家と子供と、今日のおじさん(仮)

2017年築の家で、妻+子供3人と過ごす記録です。ほのかに工学テイスト。


☆祝☆ 200万ページビュー! ご訪問に感謝します。

↓↓↓子供と楽しむボードゲーム↓↓↓ 子供と遊ぶボードゲーム

 6年前(2013年9月)に初めての一眼レフ(ミラーレス=ノンレフ)を買ってからというもの、毎日のように写真を撮っています。撮影対象は、もっぱら子供たち(8歳娘、5歳長男、3歳次男)です。

 今回は、2019年8月の「よく撮れたと思う写真」を並べます。自分の思った通りに撮れたと思う写真や、何らかの新しい知見を得られた写真を中心に、選んでいます。
 8月の撮影枚数は、145枚でした(整理一巡後)。昨年までの月平均枚数は約200枚でしたが、最近はやや枚数が減っている傾向です。


◎使用機材
・カメラ:
 ①オリンパス ミラーレス一眼レフ OM-D E-M10 mark3

・レンズ:
 ①オリンパス 広角単焦点 M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8
 ②オリンパス 中望遠単焦点 M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8 (今回お休み)


★これまでの「私の作例写真集」は、→こちら


★1.風景撮り、たまには絞ります。
 家族で北海道(小樽)に旅行に出かけました。小樽は、坂が多い町ですが、高台からの景色が素晴らしかったです。
 海の見える公園から、長男5歳&次男2歳が並んで、記念撮影を撮りました。普段は、あまり絞りを操作しないのですが、風景をシッカリ撮りたかった今回は、F4.0まで絞りました。クッキリではありませんが、背景の形がきちんと写って、なかなか良い具合です。長男の「つるピカハゲ丸くん」みたいな舌も、素晴らしいアクセントになりました。
★★写真はクリックで拡大します(3Mサイズ)★★
201908bst21.jpg
OLYMPUS M10mk3+MZD17mmF1.8;EFL34mm、F4.0、SS1/1250、ISO200

 そして、私たちは、さらに高いところへ。小樽の有名観光スポット「天狗山(てんぐやま)」です。この日は天候にも恵まれて、小樽の街並みを一望できました。せっかくなので、長男5歳と「有料望遠鏡」を覗くことにしました。
 絞りをさらに絞って、F6.3としています。望遠鏡も、背景も、よく写り、望遠鏡を覗いているかのような雰囲気を味わえる写真になりました。
201908bst22.jpg
OLYMPUS M10mk3+MZD17mmF1.8;EFL34mm、F6.3、SS1/1250、ISO200


★2.子供2人撮りで実感する、17mmの有用さ
 以前のお気に入りレンズといえば、ダンゼン「45mmF1.8」でした。しかし、子供2~3人と一緒にでかけることが増えた最近では、45mmの出番は減り、代わりに「17mmF1.8」の使用頻度が増えています。理由は、子供2人以上を撮りたい場合、45mmでは非常に条件が限られてしまうためです。
 写真は、17mmF1.8で、ロープ渡りに挑戦する娘8歳&長男5歳。このような、子供2人以上で遊んでいるときの、奥行きや広がりのある写真を撮るときに、17mmF1.8はたいへん好適です。
201908bst11.jpg
OLYMPUS M10mk3+MZD17mmF1.8;EFL34mm、F2.8、SS1/500、ISO200;EV+0.3

 こちらは、子供3人の場合。ややピンボケの感がありますが、子供たちの動きや表情がよく、家族で過ごす幸せを感じられる写真です。
201908bst12.jpg
OLYMPUS M10mk3+MZD17mmF1.8;EFL34mm、F2.5、SS1/2000、ISO200


★3.遊具で遊ぶ子供たち
 北海道では、遊園地(小樽水族館に付属)でも遊びました。モーターボート風の遊具では、前方に娘8歳、後方に長男5歳が乗りました。
 以前であれば、2人一緒に乗っていたのですが、それぞれ自分ひとりで乗りたいようです。そんなきょうだいの、成長を感じる一枚なのです。
201908bst32.jpg
OLYMPUS M10mk3+MZD17mmF1.8;EFL34mm、F2.8、SS1/2000、ISO200

 その娘8歳は、今年で小学3年生。大きくなりました。頭上高く敷かれたレールの上を走る「空中自転車」にも、ひとりで問題なく乗れます。
 写真は、17mmF1.8なのですが、「デジタルテレコン」で、換算焦点距離を2倍にしています。いわゆる「トリム」なのですが、個人的には十分な写りです。E-M10mk3では、ワンタッチでテレコンへの切り替えができて、その場で構図を決めて撮れるので、撮影後のトリムと比べて、たいへん使い勝手が良いです。換算34mmの単焦点レンズを使いつつ、状況によって換算68mmに切り替えられるのは、非常にありがたい機能です。
201908bst33.jpg
OLYMPUS M10mk3+MZD17mmF1.8;EFL68mm(DTC)、F2.8、SS1/4000、ISO125


★4.長男5歳とおでかけ
 この夏休みには、長男5歳と2人で、「こども館」に出かけました。いわゆる「地元の科学館」です。
 プラネタリウムで撮った写真は、なんとシャッタースピード1.6秒です。照明の落ちた室内の上、長男の顔も、後方のプラネタリウム装置も撮りたかったので、絞りをF4.0まで絞ったために、ここまで遅いシャッタースピードになってしまいました。しかし、これだけシャッタースピードが遅くて、かつタッチシャッターにも関わらず、ブレは少なく、破綻なく撮れています。それだけE-M10mk3の手ブレ補正が優秀なのでしょう、と、感心する写真です。(長男の動体ブレも少ないタイミングだったのも、うまく撮れた一因です。)
201908bst52.jpg
OLYMPUS M10mk3+MZD17mmF1.8;EFL34mm、F4.0、SS1.6、ISO1600

 最後に、「ぶらさがり体重計」に挑戦している、長男5歳です。
 足を曲げたユーモラスな姿勢を楽しみつつ、写真を撮ったときの長男の体重も確認できるということで、一枚で2つの嬉しさを得られる、秀逸な写真なのであります。
201908bst53.jpg
OLYMPUS M10mk3+MZD17mmF1.8;EFL34mm、F1.8、SS1/100、ISO1600


 子供たちの夏休み、ということで、私もついつい、遊びほうけてしまいました。いろいろな場所に出かけましたが、子供たちの成長には、おどろくばかりです。今後の成長が、ますます楽しみになる、2019年の夏休みでした。


おじさん写真に、応援をお願いします:
PVアクセスランキング にほんブログ村
技術・工学ランキング


関連記事
↓↓↓子供と学ぶ、プログラミング学習&論理的思考↓↓↓ 20190217_logicalprog.jpg






管理者にだけ表示を許可する

★コメント受付に時間がかかることがあります★



45mm出番減るでしょ?
ご無沙汰しております、マツジョンさん。
そうなんです。45mmは10mm台のレンズがあると出番が減るんです。子供2〜3人まとめて撮る時や、背景をしっかり入れて撮りたい時は45mmでは狭いんです。45mmのために撮らないといけないんです。
なので、私は12mmF2を考えました。でもこれ高いんですよね。もしこれに注ぎ込むなら、40mm-150mmF2.8+2倍テレコン(新発売品薄)の方がいいかなと。4歳の子が12歳になるまで8年間とりあえず運動会、発表会専用で使えますので。8年間使用で概算15万円!?嫁さんを説得できればなぁ。
パパフォトグラファ | URL | 2019/09/01/Sun 20:21 [編集]
> パパフォトグラファ さん
おはようございます。
 45mmは公園遊びに重宝したのですが、真夏は暑いこともあり、めっきり使用機会が減ってしまいました。望遠レンズ45-175mmもほとんど使っていませんが、近く運動会があり、ひさびさの出番になりそうです。(私の使用頻度では、40-150mmは、とても元をとれそうにありません。)
 PM2の調子が悪いので、最近は2台目ボディを検討中です。

マツジョン | URL | 2019/09/03/Tue 05:56 [編集]
17mmいいですよねー。特別に良く写るとは感じないけど、小さくてどこにでも携帯しやすいのが最高です!汎用性もあるしとにかく便利なレンズだと思います!
しじさん | URL | 2019/09/12/Thu 15:00 [編集]
> じじさん
こんばんは。17mmは、すっかり愛用レンズになりました。小さくて携帯しやすく、優しい感じに写るので、子供撮りに便利です。安くはない出費でしたが、買ってよかったです。
マツジョン | URL | 2019/09/13/Fri 19:37 [編集]



トラックバック
TB*URL





Copyright © 家と子供と、今日のおじさん(仮). all rights reserved.