家と子供と、今日のおじさん(仮)

2017年築の家で、妻+子供3人と過ごす記録です。ほのかに工学テイスト。


☆祝☆ 200万ページビュー! ご訪問に感謝します。

↓↓↓子供と楽しむボードゲーム↓↓↓ 子供と遊ぶボードゲーム

 2年半ほど前(2013年9月)に初めての一眼レフ(ミラーレス=ノンレフ)を買ってから、ほぼ毎日、写真を撮っています。

 今回は、2016年5月の「よく撮れたと思う写真」を並べます。自分の思った通りに撮れたと思う写真や、何らかの新しい知見を得られた写真などを、選んでいます。
 5月の撮影枚数は554枚(整理一巡後)。普段の約2倍も撮り、盛況でした。天気がよく外出の機会が多かったのと、新レンズ(パナ25mmF1.7)の導入が、撮影枚数を増やしました。たくさん撮れば、それだけ「アタリ」も増えるはずなのです。

◎使用機材
・カメラ:
 ①オリンパス ミラーレス一眼レフ PEN mini E-PM2
 ②オリンパス ミラーレス一眼レフ PEN Lite E-PL6

・レンズ:
 ①オリンパス M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8
 ②パナソニック LUMIX G 25mm F1.7 ASPH.

★これまでの「私の作例写真集」は、→こちら


★1.新レンズ「パナ25mmF1.7」
 今月(2016年5月)の頭に、パナソニックのレンズ「25mmF1.7」を購入しました(購入経緯は→こちらの記事)。家族旅行に、さっそく活用しました。

 被写体を絞るには広すぎ、背景を取り込むには狭すぎ、なかなか難しい画角です。しかし、子供が2人遊んでいるところを撮るのには、使いやすい画角とも言えます。下は、旅行先の遊園地(御殿場・ぐりんぱ)で撮影。背景の遊具がほどよくボケて、カラフルで、遊園地で遊ぶ姉弟の、楽しげな雰囲気を出せました。

<画像はクリックで拡大します。(3Mサイズ)>
20160531z31.jpg
OLYMPUS E-PM2+LG25mmF1.7、EFL50mm、F1.7、SS1/4000、ISO200

 室内の遊び場でも、F1.7の明るさが便利でした。同遊園地のこのコーナーでは、おせわ人形「メルちゃん」が、それはもう山のように置いてありました。カメラを傾けて、娘とたくさんの人形を、同時に画面に収めました。
20160531z32.jpg
OLYMPUS E-PM2+LG25mmF1.7、EFL50mm、F1.7、SS1/200、ISO200

 楽しい時間は、あっという間に過ぎて。名残惜しそうな娘(5歳)の様子を、アートフィルターで強調してみました。寂しげな雰囲気が、伝わるでしょうか。
20160531z82.jpg
OLYMPUS E-PM2+LG25mmF1.7、EFL50mm、F8、SS1/160、ISO200;クロスプロセス


★2.お出かけシーズン到来!
 5月は天気がよく、暑くもなく、子供を連れての外出にピッタリです。散歩に旅行に、出かける機会が多くなりました。

 25mmF1.7は、屋外でも活躍します。姉弟で、2人並んでいるところを撮りました。水平・垂直線が目立つ写真では、きちんと水平がとれていないと、今一つ写真がシャッキリしません。E-PL6には、デジタル水準器があり、重宝します。しかし、確認しそびれることも多く、ここでは傾き補正をかけることとなりました。
20160531z41a.jpg
OLYMPUS E-PL6+LG25mmF1.7+ND4、EFL50mm、F1.7、SS1/1600、ISO200;傾き補正

 お気に入りレンズ、オリンパス「45mmF1.8」も、相変わらず利用機会が多いです。撮影対象を「注視する」感じの画角なので、メリハリのついた写真を撮りやすい気がします。座っているだけの息子(2歳)も、なぜだかサマになってしまうのです。
20160531z42.jpg
OLYMPUS E-PM2+MZD45mmF1.8、EFL90mm、F1.8、SS1/4000、ISO160

 そして娘(5歳)。幼稚園に通って1年強、運動能力がみるみる高まっています。離れて遊ぶことも多いし、写真を撮ろうとすると嫌がることも多いので、少し距離をとって撮ります。45mmの換算焦点距離90mmは、この撮り方にちょうどよいのです。
20160531z43.jpg
OLYMPUS E-PL6+MZD45mmF1.8、EFL90mm、F1.8、SS1/4000、ISO100


★3.息子、2歳になりました!
 今月、息子は2歳の誕生日を迎えました。1年前と比べると、ずいぶん体がシッカリしました。その成長を支えるためか、息子は、「たんぱく質」を好んで食します。唐揚げは、大好物のひとつです。そこで、誕生日記念に、息子と唐揚げのツーショットを撮りました。
20160531z51.jpg
OLYMPUS E-PL6+LG25mmF1.7、EFL50mm、F4.0、SS1/160、ISO3200

 お姉ちゃんと一緒に、誕生日ケーキのろうそくを消しました。きれいな「ゴースト」が、2つ写りましたよ(娘と息子の頭の間)。ろうそくの火は赤いのに、ゴーストは緑色なのが、不思議です。
20160531z52.jpg
OLYMPUS E-PL6+LG25mmF1.7、EFL50mm、F1.7、SS1/100、ISO3200


 「10万円レンズ(F2.8通しズーム)」は、ひとまず購入を断念しました。購入できるまでの貯金のメドは立ったのですが、実際に貯まるとなると、もっと有用な散財のしかたがあるような気がしたからです。しばらく、カメラ関係の出費は押さえて、家族で楽しめる日用品などを揃えていきたいと思っています。


 といいつつ、価格ウォッチングは続行。
・オリ12-40F2.8:7.5万円(これまでの最安値:7.5万円)
・パナ12-35F2.8:8.0万円(これまでの最安値:7.6万円)
・パナ35-100F2.8:8.9万円(これまでの最安値:8.7万円)


 さらに、パナGX7 Mk2もウォッチングしたりして。まだまだ、割高感がありますね。



関連記事
↓↓↓子供と学ぶ、プログラミング学習&論理的思考↓↓↓ 20190217_logicalprog.jpg






管理者にだけ表示を許可する

★コメント受付に時間がかかることがあります★



タッチシャッタの件ですが、僕はパナ機も使っています。
タッチシャッタに設定しておくと首から下げているときにお腹シャッタしてしまうので、必要な時のみオンし、電源断で自動オフされるパナ機の方の使い勝手が合っています。

また、タッチシャッタのオン、オフがパナ機は液晶のボタンを押すたびに切り替わるのに対して、オリ機は3つのモードからの切替なので、度々タッチ自体がオフになってしまってたりします。
アイコンを注視しないとわからないのです。

あくまで個人の使い方しだいですが、パナ機の仕様が便利な人もいると思います。
ひで | URL | 2016/06/04/Sat 09:50 [編集]
Re: タイトルなし
> ひで さん
 こんばんは。
 私も、いつのまにかシャッターが切られていることが多いです。タッチシャッターは、不要という方も多いようですし、好みですね。パナソニック機で、起動時のタッチシャッターON/OFFを選択できるようにしてもらえれば、一番便利だと思います。
マツジョン | URL | 2016/06/08/Wed 18:46 [編集]



トラックバック
TB*URL





Copyright © 家と子供と、今日のおじさん(仮). all rights reserved.