家と子供と、今日のおじさん(仮)

2017年築の家で、妻+子供3人と過ごす記録です。ほのかに工学テイスト。


☆祝☆ 200万ページビュー! ご訪問に感謝します。

↓↓↓子供と楽しむボードゲーム↓↓↓ 子供と遊ぶボードゲーム

 神奈川県藤沢市では、2019/2/9~3/31の間、「エノシマトレジャー2019 ~ウケツガレシ リュウノチカラ(受け継がれし竜の力)~」が開催されています[1]。毎年開催されているイベントで、今年も、このエノシマトレジャー(通称「エノトレ」)を楽しみました。
 ★2018年の記事は →こちら
 ★2017年の記事は →こちら
 ★2016年の記事は →こちら
 ★2015年の記事は →こちら
 ★2014年の記事は →こちら。
 ★2013年の記事は →こちら
 ★2012年の記事は →こちら

[1]タカラッシュ:エノシマトレジャー
http://www.takarush.jp/promo/fujisawa2019/

 開催期間があと2週間ほどとなりましたので、ネタばらしにも似た「クチコミ情報」(寸止め回答集)を書きます。どうしても解けない場合、すぐに終わらせたい場合、小さい子供が「だっこ/おんぶ」を要求して困り果てた場合、などなど、最後のヒント・解決手段としてご活用ください。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
 これから取り組もうとしている方は、
 見ないように注意してください。
 自力で探したほうが、何倍も楽しめます。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


 毎度ながら、たいへんよくできた宝探しイベントです。内容を味わいつくし、遊びつくすために、この記事を書きました。イベント開催者の皆様に、感謝します。


★エノトレ2019、江ノ島エリア・ユランコース(後編)
 前回に引き続き、エノシマトレジャー2019、江ノ島エリア・ユランコースに取り組んでいます。

 前編は、→こちら

 前回まで、竜騎士は、伝説の剣の眠る「祠(ほこら)」にたどり着きました。
20190318z313.jpg


★アラミタマとの「決戦の時」
 そうして、ここからが今回の「エノシマトレジャー」の最大のハイライトですよ!!「情報整理シート」の「祠」の欄を使った謎解きです。「■から▲まで道を進め。★は通れない。」とは、いったいどういうことなのか?
 あらためて地図を広げてみます。よく見ると、番号のコマとコマの間にはスキマがあり、いろいろな絵がかいてあります。その中には、左の方に■、右の方に▲があります。そして、ところどころに★があります。コマとコマの間のスキマを、通路に見立てると、まるで★が通路を塞いでいる、迷路のようにも見えます。
 では、「途中で出会いしもの」とは、いったい何でしょう?スタートを■、ゴールを▲とした、迷路を進むと、いろいろなアイテム(ヨット、本(ホン)、自転車(ジテンシャ)、などなど)に遭遇しそうですが、何か関係あるのでしょうか?
20190318z320.jpg

 たぶん暗号をうまく解いて、現れた数字のコマに進むと、次に進むべき場所が分かるのでしょう。…それはそうと、江ノ島を奥の奥まで進むと、「岩屋」と呼ばれる洞窟があります。残念ながら、現在は工事中で、見学は不可とのことでした。写真のような、立派なトイレもあります。
20190318z321.jpg

 …と思っていたら! なんと私たちは、次の手がかりにたどり着いていたことに気が付きました。ユランコースとアルクスコースの手がかりが並び、それぞれに、別の指示がありました。とうとう、「アラミタマ」との最終決戦のときが来たようです。
20190318z325.jpg

 しかし、現在の装備では、アラミタマに攻撃が届かないとのこと。指示にしたがって、「■」の地を目指します。ちなみに写真は、関係あるかどうか不明ですが、江ノ島の灯台(サムエル・コッキング苑)の入口の前にある、地図です。
20190318z401.jpg

 アラミタマに攻撃するには、「波動」のようなものを打たなければなりません。ここで、<巻物>に書かれたアイテムが役立ちます。ところが、これらのアイテム名、および効果は、暗号で書かれていて、そのままでは読めません。ここで得られた手がかりを使えば、読めるようになるのでしょうか?
 …それはそうと、数字というのは、いろいろな使い方がありますね。例えば、ひとつひとつの文字に番号をつけて、番号順に読むと、意味が通るようにできるとか。例えば、「スキルヲユチズ」という、意味不明な文字と、「6173542」という番号をセットにしてみましょう。ふたつを合わせると、6=ス、1=キ、7=ル、といった具合です。そして、1から順番に読んでいくと、1=キ、2=ズ、3=ヲ、…となり、「キズヲチユスル(傷を治癒する)」という言葉になりますね。これは面白い。もしも、今回の暗号もこの調子で、「波動を放つ」ようなアイテムが見つかるのであれば、たいへんありがたいのですが。
 なお、アイテムは、そのまま使うのでなく、右に倒す、というのもポイントでしょうか。カタカナや漢字というものは、右から見ると、違った文字に見えてしまうことがあるので、注意が必要ですね。
20190318z402.jpg


★エノシマを、少女を、救うことができるのか?
 そうして、竜騎士が放った波動は、アラミタマを直撃! これで、アラミタマを倒すことができたのでしょうか? 宝の地図の指示に従い、「■の地」に向かう私たち。写真は、その地と関係あるのかないのか、中津宮から辺津宮に向かう途中にある、展望台です。あれ、「落雷注意」って、こんな看板、あったっけ?
20190318z411.jpg 20190318z412.jpg

 そこで私たちが見たものは…。エノシマを、少女を救うために、竜騎士はどうするのか!?
20190318z413.jpg

 ここでの選択肢は3つ。ひとつめの選択肢は、「■の地」の道の左側、黒い柵ですが、これはうまくいきません。
20190318z421.jpg 20190318z422.jpg

 ふたつめ。素手で戦ったとしても、うまくいくとは思えません。
20190318z425.jpg

 それならば、最後の選択肢です。…は、おいといて。ひとやすみ、ということで、江ノ島入口から、左に進んだ「北緑地」のあたりに行きました。このあたりは、江ノ島にしては人出が少なく、海も見えて、落ち着いた時間を過ごせます。
20190318z431.jpg

 と思いきや!! 実は娘8歳は、次の手がかりを見つけるために、ここに来ていたのでした!! …さあ、いよいよ大詰めです。先代の竜騎士からもらったアイテムを使って、新しい道を開くのです!! 竜騎士からもらったアイテムが、巻き物の一番下の切れた部分であることに気が付けば、暗号を使って、使うべきアイテムが分かるはずです(薬箱にあります)。
20190318z432.jpg

 …ところが、使おうとしたアイテムは、なんと「空っぽ」。ここで赤いドラゴンのユランが、「光のついていない灯台」まで、薬をとりに行ってくれることになりました。しかし、次に進むべき番号「50」番が、見当たりません!!
 こんなときは、ちょっと頭を冷やすために、宝の地図を使って遊んでみるのがよいかもしれません。ユランと言えば、赤いドラゴン。これは、宝の地図の中央あたりに描かれていますね。そして、「光のついていない灯台」も、地図の左のほうにあります。ユランが灯台に向かうということは、地図でいえばこんな感じかしらん、などと言って、地図を折り曲げてみたりします。でも、地図上でユランが灯台についても、「50」番に行かなくちゃ、しょうがないんですよね…。地図を折ったら、新しく50番が出てくる、なんていう、都合のよいことが、あればよいのですが、まさか、本当に、そんなことがあるのでしょうか。
20190318z501.jpg

 もしも、50番につくことができたのなら。竜は薬を手に入れて、竜騎士のもとに戻ることでしょう。そうだとすれば、祠のときと同じ、迷路の謎が使えるかもしれませんね。通ったものの「頭」を拾ってつなぎあわせれば、「テント」「ガイコツ」「ミミズ」…となって、あるいは次に進む場所が、分かるのかもしれません。もちろん、あくまで、仮定の話になりますが。
20190318z502.jpg

 さておき、観光ではマイナーですが、エノトレではおなじみの「聖天島(しょうてんじま)公園」にやってきました。この場所はこれまで何度も、エノトレの重要スポットとして使われてきました。さて今回は、どうでしょう?
20190318z511.jpg 20190318z512.jpg


★ついに封印! エノシマに平和が戻った!!
 ついに、「アラミタマ」を倒した竜騎士。しかし、その「言霊(ことだま)」を封印しなければ、完全に倒すことはできないとのこと。ここまでに集めた<アラミタマの痕跡>を手がかりに、言霊の落ちた場所に急がねばなりません。そこは、いったいどこだろうか? まさか、地図上に「ココ」なんて示していることは、ないですよね? エッ、あるの!?
20190318z521.jpg

 そしてとうとう、私たちは、目的の場所を見つけました。「ココ」ですよ、「ココ」!! (この謎が、今回のエノトレで、一番ヒットした謎でした。本当に、面白い、よくできています。)
20190318z531.jpg 20190318z532.jpg

 そしてそして! ついに私たちは、最後の宝箱を見つけたのでした!!
 おめでとう!! 君はついに、アラミタマを完全に封印することができた! 竜騎士と紅竜ユランの活躍により、エノシマに再び平和が訪れたのだ!!
20190318z534.jpg



★景品は「宝の地図帳」
 無事、最終キーワードを見つけたので、発見報告です。場所は、「藤沢市観光センター」。
20190318z901.jpg

 江ノ島エリアの景品(江の島賞)は、「オリジナル・宝の地図帳」でした。単なるメモ帳でなく、右半分は、江ノ島の地図になっています。しかも、全ページとも、同じ地図です。面白いですが、使い方が、難しいかもしれません。
20190318z910.jpg 20190318z911.jpg

 そして、今回は、「コカ・コーラ」の「ミニ缶」をもらうことができました。先着5000名様ということで、来るのが遅くなると、もらえないこともあります。今回は、2/9(土曜日)からの開催で、2/16(土曜日)に参加しましたので、まだ残っていました。ラッキー!!
20190318z913.jpg

 午前10時半頃に江ノ島に到着し、完了したのは15時ちょっと前でした。パンフレット記載の「4時間以上」に対して、妥当な時間で完了できました。途中、レストランできちんと昼食をとったことを考えると、わりと早く終えられたと思います。事前にだいぶ予習していたのが、功を奏しました。歩く距離は、例年に比べて長く、行ったり来たりもあり、たいへんだったと思います。さすが「上級編」です。小さな子供たち(長男4歳、次男2歳)は連れて来なくて、正解でした。
20190318z952.jpg


 毎年楽しませて頂いている「エノシマトレジャー」。今年は、難易度の違う2コースが用意されており、参加メンバーによって選べることが、とても良いアイデアだと感じました。我が家では、アルクスコースは4歳&2歳のちびっこチーム、ユランコースは8歳の娘と参加しました。両方参加しても良い、というのも、また楽しいですね。このユランコースでは、アルクスコースでは分からなかった謎やエピソード(煙草の老人の正体、少女とのかかわりなど)があり、両方遊ぶことで、より物語を深く楽しめました。

 今年も、開催にご協力くださいました皆様に、感謝します。「参加無料(タダ)」で、これだけ楽しめて、本当に素晴らしい企画だと思っています。ありがとうございました!!


この記事が役立ちましたら、応援をお願いします:
PVアクセスランキング にほんブログ村
技術・工学ランキング
関連記事
↓↓↓子供と学ぶ、プログラミング学習&論理的思考↓↓↓ 20190217_logicalprog.jpg






管理者にだけ表示を許可する

★コメント受付に時間がかかることがあります★






トラックバック
TB*URL





Copyright © 家と子供と、今日のおじさん(仮). all rights reserved.