家と子供と、今日のおじさん(仮)

2017年築の家で、妻+子供3人と過ごす記録です。ほのかに工学テイスト。


☆祝☆ 200万ページビュー! ご訪問に感謝します。

↓↓↓子供と楽しむボードゲーム↓↓↓ 子供と遊ぶボードゲーム

 今日は、ミラーレス一眼レフ・マイクロフォーサーズ用の「F2.8通しの標準ズームレンズ」2本を比較します。
 パナソニック12-35mmF2.8と、オリンパス12-40mmF2.8です。



★「F2.8通し」の標準ズームレンズが欲しい!
 初めての一眼レフ(ミラーレス含む)を買ってから、2年近く経ちました。子供撮りばかりです。私は「ライトユーザー」なので、なるべく時間と手間をかけない撮影を楽しんでいます。普段は45mmF1.8という「単焦点レンズ」を使っていて、素晴らしい写りに満足しています。
 Q7126264a640.jpg

 この単焦点レンズ45mmF1.8(2.5万円)は、写りは文句ないのですが、画角が固定なのです。室内など、近距離で動き回る子供を追いながら撮るのには、不便を感じます。部屋撮りならば、単焦点の25mmF1.8(3.1万円)などが良いのでしょうが、そうすると今度は屋外で使いにくそうです。

 また、旅行のときには、風景も撮りたいので、本体付属のキットレンズ、標準ズーム14-42mmF3.5-5.6IIRを持って行きます。しかし、F値が大きいために、室内で子供を撮ると動体ブレしやすい、という問題があります。もっとF値の小さい「明るいレンズ」が必要です。


 それから、レンズ交換が苦手なので、なるべくなら1本のレンズで済ませたい。(購入後2年経ちますが、いまだに、レンズ交換は、室内以外ではしたことがありません。)

 と言うわけで、ずっと欲しいレンズがあります。「F2.8通しの標準ズームレンズ」です。

 マイクロフォーサーズの場合、F2.8通しの標準ズームには、2本の選択肢があります。
・パナソニック:LUMIX G X VARIO 12-35mm F2.8 ASPH. POWER O.I.S.
・オリンパス:M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO



 いずれも、価格が9万円もする高級レンズです。私には一生買えないかもしれませんが、この2本について、詳細を比較検討しておきます。(いつか「買いました!」と言いたいです。)


★どちらを選ぶ? パナF2.8 vs オリF2.8
 まずは、スペック比較表です。以下のメーカーのサイトを参考にしています。
[1]パナソニック;LUMIX G X VARIO 12-35mm
https://panasonic.jp/dc/lens/lumix_g_x_vario_12-35/index.html
[2]オリンパス;交換レンズ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
https://olympus-imaging.jp/product/dslr/mlens/12-40_28pro/index.html

 表で、スペック上、優れる箇所は緑色でウスズミを付けました。
メーカーパナソニックオリンパス
形式LUMIX G X VARIO 12-35mm/
F2.8 ASPH. / POWER O.I.S
H-HS12035
M.ZUIKO DIGITAL ED
12-40mm F2.8 PRO
発売日2012/62013/11
価格91,000円(税込)
(定価119,000円+税)
88,000円(税込)
(定価107,000円+税)
寸法Φ68X74mmΦ70X84mm
重量305g382g
35mm換算
焦点距離
24-70mm24-80mm
F値F2.8通しF2.8通し
35mm換算
最大撮影倍率
0.34倍0.6倍
最短合焦距離撮像素子から
25cm
撮像素子から
20cm
レンズ構成9群14枚
特殊低分散UED×1
超高屈折率UHR×1
非球面ASPH×4
9群14枚
特殊低分散非球面EDA×1
高屈折率高分散HD×1
大偏肉両面非球面DSA×1
高屈折率HR×2
特殊低分散ED×2
非球面ASPH×2
コーティングナノサーフェス
コーティング
ZERO
コーティング
絞り7枚羽根7枚羽根
手ブレ補正光学手ブレ補正
POWER O.I.S.
なし
AF駆動静音高速モータ
インナーフォーカス
リニアモータ
インナーフォーカス
MF電動
無限回転リング
電動
MFクラッチで
無限/有限回転切替可
防塵防滴防塵・防滴防塵・防滴・耐低温度
フィルタ径Φ58mmΦ62mm
付属品フード、ケースフード、ケース
※価格はヨドバシドットコム。2015/9現在、税込、1000円単位丸め。



★選択のポイントは
 この2つのレンズ、マイクロフォーサーズを代表する高性能レンズだけあって、ネット上でたくさんの比較評価がなされています。そして、私の調べた範囲で結論をざっくりまとめると、「どちらも良いレンズ、好きなほうをどうぞ。」ということらしいです。

◎望遠側焦点距離と撮影倍率の違い
 2つのレンズの、比較的大きな違いとして、以下があります。
・オリは画角が24-80mmで、パナの24-70mmより望遠側が広い。
・オリは最大撮影倍率が換算0.6倍で、パナの0.34倍より優れる。
・パナはレンズ側手ブレ補正を搭載している。

 少しでも望遠が長い方がよいとか、マクロ的な使い方も重要視したいならば、オリを選択するのが良さそうです。

◎ボディとの相性
 それから、よく言われていることは、「オリのボディならオリF2.8、パナのボディならパナF2.8の相性が良い」ということです。特にパナのボディの場合、①ボディ側手ブレ補正がない、②パナ独自の機能(空間認識AF:DFD、レンズ+ボディ手ブレ補正Dual I.Sなど)への対応、などの点で、パナのレンズを選んでおくのが正解と思われます。


★私の選択:オリボディだけど、パナ12-35mm!
 私の場合、ボディはオリンパスPEN mini E-PM2ですが、今後もオリンパスを使い続けるかどうか不明です。9万円もするレンズを買ったら、おそらくボディ買い替えの頃まで使い続けると思います。そうすると、今度はAF性能の評判のよいパナ(現状ラインナップだと、GX8などが良さそう)かなあ、と考えてしまいます。

 したがって、レンズ側手ブレ補正を搭載した、パナF2.8が好ましいと思われます。もちろん、子供撮り専門ですと、動体ブレの懸念からシャッタースピードは1/100以上は確保しており、そうするとEFL80mm程度では手ブレ補正がなくてもなんとかなるかもしれません。ただ、それはシッカリ構えられるという前提ですので、「サッと撮る」子供撮りでは、手ブレ補正があったほうが、良い結果が得られると考えています。

 ただ、パナGX8だと、ボディ側手ブレ補正が搭載されています。すると望遠側が少し長いオリ12-40mmも捨てがたい。悩みますね!(それから、私のE-PM2ボディが白いので、シルバーが選べると良いのですが、黒しかないのですね。)


★一眼レフのF2.8通しの価格は?
 と、ここまで、マイクロフォーサーズのF2.8通し・標準ズームを比較してきました。しかし、ネックはやっぱり価格! マイクロフォーサーズのレンズって、ニコンやキャノンの従来型一眼レフ(ミラー付き)と比べて、高いのか、安いのか?
 そこで、私の持っているニコン・APS-Cサイズ(DXフォーマット)について、F2.8通しのレンズを調べてみました。ニコンの場合、純正品と、サードパーティー(レンズ専業メーカー)のレンズがあります。




 一覧表にしました。ニコン純正は発売日が古く、価格も高すぎて手が出ません。これに対してシグマやタムロンは3万円台で、手の届く範囲です。マイクロフォーサーズのF2.8と比べると、価格は1/3程度で、かなり割安に感じます。さらに、シグマには「F1.8通し」という製品まであり、きわめて魅力的です。
メーカー形式手ブレ補正発売日価格
ニコンAF-S DX Zoom-Nikkor
17-55mm f/2.8G IF-ED
なし2004/6178,000円
シグマ17-50mm F2.8 EX DC OS HSMあり2010/734,000円
シグマDC 18-35mm F1.8 HSMなし2013/1092,000円
タムロンSP AF 17-50mm F/2.8
XR Di II LD Aspherical [IF]
なし2008/325,000円
タムロンSP AF 17-50mm F/2.8
XR Di II VC (B005)
あり2009/930,000円
※価格はヨドバシドットコム、2015/9現在、税込、1000円単位丸め。

 そんなわけで、「F2.8通し」にこだわるならば、割高なマイクロフォーサーズはリーズナブルでないかもしれません。ニコンやキヤノンの一眼レフに、サードパーティーのレンズを組み合わせるのが、お買い得な選択肢なのでしょう。
 (でも、従来型(ミラー付き)一眼レフにすると、高速な液晶画面撮影も、タッチシャッター撮影も、諦めないといけないんですよね…。私にとっては、現実的でない選択肢です。)


 私の「F2.8通し」への道は、まだまだ遠そうです。(これを買ってしまったら、当ブログで掲げているところの「ライトユーザー」でなくなってしまうのも、大きな問題です。)



この記事が役立ちましたら、応援をお願いします:
写真日記
関連記事
↓↓↓子供と学ぶ、プログラミング学習&論理的思考↓↓↓ 20190217_logicalprog.jpg






管理者にだけ表示を許可する

★コメント受付に時間がかかることがあります★






トラックバック
TB*URL





Copyright © 家と子供と、今日のおじさん(仮). all rights reserved.