家と子供と、今日のおじさん(仮)

2017年築の家で、妻+子供3人と過ごす記録です。ほのかに工学テイスト。


☆祝☆ 200万ページビュー! ご訪問に感謝します。

↓↓↓子供と楽しむボードゲーム↓↓↓ 子供と遊ぶボードゲーム

 5年前(2013年9月)に初めての一眼レフ(ミラーレス=ノンレフ)を買ってから、ほぼ毎日、写真を撮っています。主な撮影対象は、子供たち(7歳娘、4歳長男、2歳次男)です。

 今回は、2018年11月の「よく撮れたと思う写真」を並べます。自分の思った通りに撮れたと思う写真や、何らかの新しい知見を得られた写真などを、選んでいます。
 11月の撮影枚数は、251枚でした(整理一巡後)。月間の平均枚数が200枚なので、ほぼ平均的な成果です。大きなイベントもなく、あまり写真を撮っていなかった印象だったのですが、意外と撮っているものです。


◎使用機材
・カメラ:
 ①オリンパス ミラーレス一眼レフ OM-D E-M10 mark3
 ②オリンパス ミラーレス一眼レフ PEN mini E-PM2

・レンズ:
 ①オリンパス 広角単焦点 M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8
 ②オリンパス 中望遠単焦点 M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8


★これまでの「私の作例写真集」は、→こちら


★1.引越し1周年!
 昨年(2017年)の10月下旬に新居に引っ越してから、はや1年が経過しました。この機会に、家の間取りや設備など、思うところをブログに書こうと考えています。
 家の中の様子を撮る場合には、広角のレンズが便利です。しかし私の所有レンズでもっとも広角のものは、オリ17mmF1.8で、換算画角(EFL;Equivalent Focal Length)34mmです。そこで、以前に購入した3000円ワイコン(→こちら)を使った撮影を試してみました。画角は推定24mmとなります。周辺が流れるので絞る必要があるのと、全体に歪む(ソフト魚眼?)ことがありますが、記録写真としては、十分な品質だと思います。
 ただ、画角は24mmに過ぎないので、これならば、ズームレンズ12-32mmなどを、買い直したほうがよいかもしれません。ただ、今はローンの負担が大きく、レンズを買う余裕がないのです。
<画像はクリックで拡大します(3Mサイズ)>
201811bst11.jpg
OLYMPUS PM2+MZD17mmF1.8+WCx0.7; EFL24mm、F5.6、SS1/160、ISO3200


★2.冬はイルミネーション!
 11月に入ると、クリスマスも近く、イルミネーションが盛んになります。私たち家族5人は、私の父母といっしょに、御殿場「時之栖(ときのすみか)」に、一泊旅行に行きました。光のトンネルが、見事でした。
 写真は、何も考えずに、Aモード(絞り優先オート)で撮っています。何枚か様子を見て、露出補正+0.7をかけています。問題ない仕上がりで、よく写っています。
201811bst51.jpg
OLYMPUS PM2+MZD17mmF1.8; EFL34mm、F1.8、SS1/320、ISO640;EV+0.7

 ところが。何枚か撮っていると、明るさがバラつくように思えます。下の写真は、同じセッティングで撮っているのですが、画面が暗いです。ISO感度は640→1000に増加(自動設定)しているにも関わらず、暗いのです。
 推察ですが、おそらく、いわゆる「フリッカー現象」が、原因だと思います。このイルミネーションは、LEDで、電源は交流だと思われます。そのため、商用電源の周波数(50Hz)で、明暗を繰り返しているのでしょう。今回の写真は、シャッタースピードが1/320sですので、商用電源の明暗の周期1/50sと比べて、短時間です。このため、タイミングによって、写真が明るかったり、暗かったり、という結果になると、推定されます。
201811bst54.jpg
OLYMPUS PM2+MZD17mmF1.8; EFL34mm、F1.8、SS1/320、ISO1000;EV+0.7

 そこで、Sモード(シャッタースピード優先オート)に変更して、シャッタースピードを1/60sまで落としてみました。結果として、明るさのバラツキは低減できました。下の写真の通りです。
 しかし、別の問題が発生してしまいました。子供たちは落ち着きなく動くので、「動体ブレ」が生じてしまうのです。下の写真は、おそらく動体ブレの影響で、子供たちがボヤけています。(さらに、ピントが合っていないようにも見えます。)
201811bst55.jpg
OLYMPUS PM2+MZD17mmF1.8; EFL34mm、F1.8、SS1/60、ISO200;EV+0.7


★3.子供たちの成長
 子供たちも、ずいぶん大きくなりました。娘も、もう7歳です。彼女が2歳のころから、オリ45mmF1.8で撮り続けているのですが、最近は、身長の増加が著しいようです。
 以前は、45mmで撮ると、ちょうどよい距離から、全身を収められたのですが、今は、かなり離れる必要があります。写真を長く撮り続けることで、こんな形で、子供たちの成長を感じることもできるのだなあ、と思った1枚です。
201811bst21.jpg
OLYMPUS M10mk3+MZD45mmF1.8; EFL90mm、F2.8、SS1/3200、ISO200

 一方の長男4歳と言えば。最近、「男の子っぽさ」、すなわち「バカっぽさ」が、増しているのを感じます。「目玉が飛び出すメガネ」をかけたシャッターチャンスを、うまく捉えることができました。17mmF1.8は、こうした間近で撮る写真に、使いやすいです。
201811bst22.jpg
OLYMPUS PM2+MZD17mmF1.8; EFL34mm、F1.8、SS1/320、ISO800

 そして、次男2歳は、わんぱくぶりがさく裂中です。先日は、どうしても「ねえね」の服を着たいというので、いつもの服の上に着せて、公園に出かけました。そうして歩いていると、まるで小さかったころの娘のようです。ああ、懐かしいなあ、この人もまた、大きくなっていくのですね。
201811bst32.jpg
OLYMPUS PM2+MZD17mmF1.8; EFL34mm、F1.8、SS1/800、ISO200

 最後に、おじさんと次男のツーショット写真です。私の服の中に、入っているんですよ。あら、かわいらしいこと。
201811bst33.jpg
OLYMPUS PM2+MZD17mmF1.8; EFL34mm、F2.8、SS1/320、ISO1250


 11月は、娘7歳の発熱(39℃)で七五三を見送ったトラブルもありましたが、家族全員、おおむね元気に過ごしています。これから冬本番、健康第一で、過ごしたいと思います。


おじさん写真に、応援をお願いします:
写真日記
関連記事
↓↓↓子供と学ぶ、プログラミング学習&論理的思考↓↓↓ 20190217_logicalprog.jpg






管理者にだけ表示を許可する

★コメント受付に時間がかかることがあります★






トラックバック
TB*URL





Copyright © 家と子供と、今日のおじさん(仮). all rights reserved.