家と子供と、今日のおじさん(仮)

2017年築の家で、妻+子供3人と過ごす記録です。ほのかに工学テイスト。


☆祝☆ 200万ページビュー! ご訪問に感謝します。

↓↓↓子供と楽しむボードゲーム↓↓↓ 子供と遊ぶボードゲーム

【今日の昼食】
 お弁当です。
r20180313.jpg


妻の料理を応援して下さい:
写真日記


【今日のおじさん】エノシマトレジャー2018、長後エリア攻略ヒント(ネタバレ答えブログ)
 神奈川県藤沢市では、2018/2/10~3/31の間、「エノシマトレジャー2018 ~光と闇の勇者(ヒカリトヤミノユウシャ)~」が開催されています[1]。毎年開催されているイベントで、今年も、エノシマトレジャー(通称「エノトレ」)を楽しみました。
 ★2017年の記事は →こちら
 ★2016年の記事は →こちら
 ★2015年の記事は →こちら
 ★2014年の記事は →こちら。
 ★2013年の記事は →こちら
 ★2012年の記事は →こちら

[1]タカラッシュ:エノシマトレジャー
https://www.takarush.jp/promo/fujisawa/

 開催期間があと2週間ほどとなりましたので、ネタばらしにも似た「クチコミ情報」(寸止め回答集)を書きます。どうしても解けない場合、すぐに終わらせたい場合、小さい子供が「だっこ/おんぶ」を要求して困り果てた場合、などなど、最後のヒントとしてご活用ください。


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
 これから取り組もうとしている方は、
 見ないように注意してください。
 自力で探したほうが、何倍も楽しめます。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


 毎度ながら、たいへんよくできた宝探しイベントです。内容を味わいつくし、遊びつくすために、この記事を書きました。イベント開催者の皆様に、感謝します。


★エノトレ2018・長後エリア
 今年のエノトレは、「江ノ島エリア」と「長後エリア」の、2つの捜索範囲があります。それぞれ、独立しているので、いずれか一方でも楽しめます。この記事では、長後エリアに挑戦しました。参加日は、2018/3/3 土曜日です。まだ寒いものの、穏やかな天気で、宝探し散歩にはちょうど良い日和でした。
★2018年・江ノ島エリアは、→こちら

 家族2チームで競った江ノ島エリアでは、「早解き」になりすぎた反省から、この長後エリアは、ゆっくりと宝探しに望むことにしました。参加メンバーは、私、娘7歳、長男3歳、次男1歳の4名です(妻は、自宅で別件あり)。さあ、このメンバーで、どこまで行けるでしょうか? 例年、けっこう歩くんですよね…。

 まあ、のんびり行けば良いでしょう、というわけで、小田急江ノ島線・長後駅からスタートです!
20180303n001.jpg


★第1の試練:漢数字で示される暗号
 長後編は、江の島編に比べて、謎解き的にはライトな内容になっているようです。長後駅周辺に点在する情報屋を回りヒントを集め、各試練の手がかりを見つけ、手がかりから最終目的地を探す、というスタイルです。

 まずは情報屋を回らないと、はじまりません。まずは情報屋1番、ラーメン「古久家(こくや)」。情報屋に参加冊子を見せると、いろいろなサービスを受けられます。例えば、この古久家では、餃子100円引き、とのことです。
20180303n101.jpg
 店頭に、ヒントがかかげられています。これで、パンフレットの「フセ字」部分が明らかになっていきます。
20180303n102.jpg

 情報屋2番は、そば処・長後庵。
20180303n103.jpg

 情報屋3番のパン屋・ロワール光月堂です。パン、おいしそうだなあ。
20180303n105.jpg

 ここまでで、「第1の試練」の情報は揃いました。例で示される「二之一、七之四」が、カタカナ2文字で「●▲」。ということは、二之一がカタカナの●、七之四がカタカナの▲、に対応しているのでしょうか? ここは、50音表を持って来れば、答えがわかることと思います。いわゆる、行(アカサタナ・ハマヤラワ)と段(アイウエオ)、というやつです。

 それはさておき、この日はなかなか良い天気。ちょうど通り道にあった公園で、少し子供たちと遊ぶことにしました。この公園の名前を失念しましたが、このあたりの土地の名を持つ公園だったように記憶しています。
20180303n108.jpg

 ブランコやジャングルジム、滑り台があり、子供たちは楽しそうでした。ところで、この黄色い滑り台の「下り坂」部分の裏に見える「木」は、とても大きくて立派です。
20180303n109.jpg

 とかなんとか遊んでいるうちに! そこには、第1の試練の「手がかり」があったのです!!
20180303n110.jpg


★第2の試練:「島の線」と「藤の道」
 さて、今回の江ノ島トレジャー・長後編ですが、小田急江ノ島線・長後駅の「東口」からスタートしています。電車って、まるで「鉄の箱」みたいですね。それから、江ノ島線って、略して「島の線」というのかいわないのか。

 …そんな、とりとめないことを考えながら、まずはともあれ、情報屋ですね。情報屋6番、「CAFE&BAR ATSU」。
20180303n201.jpg

 ここから、「藤沢街道」に向かいます。藤沢の「藤」と、街道の「道」、合わせてみたら「藤の道」、なんてことを考えつつ。情報屋4番の精肉店「ブンダーバーホーフ アンドウ」は、ドイツ製法ハム・ソーセージの店です。お、お、おいしそう!!
20180303n203.jpg

 さらに東に向かっていくと、道路の向こうに、こんな建物が見えました。Art Gallery、「湘南くじら館」ですと。くじらの絵が、印象的ですね。
20180303n205.jpg

 そうして情報屋5番は喫茶店、「cafe KO-BA(コーバ)」です。広い庭を通り、建物の入口に、情報がありました。
20180303n206.jpg

 これで、「第2の試練」の情報が揃ったはずです。とはいえ、お昼も近くなったので、ひと休み、ひと休み。このあたりには上谷戸と称される公園が3つありますが、ここは二番だったか、三番だったか、忘れました。関係ないかもしれませんが、このベンチと木の配置、「第2の試練」の絵と似ています。こういう偶然って、エノトレではよくありますよね。 まあ、まあ、おにぎりでも食べなっ、て。
20180303n209.jpg

 ご飯も食べたし、そろそろ行こうか… と思いきや!!そうです、第2の試練の「手がかり」が見つかりました!!
20180303n210.jpg


★最後の試練:四角い枠から浮かぶもの
 第1の試練、第2の試練を終えて、最後の試練を解くための「手がかり」が揃ったはずです。ところが、「最後の試練」の大きな四角い枠は、まだカラッポのままです。この部分を埋めないと、最終目的地が分からないようです。手がかりで見つけた中で役に立ちそうなのは、いくつかの数字と図形でしょうか。

 考えていても仕方がないので、少し息抜きです。図形の詩を作ってみました。「円は●、四は■(しかく)で菱は◆(ひし)。それなら星は、★であろうか。」 本当は、月やらハート(心)やらも入れたかったのですが、パソコンでは文字がないので、仕方ありません。まあいいや、まあいいや。

 …そんなことを考えながら、私たちは長後駅の西側から、坂を下り、なにやら大きな神社に辿り着いたのでした。ここは?
20180303n301.jpg

 せっかくなので、鳥居をくぐり、お参りをします。鳥居の文字を見ると、ここは「▲持つ■」とも言えそうでしょうか…
20180303n304.jpg

 さてあとは、「●●の近くの、■■」ですな。と、探すまでもなく、人だかりが。
20180303n302.jpg

 そうして、私たちは、「最終キーワード」の入手をなし遂げたのです!!
20180303n303.jpg

 おめでとう!! 君はフジサワの地に伝わる竜族の宝、「天の宝珠」を手に入れたのだ! ドラゴンの潜在的な力は解放され、更なる力が手に入ったのだ!!!


 というわけで、発見報告書「長後商店街会館」で報告です。
20180303n401.jpg

 無事に景品の「オリジナル缶バッジ」を手に入れました。娘7歳は、「いらない」とのことで、長男3歳ぶんの1個だけを頂きました。
20180303n402.jpg


 毎年楽しませて頂いている「エノシマトレジャー」。王道の「江ノ島編」だけでなく、こうした地域密着型のサブストーリーが入っているので、楽しいです。近いのに普段行かない場所を、ゆっくり歩いてみる、良い機会になります。ただ、今回の道中、駅周辺は道が狭く、かつ車の通りが多いので、大人1人で子供3人連れ(うち1人はベビーカー)の4人パーティーだと、なかなか神経を使いましたよ。踏切越えも、ベビーカーではなかなか難儀でした。
 10:30のスタートで、昼食を経て、13:30にゴール。長男3歳が、最後まで歩けたので、だいぶ助かりました。ヨカッタヨカッタ。


 今年も、開催にご協力くださいました皆様に、感謝します。「参加無料(タダ)」で、これだけ楽しめて、本当に素晴らしい企画だと思っています。ありがとうございました!!


この記事が役立ちましたら、応援をお願いします:
写真日記
関連記事
↓↓↓子供と学ぶ、プログラミング学習&論理的思考↓↓↓ 20190217_logicalprog.jpg






管理者にだけ表示を許可する

★コメント受付に時間がかかることがあります★






トラックバック
TB*URL





Copyright © 家と子供と、今日のおじさん(仮). all rights reserved.