家と子供と、今日のおじさん(仮)

2017年築の家で、妻+子供3人と過ごす記録です。ほのかに工学テイスト。


☆祝☆ 200万ページビュー! ご訪問に感謝します。

↓↓↓子供と楽しむボードゲーム↓↓↓ 子供と遊ぶボードゲーム

 標準画角レンズ(換算焦点距離50mm)が買えないので、手持ちのズームレンズを換算50mmに固定して、「V-FFL(Virtually-Fixed Focal Length、仮想単焦点、実質的単焦点)」レンズを楽しんでいます。
Q7296404.jpg

 使っている元レンズは、Nikkor DX18-105mmF3.5-5.6VRです。カメラはNikon D200です。マスキングテープを使って、焦点距離35mm(35mm換算で約50mm)に固定しています。このレンズを、「Nikkor DX35mm f/4.5 VR(V-FFL)」と呼びます。


 この組み合わせ、晴天屋外だと、想像以上に良い画が撮れるのです。

 換算50mmの画角は、こんな感じなのですね。
N5A_0672.jpg
F11、SS1/100、ISO220;EV+0.3

 子供との距離は、いつも(換算90mm)よりもちょっと近めですね。
N5A_0528.jpg
F4.5、SS1/350、ISO200

 妻の撮影です。ファインダーを覗いて撮るのは、新鮮だそうです。私も、同感です。
N5A_0575.jpg
F4.5、SS1/350、ISO200

 かなり接近して、アップで撮りますと、背景がけっこうボケます。おや、これで十分ではないか?
N5A_0623.jpg
F4.5、SS1/500、ISO200

 換算90mmで「切り取る」のに慣れてしまったせいか、風景も取り込めるというのは、新鮮でした。
N5A_0665.jpg
F4.5、SS1/320、ISO200;EV+0.3

 この「バーチャル標準画角レンズ」、まだまだ楽しめそうです。しかも、無料なのですから、スンバラスィ!


おじさんカメラの応援を、お願いします:
写真日記
関連記事
↓↓↓子供と学ぶ、プログラミング学習&論理的思考↓↓↓ 20190217_logicalprog.jpg






管理者にだけ表示を許可する

★コメント受付に時間がかかることがあります★






トラックバック
TB*URL





Copyright © 家と子供と、今日のおじさん(仮). all rights reserved.