家と子供と、今日のおじさん(仮)

2017年築の家で、妻+子供3人と過ごす記録です。ほのかに工学テイスト。


☆祝☆ 200万ページビュー! ご訪問に感謝します。

↓↓↓子供と楽しむボードゲーム↓↓↓ 子供と遊ぶボードゲーム

 神奈川県藤沢市では、2019/2/9~3/31の間、「エノシマトレジャー2019 ~ウケツガレシ リュウノチカラ(受け継がれし竜の力)~」が開催されています[1]。毎年開催されているイベントで、今年も、このエノシマトレジャー(通称「エノトレ」)を楽しみました。
 ★2018年の記事は →こちら
 ★2017年の記事は →こちら
 ★2016年の記事は →こちら
 ★2015年の記事は →こちら
 ★2014年の記事は →こちら。
 ★2013年の記事は →こちら
 ★2012年の記事は →こちら

[1]タカラッシュ:エノシマトレジャー
http://www.takarush.jp/promo/fujisawa2019/

 開催期間があと2週間ほどとなりましたので、ネタばらしにも似た「クチコミ情報」(寸止め回答集)を書きます。どうしても解けない場合、すぐに終わらせたい場合、小さい子供が「だっこ/おんぶ」を要求して困り果てた場合、などなど、最後のヒント・解決手段としてご活用ください。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
 これから取り組もうとしている方は、
 見ないように注意してください。
 自力で探したほうが、何倍も楽しめます。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


 毎度ながら、たいへんよくできた宝探しイベントです。内容を味わいつくし、遊びつくすために、この記事を書きました。イベント開催者の皆様に、感謝します。


★エノトレ2019、江ノ島エリア・ユランコース
 今年のエノトレは、「江ノ島エリア」と「善行エリア」の、2つの捜索範囲で開催されます。さらに今年は、新フィーチャーとして、江ノ島エリアが難易度の違う2コース、「アルクスコース」と「ユランコース」に分かれています。それぞれのエリア、コースは、独立しているので、いずれか一方でも楽しめます。もちろん、エノトレをこよなく愛する私は、すべてのコースを堪能しましたよ!

 今回の記事では、「江ノ島エリア・ユランコース(前編)」について書きます。参加日は、2019/2/16 土曜日です。曇天ではありましたが、それほど寒くはなく、宝探しには適した日だったと思います。

★2019年 江ノ島エリア・アルクスコースの記事は、→こちら
★2019年 善行エリア・ライシェコースの記事は、→こちら

 今回の参加メンバーは、私と長女8歳の2人だけです。この「ユランコース」は、「アルクスコース」に比べて難易度が高くて、所要時間は「4時間以上」とあります。長男4歳と次男2歳の参戦は、難しいと考え、2人で挑戦することにしました。
20190318z001.jpg

 スタート地点は、「白竜ジランドの石像」です。
20190318z100.jpg


 今回の宝の地図は、例年とかなり違っています。番号のついたコマに分かれています。各コマには、次にどのコマに進むかや、解くべき謎の指示が書かれています。これにしたがって、ストーリーを進めていくシステムです。昔はやった「ゲームブック」のような仕組みですね。
20190317z905.jpg

 「アルクスコース」(所要時間2時間程度)か「ユランコース」(所要時間4時間程度)の、どちらかを選べます。今回は、エノトレ・マニアになりつつある娘8歳と一緒なので、迷わず「ユランコース」です! ユランコースは、コマ番号・■番からスタートとなります(■は、フセ字です)。(アルクスコースには、後日、長男4歳&次男2歳と臨みました。)
20190318z101.jpg


★さあ出発だ!~アラミタマを倒す手がかりを求めて
 巨大な悪魔「アラミタマ」を倒す手がかりを見つけるため、まずは島の歴史を調べることを考えた竜騎士。「気になる3人」の中から、私たちは「小綺麗な老紳士」に話しかけることにしました。すると、絵の場所に来てくれ、ということです。絵には、「赤い鳥」が書いてあり、そのよこに三角形を組み合わせた図形があります。いったい、どこのことでしょうか。「赤い鳥居」であれば、江島神社のシンボルになっているのですが…
20190318z111.jpg

 …などと悩んでるヒマもなく! さすがエノトレ挑戦が5回目の娘、とっととカンバンを見つけてしまいました。カンバンで指示されたことは2つ。ひとつは、情報整理シートの<■■■>を読むこと。もうひとつは、<もらいもの>として、■■■をメモすることです。このアイテムは、何の役にたつのでしょうか。
20190318z112.jpg 20190318z113.jpg

 カンバンで指示された番号に進むと、新たな出会いがありました。さらに私たちは、謎の少女に出会うのです。少女は走り去り、その場に残された紙を手がかりに、私たちは進みます。江ノ島神社の辺津宮、中津宮を通り過ぎて、ずんずん進みます。「江の島大師」と「山ふたつ」も越えて、「階段途中のお店」とは、ここのことでしょうか?
20190318z121.jpg

 ありました、カンバンです! ここでは、情報整理シートへの記載と、地図でのちょっとした作業が指示されました。この作業によって、3つの図形が現れました。いったい、何を示しているのでしょうか? さきほど、情報整理シートに記載した内容が、関係していそうな気がするのですが…。1文字目は、「(かぎかっこ)のような図形です。この形は、情報整理シートの、一部分に似ています。すると、その「の中にある文字が、1文字目になる、ということかもしれません。同様に、2文字目、3文字目と読めば、何かの言葉になるでしょうか…?
20190318z122.jpg


★謎の少女を追って
 現れた文字の示すものを、地図の中に見つけた私たち。これまで来た道を少し戻りましたが、ここがそのバシャに、もとい場所に、違いありません。
20190318z130.jpg

 いました!さっきの少女です。しかし彼女はまた、竜騎士を置いて走り出すのです。これは、追わなくっちゃいけませんね!!
20190318z131.jpg

 少女の残した言葉によれば、「■■の地」を目指さなければなりません。しかし、せっかく江ノ島に来たのだから、観光もしたいと考えてしまいます。この江の島には、面白いオブジェがたくさんあります。例えば、ここ中津宮(なかつのみや)では、天女の羽衣のようなマークが見つかりましたよ。
20190318z140.jpg

 などと観光を楽しんでいたら! なんとそこには、求めていた手がかりがあるではありませんか!! ただ、この手がかりですが、文字がランダムに並んでいるようで、そのままでは読めません。手がかりは、少女の残した「くき むし あみ」という言葉でしょうか。何のことやら、さっぱり分かりませんが、文字が「くろ」「きいろ」、「むらさき」「しろ」、「あか」「みどり」など、様々な色で書かれていることと、関係あるのでしょうか。「くき」⇒「くろ・きいろ」の略、なんてことが、まさか、あるとは、なかなか思えませんが…。
20190318z141.jpg

 現れた言葉に従って、話を進めていくと、なんだかたいへんなことが起きてしまったようです。先ほど、地図で行った作業を、少しやり直さなければならないようです。チューリップの影響で、なにやら行先が変化してしまうようです。どうしたものでしょうか? …そんなことを考えながら、私たちは江ノ島の入口へと、フラフラと歩いていることに気が付きました。見慣れた「〒」マークといえば、郵便局ですね。
20190318z211.jpg

 と、おっとびっくり!!なんと私たちは、次の手がかりを見つけてしまったようです。竜騎士のアイテムが、また一式増えました。ここで、使うべきアイテムを選ぶことが、謎として提示されます。今回見つけたアイテムには、けったいな名前がついていますが、この中からひとつだけを選ぶのです。正しいアイテムのヒントは、「新品」「両端には置かない」「お尻に色」ということです。新品と言えば、使っていないということで、例えば液体の製品であれば、「満タン」ということでしょうか。そして、お尻に色、といいますが、「シロ」だったり「クロ」だったり、いろいろありますよね。ビンのお尻なのか、名前のお尻なのか、そういったところも考えどころですが、ともかくどれを使うか、決めなければなりません。
20190318z212.jpg


★「伝説の剣」の眠る祠(ほこら)
 無事、正しいアイテムを同定して、人助けをすることができた竜騎士。こんどの謎は、地図上で図形を順番に結ぶ、というものです。地図をよく見ると、指示と似た形状の図形がありますが、関係あるのでしょうか。そして、これらの図形には、いずれも、小さな点(ポッチ)が付与されています。「点むすび(点つなぎ)」が好きだった私は、こういったものを見ると、ついつい結びたくなってしまうのです。ところで、どんな順番で、線を結べばよいのでしょう? そして、「2つの線が交差する地」とは、いったいどこなのか?(ここは、定規があったほうがよさそうです。なければ、地図の縁を使いましょう。)
 …それは置いておいて、藤沢の花といえば「藤(ふじ)」です。公園には、藤棚があることが多いです。ここ江ノ島でも、辺津宮と中津宮の間、緑の広場に、藤棚があります。もちろん、藤の季節ではないので、花はなく、寂しい感じです。
20190318z221.jpg

 それはそうと。私たちは、老婆の話の続きを知ることになります。なんでも「伝説の剣」が必要になるということ。それを求めて、私たちは旅を続けるのでした。むかうべきは、「■■の地」です。
20190318z222.jpg

 エノトレストーリーはさておき。ところで、江ノ島のシンボルになっているのが、灯台「江の島シーキャンドル」です。その近くは、大道芸などが行われる広場があり、江ノ島の観光ポイントを案内する、「大きな地図看板」があります。普通の観光地図のようですが、よくみると、ちょっとエノトレっぽいアレンジがされているようで、気になります。
20190318z231.jpg

 伝説の剣が隠されている「祠(ほこら)」の手がかりを探すのが、ここでのミッションです。2つの手がかりを探して、祠の場所を突き止めるのです。さて、2つの地とはどこか? この大きな地図を見て、「ユランの紋章」の場所を探せばよいのです。ところで、ユランの紋章って、何色でしたっけ? 赤色?それとも、青色? 困ったときは、パンフレットを見てみましょう。「ユラン」ですよ!
20190318z232.jpg

 まずは1個目の手がかり。「■■付近の■■」ということで、娘が見事に「石碑」を探し出しました。石碑の数字と模様をメモして、次の石碑を探します。
20190318z235.jpg 20190318z236.jpg

 そして2つ目は、「■宿る■の■」の石碑です。こちらは、江ノ島では比較的メジャーな観光スポットだと思います。
20190318z238.jpg 20190318z239.jpg

 2つの場所を巡ったら、石碑の数字を足した番号へ進みます。ここで、石碑の模様が必要になります。「石碑に描かれた2つの模様が同時にあらわれしとき」とは、いったいどういうことなのか? ここは、パンフレットを隅々まで探して、石碑に似た模様や、矢印っぽい形状を探すしかありません。石碑の模様に似た図形が見つかったとしたら、例えば折ったり重ねたりして、石碑の模様を作れないものか? ここで、2つの模様を「同時に」作らなければいけない点が、ポイントですね。(エノトレらしい、秀逸なギミックです。)
20190318z310.jpg

 そんなこんなで、「矢印の先」と思われる場所を見つける必要があるのですが。それは置いておいて、ちょっと息抜き。天気もよくなってきたので、散歩気分で、林の中の道を、ずんずんと進んで行くことにしました。
20190318z311.jpg 20190318z312.jpg

 するとついに! 伝説の剣の眠る「祠(ほこら)」にたどり着きました!!(ここで、ユランコースと、アルクスコースが、いったん合流します。)
20190318z313.jpg


★竜騎士の冒険は続く
 しかし、伝説の剣には結界が張られ、謎を解かなければ、手に入れることができません。

 果たして、竜騎士は、伝説の剣を手に入れられるのか? そして、アラミタマを倒すことができるのか? エノシマの運命は、君の手にかかっているのだ!!

 …後編に続く!!(→こちら)


(お昼ご飯は、江ノ島丼でした。サザエの卵とじ!)
20190318z982.jpg


 毎年楽しませて頂いている「エノシマトレジャー」。今年は、難易度の違う2コースが用意されており、参加メンバーによって選べることが、とても良いアイデアだと感じました。我が家では、アルクスコースは4歳&2歳のちびっこチーム、ユランコースは8歳の娘と参加しました。両方参加しても良い、というのも、また楽しいですね。このユランコースは、アルクスコースに比べて2倍くらいのボリュームがあり、ブログも前編・後編に分けないと、書ききれないほどでした。

 今年も、開催にご協力くださいました皆様に、感謝します。「参加無料(タダ)」で、これだけ楽しめて、本当に素晴らしい企画だと思っています。ありがとうございました!!


この記事が役立ちましたら、応援をお願いします:
PVアクセスランキング にほんブログ村
技術・工学ランキング
関連記事
↓↓↓子供と学ぶ、プログラミング学習&論理的思考↓↓↓ 20190217_logicalprog.jpg






管理者にだけ表示を許可する

★コメント受付に時間がかかることがあります★






トラックバック
TB*URL





Copyright © 家と子供と、今日のおじさん(仮). all rights reserved.