家と子供と、今日のおじさん(仮)

2017年築の家で、妻+子供3人と過ごす記録です。ほのかに工学テイスト。


☆祝☆ 200万ページビュー! ご訪問に感謝します。

↓↓↓子供と楽しむボードゲーム↓↓↓ 子供と遊ぶボードゲーム

 今回は、新旧のオリンパスのミラーレス一眼で、オートフォーカス(AF)の速度を比較します。
・PEN mini E-PM2 (2012年発売)
・OM-D E-M10 mark3 (2017年発売)


★サクサク撮れる!最新ミラーレスM10mk3
 先日、オリンパスのミラーレス一眼レフ(ノンレフ)、「OM-D E-M10 mark3」を買いました。昨年発売(2017年9月)の、最新機種なのです。(購入記事は、→こちら
20180501z03.jpg

 数あるミラーレスの中から、この機種を選んだ一番のポイントは、「サクサクとした快適な動作」でした。特に、子供撮りに便利な「タッチシャッター」のレスポンスが、以前にも増して向上した気がします。AF(オートフォーカス)が速く感じます。

 論より証拠がほしい。というわけで、発売が5年前の旧機種PM2(2012年発売)に対して、AFどれくらい速くなったのか? 実験をしてみました。


★さあ実験!AF速度に差はあるか?
 オリンパスのミラーレス一眼、2機種でAF速度を比較しました。
・カメラA:OLYMPUS PEN mini E-PM2 (2012年発売)
・カメラB:OLYMPUS OM-D E-M10 mark3 (2017年発売)


 三脚にセットしたカメラから、約1m、3mの位置に、ピント合わせ対象物を配置しました。使用レンズは、OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8です。
20180502z81.jpg

 これらのターゲットに交互にタッチシャッターでピント合わせを行います。タッチシャッター時の動作の様子を、ビデオ撮影して、両カメラのAF速度を比較しました。
20180502z01.jpg 20180502z02.jpg


★快速タッチシャッターは、体感2倍の速さ!
 結果です。下の動画のようになりました。PM2ではスッとピントが合うのが分かるに対して、M10mk3ではごく一瞬でピントが合っています。体感で、2~3倍の速さではないでしょうか。やっぱり、速いよ、素晴らしいよM10markⅢ!

 
 AF速度の比較は、以前、オリンパスPM2とパナソニックGX7(初代)でも行っています。そのときの動画がこちら(詳しくは、→こちらの記事)。条件が違うので直接比較ができませんが、GX7はピントが合う直前に、ごく僅かな「ためらい」を感じます。この点で、やはりM10mk3が速いように思えます。(GX7を手放してしまったため、直接比較ができません。)



★結論:M10mark3のタッチシャッター、すこぶる快適ですよ!
 実験の結果、OM-D E-M10Mark3は、PM2に比べて、大幅にAF速度が改善されていることが分かりました。
 AF速度の向上に加え、シャッター後の画面の戻りも速く、サクサクと軽快に撮れます。チョコマカと動く子供を撮るには、タッチシャッターが便利ですが、この便利さが、さらに増したと言えます。(タッチシャッターの子供撮りへの適性の高さは、→こちらの記事
 
 さあ、みんな、新しいOM-Dで、レッツ、エンジョイ、子供撮り!!



この記事が役立ちましたら、応援をお願いします:
写真日記

関連記事
↓↓↓子供と学ぶ、プログラミング学習&論理的思考↓↓↓ 20190217_logicalprog.jpg






管理者にだけ表示を許可する

★コメント受付に時間がかかることがあります★






トラックバック
TB*URL





Copyright © 家と子供と、今日のおじさん(仮). all rights reserved.