家と子供と、今日のおじさん(仮)

2017年築の家で、妻+子供3人と過ごす記録です。ほのかに工学テイスト。


☆祝☆ 200万ページビュー! ご訪問に感謝します。

↓↓↓子供と楽しむボードゲーム↓↓↓ 子供と遊ぶボードゲーム

オリンパスの写真編集ソフト「Olympus Workspace」のRAW現像速度を、グラフィックボードの装着によって、改善できました。

 
約5000円のグラフィックボードで、約4倍の速度向上(54秒/枚→12秒/枚)を実現しました!


★RAW現像が遅い、遅すぎる!!
 子供撮りを目的に、オリンパスのミラーレスカメラ(OM-D E-M10mk3、PEN mini E-PM2)を愛用しています。RAW形式で保存をしておくと、後から劣化させずに画像を加工できる(特に、ホワイトバランスなど)ので、たいへん便利です。
 オリンパスの場合、現像ソフトとして、「Olympus Workspace」というソフトが、無料で提供されています。以前は、「Olympus Viewer」というソフトだったのですが、2018年頃に、新しいソフトにアップデートされました。
[1]オリンパス:Olympus Workspace

20191230zg12.jpg

 ところが、このOlympus Workspaceになってから、RAW現像の速度が、著しく遅くなった気がします。以前のOlympus Viewerでも、1枚あたり30秒弱だったのが、新ソフトでは、1分近くかかってしまいます。私のパソコンのCPUは、AMDのA4-4020(2コア、3.2GHz)と貧弱ではあるのですが、それにしても、写真1枚のRAW現像に1分もかかっていたら、とても作業が進みません。なんとかならないものか!


★グラフィックボードによる解決策は、以前に失敗!
 実は、旧ソフト「Olympus Viewer 3」のときも、RAW現像の改善をはかる方法を模索していました。そしてたどり着いたのが、「グラフィックボードの使用」です。グラフィックボードとは、グラフィックカード、グラボなどとも呼ばれ、本来は2次元・3次元の画像の演算を高速に実行するハードウェアです。GPU(Graphic Processor Unit、Graphic Processing Unit)とも呼ばれます。多数の演算コア(例えば数百個)を有しているので、行列演算(一般的な画像処理でも使用される)のような、同時並行で大量の計算を行う場合に、高速性能を発揮します。
 Olympus Viewer、またはOlympus Workspaceでは、ツール→オプションのメニューで、「グラフィックプロセッサー」という項目があります。ここで「グラフィックプロセッサー(GPU)を使用する」を選ぶと、「GPUを使用してRAW現像速度を向上」できるとあります。
20191230zg31.jpg

 そこで当時(2017年)、GPUによる演算速度向上を目指し、グラフィックボードを購入しました。玄人志向というメーカーのPCIカードで、約4000円でした。Olympusソフトの使用条件である「ビデオメモリー2GB以上」を満たす中で、当時最安値のボードでした。GPUとして、「nVIDIA GEFORCE GT710」を搭載し、ビデオメモリーは2GBです。コア数は192、動作クロックは954MHz。
・玄人志向:GF-GT710-E2GB/LP …4200円(当時)
20191230zg21.jpg

 ところが、このグラフィックボードを装着しても、残念ながら、結果は芳しくありませんでした。Olympus Viewer 3と組み合わせた結果、RAW現像の速度は、以下の通り、グラボ装着前後で変化がありませんでした。
・装着前:27秒/枚
・装着後:28秒/枚


<使用PC環境>
・購入時期:2015年
・メーカー:マウスコンピューター
・型式:デスクトップパソコン 1401LM-AR310E
・マザーボード:MSI A78M-S01
・CPU:AMD A4-4020 with RADEON HD 7480D
・メモリ:DDR3 SDRAM PC3-12800 4GB
・ストレージ:主)SSD 128GB ADATA SP900シリーズ
       副)HDD 500GB 7200rpm
・グラフィック:玄人志向 GF-GT710-E2GB/LP あり/なし
・電源:ATX電源 500W
・OS:Windows 8.1 64bit

 以上の経緯から、安価なグラフィックカードではRAW現像速度は向上できないという結論に、当時は至ったのでした。 


★nVidia設定で、処理速度が劇的に改善!!
 それにしても、解せないのです。ベンチマークソフト(CrystalMark 2004R7)を使う限り、グラフィックボードの装着によって、大幅なグラフィック性能の向上が見られるのです。
 まず、下は、グラフィックカードなしのベンチマーク結果です。GPUは、CPU(AMD A-Series APU)のA4-4020にオンチップ搭載された、RADEON HD7480Dが使用されます。グラフィック性能は、GDI(ダイレクト描画)、D2D(2Dグラフィック)、OGL(3Dグラフィック)を見れば良いようです。それぞれの数字は、8000、2600、13000程度、となっています。
20191230zg02_A4N.jpg

 そしてグラフィックボードを装着すると、以下のようになります。GeForce GT-710のGPUが使用されます。グラフィックの3通りの数字は、8000、10000、29000程度、となりました。GDIは変化ありませんが、D2Dは約4倍。OGLは約2倍と、大幅な向上です。
20191230zg01_A4G.jpg

 これだけグラフィック性能の向上があるというのに、なぜRAW現像に効果がないのか?…モヤモヤして過ごしていたのですが、先日、別件(CPUの交換)で、機材のセットアップをいじっていたときに、発見がありました。グラフィックカードの付属アプリ「nVIDIA コントロールパネル」の設定です。「3D設定の管理」の中に、「プログラム設定」というのを見つけました。ここで「追加」を選び、対象アプリケーションとして「Olympus Workspace」を指定します。そして「CUDA-GPU」を「すべてを使用する」に設定しました。ここで「CUDA(クーダ)」とは、Compute Unified Device Architectureのことで、GPUを利用した並列演算の処理プロセスのことのようです。
20191230zg51.jpg

 するとビックリ!体感で、明らかに、Olympus WorkspaceのRAW現像速度が向上したのです!!
 Olympus Workspace側だけでなく、グラフィックカード側の設定も変更する必要があったのですね。初歩的なミスなのでしょうか…。


★グラフィックボードで、RAW現像が4倍速くなった!
 そんなわけで、改善した環境の下で、あらためて、RAW現像速度を比較測定しました。
 RAWファイル5枚を選び、まとめて現像を実行します。すべての現像が完了するまでの時間を、ストップウォッチで測定しました。
20191230zg11.jpg
 
<使用PC環境>(再掲)
・購入時期:2015年
・メーカー:マウスコンピューター
・型式:デスクトップパソコン 1401LM-AR310E
・マザーボード:MSI A78M-S01
・CPU:AMD A4-4020 with RADEON HD 7480D
・メモリ:DDR3 SDRAM PC3-12800 4GB
・ストレージ:主)SSD 128GB ADATA SP900シリーズ
       副)HDD 500GB 7200rpm
・グラフィック:玄人志向 GF-GT710-E2GB/LP あり/なし
・電源:ATX電源 500W
・OS:Windows 8.1 64bit

<結果>
・グラフィックボードなし:53.6秒/枚
・グラフィックボードあり:12.0秒/枚


 グラフィックボードの援用によって、なんと、RAW現像速度が4倍以上向上しました!! Olympus Viewer 3の頃と比べても、2倍以上向上しています(27秒→12秒)。5000円弱の、廉価な部類のグラフィックボードにしては、素晴らしい成果と言えます。

 これだけ速度が向上すれば、「どうにか実用的なレベル」と言えそうです(当面の目標は、10秒台でした)。ただ、RAW現像をしながら別の作業をしようとすると、作業が非常に重く、かつ、RAW現像も遅くなるようです。こちらは、CPUの交換(特に、コア数が多く並列作業が得意そうなもの)で、解決できるのでは、と考えています。


★まとめ:グラボ使用でRAW現像を速くするには
 Olympus Workspaceで、グラフィックボード援用機能を用いて、RAW現像を高速に処理する方法をまとめます。
1)Olympus Workspaceで、使用するグラフィックボードを選択。
2)グラフィックボードの設定アプリで、対象ソフトにOlympus Workspaceを指定。

 以上のように、現像ソフトと、グラフィックボードの双方の設定を行うことで、GPUを援用したRAW現像が、正しく行われるようになります。(何度か設定を試していたところ、2のグラボ側の設定をしなくても、GPU援用が行われる場合もありました。グラフィックボードのアプリやドライバのバージョン、設定したタイミングなどで、違いが生じるのかもしれません。いずれにせよ、2の設定を行うのが、確実と思われます。)

 なお、Olympus Workspaceでは、使用できるグラフィックボードの条件として、「グラフィックメモリ2GB以上」があるので、ご注意ください。購入の際は、メモリー2GB以上のものを、選択してください。


この記事が役立ちましたら、応援をお願いします:
PVアクセスランキング にほんブログ村
技術・工学ランキング

関連記事
↓↓↓子供と学ぶ、プログラミング学習&論理的思考↓↓↓ 20190217_logicalprog.jpg






管理者にだけ表示を許可する

★コメント受付に時間がかかることがあります★






トラックバック
TB*URL





Copyright © 家と子供と、今日のおじさん(仮). all rights reserved.