕組みです。スタートのマスは指定されており、「35」となっています。35からは、22に進み、ここで第一の謎となります。事前に解いておかないと、最初の目的地が分かりませんので、うっかりどんどん進んでしまわないよう、注意しましょう!
20200224ze01.jpg 20200224ze02.jpg


★最初の謎:色線で仕切られた漢字たち
 さて、最初の謎ですが、何やら漢字が並んでおり、それらの漢字を、赤・黄・橙・緑・黒・青の6色の線が仕切っています。そして右には、色の異なる線で作られた枠が並びます。各枠におさまる文字が分かれば、最初に向かうべき場所が浮かび上がる、ということでしょうか。
 例えば最初の枠は、左上が緑、右上が黄、左下が橙、右下が黒、となっています。この色の配置と同じ箇所を、左の漢字の羅列から探してみては、どうでしょうか。もしかすると、これを全ての枠で実行すれば、何かの文が浮かび上がるかもしれません。うまくいけば、よいのですが。

 謎はひとまず置いておいて。この江の島は、2020年の東京オリンピックの、ヨット競技の舞台となるそうです。橋を渡って江ノ島に入り、左側の道に沿って行くと、ヨット競技場(江の島ヨットハーバー)があるらしいです。写真はそこへ向かう途中の「●緑地」です(●はフセ字)。みたところ、何もない広場なのですが、ちょっとだけ高い、丘のようなところがあり、その「丘の上」に、なにやら人だかりができています。こんなところに、いったい何があるのやら。もしかして、オリンピック名物ですか?
20200224ze12.jpg

 などとオリンピックの夢を見ていると。娘9歳が、最初の「手がかり」を見つけました。王様の絵の描かれたカンバンです。どうやらこれで、最初の謎を解けた、ということらしいです。なにがなにやら、頭が追いつきませんが、とにかく次の番号のコマに進めます!
20200224ze13.jpg


★情報屋を探せ:赤い鳥と青い鳥
 さて、次のコマを読むと、今度は地図を使ったナゾのようです。赤い鳥と、青い鳥が描かれています。その間には、石(岩?)でできた本、白と茶の饅頭、が並んでいます。さて、「鳥」とはいったい、なんでしょうか。「鳥居(とりい)」であれば、赤いのと青い(緑)のと、すぐに2つが見つかるのですけれど…
20200224ze14.jpg 20200224ze16a.jpg

 考えていてもよくわからないときは、甘いものを食べて、頭にエネルギーを与えるのも一考です。写真左は、手作りの夫婦饅頭の店「紀の國屋」です。そして右は、ホテル「岩本楼(いわもとろう)」です。「いわほん」ではないですよ、それではまるで、岩でできた本みたいですからね!
20200224ze14a.jpg 20200224ze14b.jpg

 いったん、謎に戻ります。謎には、地図のほかに、「9段上がって」とも書かれています。「段」といえば、階段を思い浮かべますが、偶然階段を見つけました。この階段、何か所かに分かれてあって、全部でちょうど9段でした。あるんですね、偶然!
20200224ze14c.jpg

 などと言っていると! やはり今度も娘が、次の手がかり「情報屋」を見つけたのです。そして、彼が教えてくれた白い棚に、モーレが残したという文献が貼ってあります。
20200224ze14f.jpg 20200224ze14g.jpg


★石碑の場所:3つの赤い漢字
 さて、次の謎は、「不思議な伝説が書かれた石碑」を探すためのものです。この石碑の場所を示した文には、3つの赤い漢字が含まれています。
 
 謎はさておき、毎年エノトレに参加している当方の、江ノ島豆知識を披露します。江の島には、赤いものが多いのですよ。例えば、写真左では、赤い「鳥」居と、赤い「橋」が見えます。そして写真右は、赤い「箱」です。…って、こりゃ消火器か!赤くて当然ですね。
20200224ze16b.jpg 20200224ze16c.jpg

 …などと言っていたら、びっくり! こんな近くに、目的の「石碑」があるじゃないかーーーッ!!
20200224ze211.jpg


★階段の上:輝くものを結ぶ
 さて、江ノ島といえば、「江島神社」が有名です。ここに入るところには大きな「赤き鳥」居がありますね。そして、この先の急な階段を登った先にあるのが瑞「心」門(ずいしんもん)です。きつい階段ですが、登ると良いことがありますよ、きっと。
20200224ze18.jpg

 階段は長いのですが、途中にあるのが、この「弁財天童子石像」です。さまざまな「金色に輝く」道具を持っています。おや、偶然か、エノトレの冊子にも、似た道具が載っていますね。そして道具の近くには、黒い点があります。実際の石像が持っている順に(例えば左から順に)、点を結んでいったら、おもしろいかもしれません。
20200224ze18a.jpg

 話は変わって。さきほどの階段をそのまま「登り続け」ると、江島神社の「辺津宮(へつのみや)」に着きます。写真の場所は、「御朱印所(ごしゅいんじょ)」で、いわゆる朱印(赤い印、朱の印)をもらうことができます(有料)。
20200224ze18b.jpg

 おっとびっくり! 次の手がかりを見つけた、私たちなのでした。
20200224ze18c.jpg


★謎のメモ:とうないめがみひとり
 次の謎は、「謎のメモ」とのことです。「とうないめがみひとり」で読め、と言いますが、どういうことか、見当もつきません。どこかで、区切ることができるのでしょうか。例えば、「とうない」「めがみ」「ひとり」とかとか。「たぬき」なら「た」を抜いて読むとか、「みない」なら「み」を抜いて読むとかは、よくあるパターンですけどね。それから、「かがみ」なら「か」を「み」に置き換えるなども、暗号としてはよく見られるパターンです。さてさて、今回の暗号は、どういったカラクリなのでしょうか???

 それはさておき、私たちは江ノ島の奥へと「昇る階段」を、進んで行くことにしました。ここを「登り切って」、「すぐ右へ進」んだりしたい気がしないとも言えなくもありません。
20200224ze21.jpg

 とかなんとか言っていたら、な・な・な・なんと!! 次の手がかりがあるじゃないかーーーッ!
20200224ze21b.jpg


★神主が記したメモ:ろうそくが示すものは?
 さて、手がかりに従い、パンフレットを読み進めていくと、次の謎にたどりつきました。書物を盗んだ犯人の目撃情報ということです。ろうそくや木、ランタンのような印が書かれた地図のように見えますが、どこを示しているか、さっぱり分かりません。(今回書いた部分で、一番の難問だったと思います。)

 でも、せっかく江ノ島まで来たのですから、謎解きばかりでは面白くありませんね。この機会に、江の島の名物のひとつ、灯台見物を楽しむのも良いかもしれません。この灯台は「シーキャンドル(海の「ろうそく」)」という名前を持っています。そういえば、先ほどの謎のメモにも、ろうそくの絵が描いてありますが、不思議な偶然の一致です。

 そして下の写真は、シーキャンドルのある「サムエル・コッキング苑」前の広場です。この写真では、奥にシーキャンドル(海の「ろうそく」)、左右に「円状の花壇に植わった木」と、手前に「木の植わっていない円状の花壇」、そして背の高い電灯(「四角いランタン」状のライトが設置されている)が、並んでいます。どこかで見た配置のような気がしますが、たぶん気のせいです。
20200224ze25.jpg

 なんやかんやと考えているうちに、私たちは、手がかりの記されたカンバンを発見したのでした!!
20200224ze25a.jpg


★分岐点:看板の謎を解け!!
 この看板は、謎になっています。まず目をひくのは、やはり上下左右に配置された4つの◆です(◆はフセ字)。この◆の間に、2色の■が配置されており、この■を使って、次に向かうコマ番号を求めることができるようです。気になるのは、これらの絵の上方に、6色の線で書かれた模様が描かれている点です。この模様は、どこかで見たような気がしてなりません。ひょっとすると、今日のエノトレを始める際、最初の目的地を確認したときだったかもしれません。もう一度、最初のほうのコマを見てみようかしらん? もしかするともしかして、4つの◆が、絵でない別の形で(例えば、漢字?)、書いてあったりしたらラッキーですよね。
 
 …ここで、「江の島エリア」の「序盤」部分は終了です。以降、分岐して、「レギュラーコース」と「スペシャルコース」に分かれます。この先は、それぞれ、別の記事で書きます。掲載日程は、以下を予定しています。ご期待ください!!
・レギュラーコース:2020/3/18
・スペシャルコース:2020/3/21


★感想:江の島エリア・序盤
 今回のエノトレ・江の島エリアでは、1日で、レギュラーコースとスペシャルコースの両方をクリアしようという、アグレッシブな試みをしました。ただ、長男5歳&次男3歳は体力的・意欲的な限度から、結果的には、まずスペシャルコースのみ終えたところで、妻とともに別行動(エノトレ終了)となりました。以後は、私と娘の2人での行程となりました。
 なお、スペシャルコース→レギュラーコースの順で挑戦しました。冊子に記載の通り、レギュラーコースの謎が解きにくくなる部分がありましたが、歩く距離、移動の効率性の点では、この順で挑戦して正解だったと思います。
 なお、所要時間は、序盤の分岐までで約1時間。昼食をはさみ、スペシャルコースの残り部分で約1時間。その後、レギュラーコースには2時間ほどを要しました。謎の難易度はさておき、歩く距離は、レギュラーコースのほうが多かったです。

 毎年楽しませて頂いている「エノシマトレジャー」。今年は、前回と同様のゲームブック仕立てで、物語を追っていく楽しみがありました。そして、途中で分岐するしかけも面白く、まさに楽しみが2倍に増えたと感じました。
 今年も、開催にご協力くださいました皆様に、感謝します。「参加無料(タダ)」で、これだけ楽しめて、本当に素晴らしい企画だと思っています。ありがとうございました!!


この記事が役立ちましたら、応援をお願いします:
PVアクセスランキング にほんブログ村
技術・工学ランキング
関連記事
↓↓↓子供と学ぶ、プログラミング学習&論理的思考↓↓↓ 20190217_logicalprog.jpg






管理者にだけ表示を許可する

★コメント受付に時間がかかることがあります★






トラックバック
TB*URL





Copyright © 家と子供と、今日のおじさん(仮). all rights reserved.