家と子供と、今日のおじさん(仮)

2017年築の家で、妻+子供3人と過ごす記録です。ほのかに工学テイスト。


☆祝☆ 200万ページビュー! ご訪問に感謝します。

↓↓↓子供と楽しむボードゲーム↓↓↓ 子供と遊ぶボードゲーム

 2017年10月から、新築住居で暮らしています。建築業者(工務店)は、「クボタ住建」です[1]。このブログでは、新築設計から施工までお願いし、実際に1年住んだ経験をもとに、いわゆる「クチコミ情報」を紹介しています。
[1]クボタ住建:
https://kubotajyuken.com/

 クボタ住建の「ウリ」のひとつだと思うのが、「ムク材(集成材でない)」をふんだんに使用した、「躯体(くたい)」です。

 2階への階段は、吹き抜けとつながっているのですが、ここから「梁(はり、ビーム)」が見えます。梁は、2階を支える、重要な構造物です。
20181204z02.jpg

 下からみたところ。吹き抜けの四方を、太い太い梁が、囲んでいます。見るからに、しっかりした作りです。
20181204z03.jpg

 梁と梁の間は、斜めの部材で補強されています。ボルトが見えるのも、カッコウイイです。
20181205z06.jpg

 そして、梁の厚さは。約30センチ(正確には、29センチ)でした。
20181205z52.jpg

  梁の幅は、10センチです。
20181205z51.jpg

 梁の下は、大黒柱が支えています。住む人に似合わないくらいの、立派な家だと思います。
20181204z05.jpg


 これだけのムク材を使うのだから、そりゃあ坪単価が高くなるわけです。概算坪単価は、約90万円でした。我が家の「大黒柱(=私のこと)」には、ローンが重くのしかかります。

 (もちろん坪単価は、建物の内容によって大幅に変動します。あくまで我が家の場合の、一例としてご参考ください。)


応援をお願いします:

注文住宅(施工主)ランキング注文住宅
関連記事
↓↓↓子供と学ぶ、プログラミング学習&論理的思考↓↓↓ 20190217_logicalprog.jpg






管理者にだけ表示を許可する

★コメント受付に時間がかかることがあります★






トラックバック
TB*URL





Copyright © 家と子供と、今日のおじさん(仮). all rights reserved.