家と子供と、今日のおじさん(仮)

2017年築の家で、妻+子供3人と過ごす記録です。ほのかに工学テイスト。


☆祝☆ 200万ページビュー! ご訪問に感謝します。

↓↓↓子供と楽しむボードゲーム↓↓↓ 子供と遊ぶボードゲーム




8月は小樽で過ごします。小樽からは、携帯電話機で小ネタをお送りします。

小樽から自動車で2時間強、泊(とまり)村の海岸に、ほくでんの原子力PRセンター「とまりん館」があります。泊原子力発電所(泊原発)の近くです。

ここには、原発の主要構成要素の実物大模型や、科学展示があります。さらに、展望室や温水プールなどの施設もあります。すべて、無料とのことです。

科学展示では、原子力に関係する、以下2つの展示が印象的でした。

★霧箱
自然環境中の放射線を可視化する装置です。過飽和の水蒸気を閉じ込めた箱で、放射線が通ると、水蒸気が水滴になって、霧のような形で、目視で観察できます。(詳しい原理はウィキペディアなどを参照ください)
α線(ヘリウム原子核)はモヤモヤした霧、β線(電子)は直線状の霧として、観察できます。
実際にモヤモヤが出たり消えたりするのを見ていると、我々は随分と気味の悪い世界で生きている気がします。
霧箱は、話に聞いただけで実物を見るのは初めてでした。これが見られただけでも、ここに来たかいがありました。


★体内の放射能測定
端末に性別と生年月日を入力すると、体内の放射能を「ベクレル」単位で教えてくれます。
この数値は、「食生活を通じて取込まれた自然放射能の平均的な値」とのことです。展示タイトルは「測定」ですが、実際には統計データを参照しているだけのようです。
ちなみに私の放射能は、5800ベクレルでした。

電力会社の資金力をうかがわせる「とまりん館」、なかなか興味深い展示があります。


ランキング参加中
にほんブログ村
関連記事
↓↓↓子供と学ぶ、プログラミング学習&論理的思考↓↓↓ 20190217_logicalprog.jpg






管理者にだけ表示を許可する

★コメント受付に時間がかかることがあります★






トラックバック
TB*URL





Copyright © 家と子供と、今日のおじさん(仮). all rights reserved.