家と子供と、今日のおじさん(仮)

2017年築の家で、妻+子供3人と過ごす記録です。ほのかに工学テイスト。


☆祝☆ 200万ページビュー! ご訪問に感謝します。

↓↓↓子供と楽しむボードゲーム↓↓↓ 子供と遊ぶボードゲーム

 今回は、ニコンのNikkorレンズをマイクロフォーサーズで使えるようにする「レンズアダプター」について、書きます。


★香港直送!「レンズアダプター」
 お金がない、お金がない、と言いながら、カメラ小物を買っちゃいました!

 ニコンのレンズ(NIKKOR)をマイクロフォーサーズ(M4/3,M43,MFT)で使えるようにする、「レンズアダプター」です!
QB138709.jpg

 買ったのは、「XCSOURCE」の「DC051」(ニコン AI レンズ--マイクロM4/3 Olympus E-P1 Panasonic G1 GH1対応 レンズアダプター)という商品です。購入先は、アマゾン出品の「ハル HAL Co.」という業者です。香港からの発送でしたが、エア便で、注文の5日後に到着しました。思ったよりも早いのですね。
QB138706.jpg

 
★まさかの失敗! 絞りが開かないなんて!!
 この種のレンズマウントアダプターは、同等品が多数存在します。しかし廉価な品物は、品質のバラツキが大きいようなので、注意が必要です。このメーカーを選んだのは、①アダプタの中では安価、②ホームページがあり素性が不明ではない、といった点です。ホームページを見ると、その業者が取扱商品に自信を持っているか、愛着があるか、判断する材料になります。

 入手した現品パッケージには「YEHON」とありました。なかなかしっかりした外観です。良いでしょう。マウントアダプターは、以前にペンタックス用を購入していますので(→こちらの記事)、経験がゼロではありません。私の選択に、間違いはないのです。

[1]XCSOURCE;Lens Adapters, Mounts & Tubes
https://xcsource.com/cameras-photo/lens-adapters-mounts-tubes/
QB138708.jpg

 …と、「レンズアダプター通」を気取っていたら、失敗していました! このアダプターは、レンズ側に絞りリングが付いたニコン「Eタイプ」レンズ用だったのです! カメラ側で絞りを制御する「Gタイプ」レンズだと、絞りが常に最小(いちばん暗い)になってしまいます!! …というわけで、マスキングテープを使って、絞りレバーを開放側に固定することにしました。完全に、「自己責任」の世界に入りますよ! よく調べないで買うと、こういうことになるのです。
PB132235.jpg


★マイクロフォーサーズに装着、「巨大レンズ」完成!
 マイクロフォーサーズのミラーレス一眼レフ、オリンパス「PEN mini E-PM2」にセットしました。レンズは、「AF-S DX Nikkor 18-105mm F/3.5-5.6G ED VR 」です。D200と組み合わせると、それほど大きく感じないのですが、E-PM2に装着すると「巨大レンズ」です。
PB132233.jpg

 上からみたところ。レンズアダプターの厚みは、約30mmあります。ただの円筒部品です。従来型一眼レフ(ミラー付き)だと、マイクロフォーサーズに比べて、ミラーのために、これだけの厚みが余計に必要ということですね。こうして見ると、マイクロフォーサーズのありがたみが分かります。
PB132234.jpg

 レンズアダプターとしては廉価な品物ですが、レンズ・ボディーとの嵌合はしっくりとしていて、問題ありませんでした。(この手の安物は、嵌合が不良でカメラやボディーが取れなくなる事例も報告されています。取り付けは、慎重に、後戻りできることを確認しながら行うのが吉です。)
 ただ、かなり「オーバーインフ」かもしれません。ピントリングが無限遠(止まる位置)になるよりもだいぶ手前で、無限遠が出ているようです。とはいえ、逆に無限遠が出ない「アンダーインフ」ではないので、深刻な問題ではありません。


 このアダプターを買った目的は、いくつかあります。
1)ニコンD200の写り(階調、色味)が気に入っている。ニコンのレンズを使えば、オリンパスでも似たような画が出てくるのか、検証したい。
2)パナ35-100mmF2.8の画角範囲を検討したい。ニコンの18-105mmは、焦点距離の範囲が近いので、参考になるだろう。


★早速、撮ってみました
 レンズアダプターを介した撮影は、マニュアルフォーカスになります。それから、Gレンズでは、上述の通り絞りは調整できません(細工をしないと、全閉のまま)。
・カメラ:オリンパス・マイクロフォーサーズ PEN mini E-PM2
・レンズ:ニコン AF-S DX Nikkor 18-105mm F/3.5-5.6G ED VR

 ピント合わせは、「フォーカス拡大」を使いました。手ブレ補正はオン、焦点距離18mmにしました(ズームレンズなので、最小焦点距離に設定。焦点距離が過大だと、手ブレを増幅してしまうため)。
QB138731.jpg
SS1/80、ISO3200

QB138893.jpg
SS1/100、ISO1000

QB138867.jpg
SS1/125、ISO3200

 ニコンD200と比べて、発色、写り、どんなものでしょうか? 今回は部屋撮り、暗い条件で、ISO感度が高いので、はっきり分かりません。しかし、なんとなく、レンズを変えても「オリンパスっぽい写り」の気配がします。でも、18-105mm(換算36-210mm)という画角範囲は、私にとって使いやすそうです。

 近いうちに、外で撮ってみたいと思います。


この記事が役立ちましたら、応援をお願いします:
写真日記

関連記事
↓↓↓子供と学ぶ、プログラミング学習&論理的思考↓↓↓ 20190217_logicalprog.jpg






管理者にだけ表示を許可する

★コメント受付に時間がかかることがあります★






トラックバック
TB*URL





Copyright © 家と子供と、今日のおじさん(仮). all rights reserved.