家と子供と、今日のおじさん(仮)

2017年築の家で、妻+子供3人と過ごす記録です。ほのかに工学テイスト。


☆祝☆ 200万ページビュー! ご訪問に感謝します。

↓↓↓子供と楽しむボードゲーム↓↓↓ 子供と遊ぶボードゲーム

停電時やアウトドアで活躍する「ポータブル電源」を比較検討しています。今回の記事では、以下の商品を比較検討します。
・Suaoki(スアオキ)
・クマザキエイム:ENERPORTA(エネポルタ)
・iForway(アイフォーウェイ)
・ポタデン
・FLOUREON(フローリオン)

<ポータブル電源関連の記事一覧>
・Jackery、JVC、SmartTap、Lacita、Portec比較検討 →こちら
・Anker、Yeti、スゴイバッテリー、Taskarl比較検討 →こちら
・Suaoki、iForway、Floureon比較検討 →本記事
・iMuto、Enkeeo、Beaudens、Voltmagic比較検討 →こちら
・国内・海外20社44製品を網羅した詳細比較リスト →こちら
・国内・海外20社44製品から厳選したベスト品は? →こちら


★災害の備えに、ポータブル電源を検討中!
 前々回(→こちら)、および前回(→こちら)に引き続き、ポータブル電源の比較検討を行います。昨年(2019年)、台風の影響で避難所となった小学校の体育館で過ごした経験から、停電時や避難時でも、ACコンセントが使える非常電源があると便利と感じたからです。中でもリチウムバッテリーを使った「ポータブル電源」は、騒音がなく、手入れも簡単で、かつ価格も手ごろです。
20200201zp01.jpg

 この「ポータブル電源」は、さまざまなメーカーから商品がラインナップされています。例えば、以下のような商品です。
・Jackery/JVCケンウッド:Portable Power Station
・SmartTap(加島商事):PowerArQ(パワーアーク)
・Lacita:ENERBOX(エナーボックス)
・Suaoki:Power Station
・iForway/ポタデン
・新東京物産:Taskarl
・iMuto
・システムトークス:スゴイバッテリー
・Anker:PowerHouse
・クマザキエイム:ENEPORTA
・Enkeeo
・Floureon
・Beaudens:電池革命

 前回に引き続き、各社ポータブル電源の商品リストの作成を進めています。例によって、通販商品リンク(アマゾン)を付与して、価格比較、実際のクチコミレビューの参照を、容易にしています。さらに、末尾にはスペック表を作成しましたので、マニアックな比較検討にピッタリですよ!!


★ポータブル電源・商品比較リスト
 製品種類が多いので、少しずつまとめています。今回は、以下商品を紹介・比較します。
・Suaoki(スアオキ)
・クマザキエイム:ENERPORTA(エネポルタ)
・iForway(アイフォーウェイ)
・ポタデン
・FLOUREON(フローリオン)


◎Suaoki(スアオキ)/ENEPORTA(エネポルタ)
 Suaokiは、ポータブル電源の国内通販ではかなりポピュラーなメーカーです。多数のベストセラー商品を有するようです。2015年設立のようですが、企業の素性がいまひとつ分かりません[1][2]。
[1]suaoki:beyond technology  https://www.suaoki.com
[2]suaoki:テクノロジーを越えて http://m-jp.suaoki.com/

 Suaokiは、多数のポータブル電源をラインナップしています。シルバーとブラックのシンプルなデザインで、100Wh~500Whまで、広範囲の容量の製品があります。いずれも海外仕様で、多くは110V(S601は100V)のようですので、使用製品によっては注意が必要です。なお、PS5Bは、過去爆発を伴う火災事故を発生させてリコールを起こしていますが、現在は改善版(充電用アダプターが交換された)が販売されているようです[3]。このときに対応した会社名は、「メイヤンパワー新エネルギー有限公司」とあります。リコールがあったとはいえ、対応はきちんとされたようで、ネット販売量も多いことから、一定の信頼はおけるメーカーだと思います。
・G100:100Wh
・S601:222Wh
・PS5B:400Wh
・G500:500Wh
[3]経済産業省:ポータブル電源「PS5B」の製品事故について
https://www.meti.go.jp/product_safety/consumer/ps5b_portable_power_supply.html


 アウトドアに似合う、ブラック&レッドの製品群もあります。110Vの海外仕様です。
・S270:150Wh
・S370:323Wh


 なお、S601相当と思われる製品が、クマザキエイムから製品名「エネポルタ(ENEPORTA)」として販売されています。カラーリングが異なり、AC出力は100Vで、DC出力端子が省略されています。
[4]クマザキエイム:ポータブル蓄電池「エネポルタ」EP-200
http://www.kumazaki-aim.co.jp/2018/02/ep200.html



◎iForway/ポタデン
 iForwayは中国のブランドで、母体は「深セン市百酷新能源有限公司」という会社のようです[5]。深セン市(Shenzhen)には、ポータブル電源のメーカーが、多数存在しています。ポータブル電源としては、マイナーな部類かもしれませんが、素性がはっきりしているメーカーという点では、やや安心です。ELF-DCはACコンセントなしの軽量タイプ。ELF-ACとPS300は、AC100V仕様のようです。PS300は、LEDライトに加え、スピーカーが付いているようです(詳しい使い方は不明)。
・ELF-DC:173Wh
・ELF-AC:144Wh
・PS300:462Wh
[5]iForway:https://www.iforway.com/



 なお、PS300と同等品と思われる国内業者扱い品が、「ポタデン」です。e-life-line社、あるいはfcc株式会社の販売とされますが、その素性は今一つはっきりしません。



◎Floureon(フローリオン)
 Floureon社は、2011年の設立で、監視カメラの販売が主力の企業のようです[6]。ホームページに、多くのメーカーと協業と記載されていることと、ポータブル電源の記載がないことから、おそらく他社製品の自社ブランド販売ではないか、と推察します。例えば500Whのタイプは、中国・Lufcat社の製品Libro500[7]に外観が酷似しています。
・箱型:146Wh
・手さげ型:220Wh
・大型:300Wh
・大型:500Wh
[6]FLOUREON:https://www.floureon.com/
[7]Lufcat:Libro500 Power Solar Generator
http://www.lufcat.com/productinfo/405508.html



★連載3回のまとめ:私の選択は
 今回、リストを追加しましたが、ピンと来る商品はありませんでした。やはり国内有名ブランドであり、製造元の素性もしっかりした(Jackery社)、JVCの商品が、もっとも信頼できそうです。


 今回の調査で有用だったのは、過去にポータブル電源の爆発・発火事故があったという情報です。事故があった製品は、Suaoki社のPS-5Bという製品です。原因ははっきりしませんが、ネット情報を総合すると、充電用アダプターの安定性、あるいは容量(供給電力)に問題があり、発火に至ったようです。アダプターだけでなく、本体側の設計(保護回路など)に問題があったのかもしれませんが、詳細は分かりません。アダプターの交換のみで、対策は完了しているようです。
 現時点では、PS-5B以外では、製品が特定された情報は見つかりませんでしたが、ポータブル電源を含めて、リチウム電池での事故は、毎年発生しているようです。こうした情報から、この種の製品は、信頼性・安全性がとても重要だと思いました。災害の備えのつもりで買ったポータブル電源が原因で、事故が発生したのでは、冗談になりません。やはり、国内の窓口を持ち、かつ製造元の素性がはっきりしている、信頼のできる製品を選ぶべき、だと感じました。


 ポータブル電源は、ほかにも多数あるのですが、ここまでの3回で、市場で主力のものはおおむね網羅できたのでは、と思います。次回以降、各社製品の比較と、絞り込みを行いたいと思います。


★スペック比較表
 最後に、スペック比較表です。今回紹介した製品を追加しました。これだけ多数のメーカー・機種を網羅したスペック表は、なかなか見つからないのではないでしょうか。使用状況を想定して、いちばんピッタリくる商品を選びたいです。
製品
容量
Wh
価格AC
100V
USB
5V
DC
12V
定格
W
サイズ
mm
重量
kg
Jackery 24024026,000円121+02002303
Jackery 40040045,000円121+02002304
Jackery 70070080,000円231+25003006
JVC BN-RB331140,000円121+22002304
JVC BN-RB551860,000円231+25003006
JVC BN-RB662871,000円231+25003006
PowerArQ mini31132,000円121+02002304
PowerArQ62666,000円131+23003006
PowerArQ250060,000円24+P11+23003007
Lacita ENERBOX0144456,000円331+04003005
Portec LB46046156,000円241+03002405
PowerHouse 20021330,000円(1)2+P11+01001902.5
PowerHouse 40043450,000円(1)41+01202004
GoalZero Yeti40042860,000円231+13002907
スゴイバッテリーAir13936,000円x21+21202401.5
スゴイバッテリー27836,000円x21+21202402.5
Taskarl TPD-J13013012,000円(2)20+41002001.5
Taskarl TPD-C16716714,000円(2)20+31502001.5
Taskarl TPD-S45044449,000円(2)3+C21+34503005
Suaoki G10010014,000円(1)1+P10+21001901.5
Suaoki S60122220,000円220+22002402.5
Suaoki PS5B40042,000円(1)41+23002306
Suaoki G50050060,000円(2)2+P11+23002807
Suaoki S27015013,000円(2)40+41001801.5
Suaoki S37032339,000円(4)4+P11+43002503
ENEPORTA EP20022242,000円22x2002402.5
iForway ELF-DC17322,000円x2+C10+1302201.5
iForway ELF-AC14422,000円12+C10+11002201.5
iForway PS30046254,000円21+C11+33002906
ポタデン46250,000円21+C11+33002906
FLOUREON 14614613,000円(2)40+12002001.5
FLOUREON 22022016,000円(2)40+23002002.5
FLOUREON 30030030,000円(2)3+C11+23002006
FLOUREON 50050040,000円(1)3+C11+22502006
※価格はアマゾン、2020年2月現在、税込、1000円単位丸め。
※AC,USB,DCは、出力口数。USBのPはPD端子、CはUSB-C。DCは、シガーソケット+ピンジャック他の口数を記載。ACの()は110Vまたは電圧不明。
※サイズは長手最大寸法、10mm単位丸め。
※重量は3kgまでは0.5kg単位、3kg以上は1kg単位で丸め。

◎スペック補足
・容量:電池が蓄えられるエネルギー量で、Wh(ワットアワー)を単位とします。例えば400Whなら、100Wの機器を4時間使用できるだけのエネルギーを蓄えられます(実際には、変換ロスのために減少)。製品によっては、mAh(ミリアンペアアワー)で示されるものもありますが、この値に電池電圧を乗じたものが、Wh容量となります。例)3.6V×66000mAh=3.6V×66Ah≒240Wh。電池電圧は、多くは3.6Vですが、異なることもあるので、比較するときにはWhを使うのがよいです。
 容量が多いほど長持ちしますが、高価になり、サイズ・重量も増えます。実際の用途を想定して(何ワットの機器を何時間使うか、どうやって持ち運ぶか)、選択することになります。

・AC出力:国内仕様はAC100Vですが、海外仕様品はAC110Vもあり、注意が必要です。AC100Vでないものには、表中に印を付与することとします。ポータブル電源の場合、60Hzが多いようです(50Hz/60Hz切替が可能な製品もある)。周波数によって動作しない機器は、注意が必要です。

・DC出力:12Vのシガーソケットが標準的です。Φ6.5mmのピンジャックを備えるものも多いです。機器によっては、12Vが不適切な場合もあり、電圧変換器が必要になるかもしれません。

・USB出力:5V出力で、もっとも使い勝手が良さそうです。PD端子(USB-C)という、大容量給電が可能な端子を持つ機種もあります。

・定格電力:通常給電できる電力量、いわゆるワット数です。機器のワット数が電源の定格を超えると、使用できません。多くは、電源が落ちるように設計されているようです。


この記事が役立ちましたら、応援をお願いします:
PVアクセスランキング にほんブログ村
技術・工学ランキング
関連記事
↓↓↓子供と学ぶ、プログラミング学習&論理的思考↓↓↓ 20190217_logicalprog.jpg






管理者にだけ表示を許可する

★コメント受付に時間がかかることがあります★



em10Ⅲ使い始めてます。動きが速くなってますねー、これ。17mmとの組み合わせは楽しいです。em5Ⅱとの違いで大きいのは材質もですが、最高シャッタースピードが1/4000なところじゃないでしょうか。
じじさん | URL | 2020/02/20/Thu 00:59 [編集]
> じじさん
ご購入おめでとうございます。
私もこの速さに感心して、em10Ⅲの購入を決めました。17mmとの組合せは、気軽に使うのにぴったりだと思います。
マツジョン | URL | 2020/02/21/Fri 17:01 [編集]



トラックバック
TB*URL





Copyright © 家と子供と、今日のおじさん(仮). all rights reserved.